Create issue ticket

考えれる2,153県の原因 性感染症の以前のエピソード, 関節痛

  • 梅毒

    全身のリンパ節腫脹、発熱、倦怠感、関節などの症状が出る場合もあります。 発疹は治療しなくても半年以内に消えますが、抗生物質で治療しない限り病原体は体内に残ります。 第3期(感染後3年から10年まで) 皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍ができる場合がありますが、現在はまれです。皮膚や内臓で、静かに病気が進行していきます。[city.shinjuku.lg.jp] 全身のリンパ節腫脹、発熱、倦怠感、関節などの症状が出る場合もあります。発疹は治療しなくても半年以内に消えますが、抗生物質で治療しない限り病原体は体内に残ります。 第3期(感染後3年から10年まで) 皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍ができる場合がありますが、現在はまれです。皮膚や内臓で、静かに病気が進行していきます。[city.minato.tokyo.jp] 第2期: 感染後数か月 全身のリンパ節がはれる他、発熱、倦怠感、関節等の症状がでます。 また、手のひら、足の裏、体全体にうっすらと赤い発疹(バラ疹)が生じることがあります。 晩期顕性梅毒:感染後数年 皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生することがあります。[city.niigata.lg.jp]

  • HIV感染症

    急性HIV感染症 Last updated: 2016-06-01 概念 HIVに初感染した症例の40〜60%で、2〜6週間後に発熱、リンパ節腫脹、咽頭、多発関節といったインフルエンザ様症状あるいは伝染性単核球症候群を呈する。[hb.acc-info.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    IFN療法を行うと開始当初にインフルエンザにかかったときのような38度を超える発熱・全身倦怠感・関節・筋肉痛は必発です。ただしこれらの副作用はIFNを継続して投与していくと徐々に落ち着き、数週後には多くの人では出現しなくなります。また白血球、赤血球、血小板の低下が起こります。これはIFNが血球を作る骨髄の働きを抑えるためです。[kanen.ncgm.go.jp] 場合によっては紅斑、関節関節炎などの症状もあります。 治療法 原則として急性期には入院、安静加療を要します。 予防等 不特定の人との性交渉は避けましょう。コンドームを正しく使用しましょう。途上国では医療器具が汚染されていることがありますので、安心できる医療機関を確認しておきましょう。[forth.go.jp]

  • C型肝炎

    抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org]

  • 風邪

    さらに症状が進むと、発熱や寒気、頭痛、筋肉関節などの全身症状に至ることもあります。但し、その症状は、誰もが同じように現れるのではなく、個人の体力や体調などによってさまざまです。[ssp.co.jp] 監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は?[influ-news.info] 関節、筋肉痛 余談ですが、紛らわしいことに、インフルエンザと名のつくものにはインフルエンザウイルスのほかに、インフルエンザ菌と呼ばれるものもあります。[meiji.co.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 過敏症

    精神障害 不眠・不安・うつ症状・不定愁訴 内耳障害 めまい・ふらつき・耳鳴り 気道障害 咽頭・口喝 消化器障害 下痢・便秘・悪心 運動器障害 筋力低下・頭部、手指のしびれ・筋肉関節 自律神経障害 発汗異常・手足の冷え・疲れやすくなる・頭痛 眼科的障害 結膜の刺激症状・調節障害・視力障害 循環器障害 動悸・不整脈・循環障害 免疫障害[sasakikensetu.co.jp] 独特な臨床症候群がいくつかある: 血清病: この反応は典型的には曝露してから7 10日後に発生し,発熱,関節,および発疹を引き起こす。機序には薬物-抗体複合体および補体の活性化が関与する。一部の患者には,明らかな関節炎,浮腫,または消化管症状がみられる。症状は自然治癒性で,1 2週間続く。[msdmanuals.com] 症状 頭痛、関節、筋肉痛、下痢、動悸、息切れ、めまい、発汗異常、手足の冷え、意欲の低下、不眠、視力障害、皮膚炎など様々です。 予防法 化学物質をすべて排除することは不可能です。次のことを心がけましょう。 1.接触する原因物質の量を少なくする。また、できる範囲で除去する。 2.よりよい生活習慣を心がける。[city.kawaguchi.lg.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 関節炎

