Create issue ticket

考えれる24県の原因 性感染症の以前のエピソード, 鼠径リンパ節腫脹

  • 梅毒

    無痛性の鼠径リンパ腫脹もきたす。II期(3カ月 3年)は血行性にTpが全身に移行し、 バラ疹や丘疹、 膿疱、 扁平コンジローム、 脱毛、 粘膜疹など多彩な臨床像を示す。なおI期とII期で発疹の認められる場合を早期顕症梅毒という。さらにIII期(3年 10年)はゴム腫などが生じる。[idsc.niid.go.jp] まず外陰部に初期硬結が,次いで1 2週間後に鼠径リンパ腫脹 (無痛性黄痃, よこね ) が現れる。これらの病変は約3週間後に自然消失し,第2の潜伏期に入る。 (2) 第2期梅毒 感染後3ヵ月頃から全身に対側性に バラ疹 ,丘疹,紅斑,膿疱などが反復して出没する。表在性の多発性リンパ節腫脹も現れる。[kotobank.jp] 臨床症状 1)後天梅毒: 平均3週間の潜伏期があり,典型例では以下のような臨床経過をとる. a)第Ⅰ期梅毒:病原体の侵入部位に初期硬結を生じる.やがてこの硬結の中心が自潰し無痛性の硬性下疳となる.男性の亀頭部冠状溝,女性の大小陰唇を好発部位とし,鼠径部の所属リンパ腫脹したものを無痛性横痃という.これらのI期病変は通常2 3週で自然消退しいったん[kotobank.jp]

  • HIV感染症
  • 亀頭包皮炎

    亀頭包皮炎(英: balanoposthitis)と陰茎亀頭および陰茎包皮の炎症。 亀頭に雑菌や真菌(カビ菌)などが感染することによって起こる皮膚炎。感染することがないため、性感染症ではないとされている。亀頭包皮炎が発症すると、亀頭部分や包皮の皮膚が赤くなり、ニキビのような赤い斑点や、ただれ、アトピーのような症状が発生。かゆみや痛みがある場合もある。 市販の軟膏クリームで治癒する場合もあるが、医師の処方が必要な抗生物質や抗真菌剤配合の軟方を必要とする場合もある。 ヒトの場合小児に多く見られ、包茎もその原因となる。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 慢性疲労症候群

    州立ワシントン大学に著作権のある音源と、個人所有の写真を許可なく無断で使用し、 Youtube を使って嫌がらせをしたグループへ告ぐ。 2度までは、個人的な通報で穏便に済ませたが、 3度目は、同大学の法務に連絡をとり、法的アクションを起こすことを理解してほしい(著作権侵害) このサイトは、沢山の”命”のために「真実」を伝える目的、 および、慢性疲労症候群(15歳発症)から他の自己免疫疾患を発症するも治療法がなく (再発性多発性軟骨炎・ベーチェット病、前者は希少疾患) ---生物製剤は1%未満の重篤な副作用で使えず、殆ど全ての免疫抑制剤に深刻な副作用が出るため使用できない---[…][cocurej.web.fc2.com]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 皮膚癌

    皮膚がん(ひふがん)は、皮膚に生じた悪性新生物の総称である。主なものに基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。最近ではオーストラリア・ニュージーランドなどで患者が増えているとされている。これはフロンガスによるオゾン層破壊が進み、太陽からの紫外線の量が増加したためと考えられる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 蜂窩織炎

    抄録 感染根管由来の疾患は, 臨床所見により根尖性歯周炎, 歯槽骨炎, 骨膜炎, 顎骨周囲炎および蜂巣炎などに区別されている. これらの歯性感染症からはPeptostreptococcus, Eubacterium, Prevotella, Porphyromonasなどの偏性嫌気性菌が優勢に分離され, 病状の程度が異なっても分離菌はほとんど変わらない. 最近, 多々見はこの点に着目して, 歯性感染症のなかでもっとも重篤な蜂巣炎から分離した細菌の病原酵素産生性を検討している. その結果, β-lactamase, hyaluronidase, lecithinase,[…][doi.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 下肢蜂巣炎
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 悪性黒色腫

    悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ、メラノーマ(malignant melanoma ; MM))とは、皮膚、眼窩内組織、口腔粘膜上皮などに発生するメラノサイト由来の悪性腫瘍である。正確な発生原因は不明であるが、表皮基底層部に存在するメラノサイトの悪性化によって生じる。また、皮膚に発生する悪性黒色腫は紫外線曝露と、足底に発生するものは機械的刺激と関連性が深いと考えられている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 小児急性リンパ芽球性白血病
    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状