Create issue ticket

考えれる1,015県の原因 性的に感染する病気, 舌潰瘍

つまり: 性的, 感染, る病気, 舌潰瘍

  • 急性胃腸炎

    特に腸管出血性大腸菌感染症にロペラミドを投与することは、溶血性尿毒症症候群を誘発する恐れがあると考えられており(エビデンスは不十分)、避けるべきである。 急性胃腸炎の病原体の多くは人体外でも長時間生存できるため、院内感染の予防のためには標準感染予防策に加えて接触感染予防策を講じる必要がある。[ja.wikipedia.org] 食品などの原因物質からの感染経路が最も多いケースではあるが、不明な場合も少なくない。 海外旅行などで、現地の食材や飲み水で感染することもある。ペットなどから感染する場合もある。 下痢、嘔吐、腹痛が主な症状で、発熱および倦怠感を伴うこともある。一般的に、ウイルス性胃腸炎では嘔吐が激しく、細菌性腸炎では下痢が激しくなる傾向にある。[ja.wikipedia.org] ウイルス感染が圧倒的に多いため、病原体ごとに特異的な薬剤というものは存在せず、また使用する必要もない。脱水さえ回避できれば症状は自然軽快するからである。細菌性腸炎の場合でも、よほど重篤な場合を除いては、抗菌薬の投与は必要ない。細菌性腸炎は実質臓器の細菌感染や敗血症と異なり、自然軽快傾向が強いからである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 舌潰瘍
  • 尿路感染症

    尿路感染症は、上記の尿路に細菌、ウイルス、真菌などが感染することによって起こる感染症である。 尿路感染症は、病原体と感染の部位により分類される。ここでは、感染部位からの分類について述べる。病原体については、「病原体」を参照のこと。 上部尿路感染症とは、膀胱よりも上流の尿路の感染症である。[ja.wikipedia.org] 臨床的には、発熱を伴う尿路感染症が上部尿路感染症を疑わせる。 急性腎盂腎炎 急性巣状細菌性腎炎 下部尿路感染症とは、膀胱以下の尿路の感染症である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿路感染症が頻度が高く、重要である。年齢層によって起炎菌となる細菌は異なってくる。[ja.wikipedia.org] ウイルス性の尿路感染症の中では、アデノウイルスによる出血性膀胱炎が重要である。 小児の感染症の中では、気道感染症についで頻度が高いが、特異的な症状が出にくいために見逃される危険がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 舌潰瘍
  • 虫刺症

    感染症 皮膚科学 外科学 外傷 動物咬傷 クラゲ刺傷 トコジラミ[ja.wikipedia.org] 傷部が感染することがあり抗生剤内服も行う。 ムカデによる虫咬傷では、温熱によりムカデ毒が変性・失活し、症状が軽快する。 ムカデ毒を失活させた後、氷で冷やすと血液循環が低下し、炎症が鎮静して、痛みが軽減する。 メキシコではサソリ刺傷で年間2000人の死亡者が見られ、イスラエル、インドにおいても、サソリ刺傷による高い死亡率が報告されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 舌潰瘍
  • 咽頭炎

    空気感染(飛沫核感染)するため、感染者は5日間の就業停止が望ましいと言われている。特に高齢者との接触は避けたいところである。また抗菌薬の投与に肺炎の予防効果はないと言われている。診断は高熱、関節痛、筋肉痛といった全身症状が強く、咽頭発赤など局所症状がその割に弱いことで疑い、迅速診断キットにて診断する。[ja.wikipedia.org] 疼痛 気道感染 Dr.岩田の感染症アップグレード(第3巻) ISBN 4903331431 問題解決型 救急初期診療 ISBN 426012255X Step By Step!初期診療アプローチ ISBN 4904357000[ja.wikipedia.org] 大まかに分けると感染性疾患、腫瘍(喉頭癌、咽頭癌、悪性リンパ腫など)、SLE、川崎病、天疱瘡など、カラオケなど機械的刺激によるものがあげられる。ほとんどが感染性、特にウイルス性疾患である。ほとんどが良性疾患で致死的ではないが、まれに「致死的な疾患による咽頭痛(killer sore throat)」も存在する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 舌潰瘍
  • 急性気管支炎

    気道感染[ja.wikipedia.org] 原因の90%はウイルス感染症である。 感染性(ウイルス、細菌)… インフルエンザ、アデノウイルス、百日咳菌、肺炎球菌、A群溶連菌、RSウイルス等 その他…NO2、SO2、塩素ガス、その他気体刺激物等 先駆症状として風邪症状があらわれ、次第に咳や痰等の急性上気道カタル症状を呈する。[ja.wikipedia.org] 内的要因…性(男性)、加齢、外分泌機能の低下、アレルギー素因、呼吸器系素因等 外的要因…大気汚染、喫煙、受動喫煙、有毒ガス、感染等 慢性の痰(粘液性) 呼吸困難(呼気性)や運動時の息切れ チアノーゼ症状(口唇・爪等) ばち指 頚動脈怒張 胸部X線検査…肺紋理の増強、軌道線状影の出現。 気管支造影…気管内腔不整(円柱・数珠状拡張)。[ja.wikipedia.org]