    急性発症の経過の関節炎では致死率の高い化膿性関節炎も含まれるため注意が必要である。 Step2 関節関節周囲か確認をする関節外の痛みを関節と訴える場合もあるので疼痛部位を確認する。関節近くに疼痛部位がある場合は関節関節周囲を区別する。関節裂隙での痛み、全ての関節可動域方向での痛みがある場合には、関節が示唆される。[ja.wikipedia.org] 安静時を伴う場合には関節炎を、安静時を伴う場合は関節炎を、安静時を伴わず活動時もしくは活動後に増悪する場合には非炎症性(変形性関節症など)を鑑別に考慮する。 Step3 疼痛関節数を確認する単関節と多関節では想起される鑑別疾患が大きく異なる。1関節の痛みを訴えるのが単関節である。[ja.wikipedia.org] 関節炎は他動的に動かしても関節が認められ、どの方向に動かしても痛みがあることが特徴とされている。運動時とは関節障害を疑う徴候であるが、腱鞘炎の場合、自分で動かすと痛いが他動的に動かすと痛みを感じないとされている。自動よりも他動が大きい場合は関節周囲が示唆される。関節の場合は非炎症性の関節関節炎を区別する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • うつ病

    もし、関節や心疾患などが指摘されている人であれば、整形外科医や内科医とも相談しながらやったほうが良いと思います。時には、運動療法が向かない人もいることも知っておいたほうが良いでしょう。[abeclinic.com] (全身が痛む)、慢性関節リウマチ、顎関節症(頭痛、こめかみの痛み、肩こりなどの原因にも) まず、うつ病だと理解を 治療は、自分がうつ病だと理解することから始まります。[min-iren.gr.jp] 中枢神経系(認知症、脳血管障害、 パーキンソン病 、 慢性疲労症候群 、 脳腫瘍 など) 内分泌系( 副腎 疾患( アジソン病 など)、 甲状腺 疾患 ( 橋本病 など)、 副甲状腺 疾患など) 炎症性疾患( 関節リウマチ 、 線維筋症 、 全身性エリテマトーデス など) 歯科治療用重金属中毒 [注 2] DSM-5の他の医学的疾患による[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 高尿酸血症

    回答 高尿酸血症が続くと、尿酸が結晶化して沈着し関節(痛風)を引き起こします。また、高脂血症や高血圧、糖尿病を合併することが多く、心血管病のリスクが高まります。 高尿酸血症は血中の尿酸が7mg/dLを超えた場合を指します。高尿酸血症が長期間続くと痛風のほかに、腎障害や尿路結石を起こします。[healthcare.omron.co.jp] プレス発表 【プレスリリース】生活習慣病のひとつ、高尿酸血症の定説を覆す発見 2012年04月04日 -新たなしくみに基づく予防法や新薬の開発に期待- 生活習慣病のひとつである高尿酸血症は、激しい関節を特徴とする痛風を引き起こすだけでなく、高血圧、脳卒中などの危険因子となることが知られています。[h.u-tokyo.ac.jp] 生活上の注意 この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、痛風関節炎、関節、四肢不快感、四肢痛、下痢、倦怠感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。[rad-ar.or.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 食中毒

    大阪府立大学の円谷(つむらや)健教授(56)によると、症状は嘔吐(おうと)や下痢、腹痛、関節、倦怠(けんたい)感、手足のしびれ、脈が遅くなる徐脈など様々だ。また、典型的な症状に「ドライアイスセンセーション」と呼ばれる温度感覚異常がある。冷たい物に触れるとドライアイスを触ったような痛みを感じる。 現在、効果的な治療法はない。…[asahi.com]

    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状

類似した症状