Create issue ticket

考えれる58県の原因 恥骨痛, 脊髄精神的外傷

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 急性膀胱炎

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 便秘

    記事一覧 連載: 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 2018/6/27 田中 由佳里(東北大学医学系研究科行動医学助教) 実際の臨床で、「先生、最近便秘なんです」と相談されることはよくあります。このとき注意すべきなのは、患者さんごとに「便秘」の定義が違うことです。「最近はずっとコロコロ便が出ます」「1週間に1 2回しか排便しません」「ストレスがかかると、腹痛と一緒に硬い便になります」など、「便秘」という言葉に含まれる症状は多岐にわたります。 ログインして全文を読む 新規に会員登録する 会員登録すると、記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 分娩

    (CNN) オーストラリアの与党・労働党のケビン・ラッド党首は27日午前、新首相に就任した。ラッド氏は2007 10年にも首相を務めている。前日の党首選で前首相のギラード氏を破って首相の座に返り咲いた。 ギラード氏は26日夜、党首選での敗北を受けて首相を辞任。公約通り、次期総選挙後の政界引退を表明した。 オーストラリアでは9月に総選挙が予定されており、ギラード氏が続投すれば労働党は大敗するとの世論調査の結果が出ていた。一方、3年前の党首選で一度はギラード氏に敗北して首相の座を明け渡したラッド氏だが、有権者の間ではいまだに人気は高い。[…][cnn.co.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 良性前立腺肥大症

    【監修】 名古屋大学大学院医学系研究科泌尿器科学 教授 後藤百万先生 前立腺肥大症の頻度は、年齢とともに高くなり、50歳からより増加します。組織学的な前立腺肥大は、30歳代から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%にみられますが、そのすべての方が治療を必要とする症状を伴うわけではありません。前立腺の肥大と排尿症状を伴い、治療を必要とする、いわゆる前立腺肥大症の頻度は、その1/4程度と言われています。[…][asahikasei-pharma.co.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 骨盤内炎症性疾患

    骨盤腹膜炎(こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性感染症 (STD)の一種でもある。 膣から上記微生物が侵入し、子宮、卵管を経由して腹腔内に到達、骨盤内にて腹膜に炎症を起こすためこの名がある。従って女性にしか発生しない。 性交との関連性が強く、通常初経前、閉経後、妊娠中には発症しない。 初体験年齢の低下に伴って若年層にも増加している。 下腹痛、発熱、帯下、不正性器出血、性交時痛等が見られる。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 尿道炎
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 慢性前立腺炎
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 骨盤骨折

    交通事故や転落事故においては、頸椎損傷・胸部外傷に次いで重篤な事態であり、それらに次ぐ優先度で骨盤の動揺・圧の有無を確認し、骨盤固定処置を行わなければならない。[ja.wikipedia.org] 女性では恥骨結合が、初潮の1年以上前までは前傾して女児型だが、初潮を挟む前後1年から出産時に胎児を通すため直立傾向(女性成人型)へ転換し始め、初経の1年後以降には直立傾向(女性成人型)となる。若年出産またはそれを経験した経産婦では安産になりやすいのはそのためである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状