    不足: 舌潰瘍
  • 副鼻腔炎

    原因には感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題などがある。大部分はウイルス感染症である。症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染症が疑われる。再発エピソードは喘息、嚢胞性線維症、免疫機能低下の者に多い。X線は合併症が疑われる場合を除いて必要ない。慢性ケースでは、直接造影やCTにより確定検査が推奨される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 舌潰瘍
  • インフルエンザ

    木戸氏らは、インフルエンザウイルス感染者は感染前の鼻腔内IgA抗体価が、非感染者に比べて例外なく低いことから、感染感受性を決めているのは初感染部位の粘膜IgA抗体価であると見る。 抗インフルエンザ薬は、気道粘膜におけるウイルス増殖を抑制することによって効果を発揮する。[medical.nikkeibp.co.jp] H1・H3型は人間に感染し、Aソ連型・A香港型として知られる。H5, H7, H9型は毒性が強いことで知られる。鳥から人への感染力は弱いと見られ、人への感染例は少ない。しかし感染者の死亡率は60–70%とSARSの10%を上回る。[ja.wikipedia.org] 【研究の背景】 インフルエンザは、我々にとって最も身近に存在する感染症のひとつであり、世界中で、毎年300万-500万人が感染し、25万-50万人が死亡するといわれています。ウイルスの感染拡大を防止するには、早期の診断による薬の処方が最も有効的です。[eurekalert.org]

    不足: 舌潰瘍
  • 梅毒

    11月28日、国立感染症研究所は、今年の梅毒の感染者が44年ぶりに5000人を超えたと発表しました。 国立感染症研究所は28日、今年の梅毒の感染者が19日までの報告で5053人(速報値)になったと発表した。5千人を超えたのは昭和48年以来、44年ぶり。[news.yahoo.co.jp] また、感染した妊婦の胎盤を通じて胎児に感染した場合は、流産、死産、先天梅毒を生じる原因となる。なお、母乳による母子感染は通常成立しないと考えられている。[nih.go.jp] 主に性行為・オーラルセックスにより、生殖器、口、肛門から感染、皮膚や粘膜の微細な傷口から侵入し、進行によって血液内に進む。米国における新規症例の感染経路は、男性同士の性行為が半数以上を占める。 これ以外にも母子感染、輸血血液を介した感染もある。母子感染の場合、子供は先天梅毒となる。[ja.wikipedia.org]

  • アフタ性口内炎

    感染症 皮膚科学 民間療法 ビタミン欠乏症 口角炎[ja.wikipedia.org] 口内炎(こうないえん、Oral ulcer)とは、口の中やの粘膜に起きる炎症の総称である。症候の一つ。 見た目からは「カタル性口内炎」、「アフタ性口内炎」、「潰瘍性口内炎」に分類される。また痛みの有無から有痛性口内炎と無痛性口内炎に分類される。[ja.wikipedia.org] 再発性アフタ性口内炎 ベーチェット病 放射線性口内炎 上記分類の中にあるように細菌やウイルスに感染することによって発症するものもあるが、多くを占めるアフタ性口内炎についてはその発症の原因として以下のことが考えられている。[ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    アメリカでは幼児期の感染率は20 %で、多くは思春期・青年期で感染する。感染する時期(年齢)によって症状の現れ方が異なり、乳幼児期では不顕性(ふけんせい)感染(病原菌に感染しても症状が現れない)が多く、思春期以降では感染者の約半数に本症がみられる。また、青年期で感染すると発熱や腰痛様々な症状が1ヶ月ぐらい続くと言われている。[ja.wikipedia.org] しかし小児期に感染すると症状を伴わない(不顕性感染)ことが多く、成人期には80 %以上の人が抗体を有しているため、発症するケースとしては成人期に初感染した場合が多い。また、感染源として飲み物の飲み回し等が1番の原因とされているまた、EBウイルス以外にはサイトメガロウイルス、ウイルスによっても生じる。[ja.wikipedia.org] 抗EBNA抗体が初感染後数ヶ月を経ないと出現しないのに対し、抗EA、VCA抗体は急性期にも出現していることを利用する。初感染パターン…抗EBNA抗体陰性、抗VCA-IgGまたは/かつIgM抗体陽性。抗EA抗体は偽陰性が多いが、EA陽性ならば急性感染の可能性が高い。 既感染パターン…抗EBNA抗体陽性、他の抗体は(通常)陰性。[ja.wikipedia.org]

    不足: 舌潰瘍

さらなる症状

類似した症状