Create issue ticket

考えれる118県の原因 性感染症の以前のエピソード, 肝脾腫

  • 梅毒

    先天梅毒では、生後まもなく皮膚病変、、骨軟骨炎などが認められるものを早期先天梅毒と称する。乳幼児期は症状を呈さず、学童期以降Hutchinson3徴候(実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson歯)を呈するものを晩期先天梅毒という。 検査と治療:梅毒の起因菌である T. pallidum は培養ができない。[nih.go.jp] 生後まもなく水疱性発疹、斑状発疹,丘疹状の皮膚病変に加え、鼻閉、全身性リンパ節腫脹、、骨軟骨炎、などの症状が認められる。 晩期先天梅毒では、乳幼児期は症状を示さずに経過し、学童期以後にHutchinson3徴候(実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson歯)などの症状を呈する。[niid.go.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    B型肝炎(Bがたかんえん、英: Hepatitis B)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。 日本においてB型肝炎ウイルス保有者(キャリア)は、150万人程度といわれている。その内の約95%は自然治癒するが、約5%は肝炎発症となり、慢性肝炎、肝硬変、肝臓ガンへと進行することがある。 血液を介して感染するため、従来の検査体制が確立されない時期に輸血を介して、または1986年に母子間ブロックが実施されるようになる前には母子感染で感染した。感染の予防策としては、注射器を共用しない、性行為時にコンドームの着用といったことがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • C型肝炎

    抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org]

  • 伝染性単核球症

    が強い例では、腹部への衝撃により脾破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染性単核球症それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org] 年長児から青年期、あるいはそれ以上の年齢で初感染した場合、発熱・全身倦怠感のほか、口蓋扁桃の発赤腫脹・咽頭痛、アデノイド腫脹による鼻閉、全身特に頚部のリンパ節腫脹、がみられる。発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。[ja.wikipedia.org] 多くの症例でを伴うため、トランスアミナーゼ(AST, ALT)が上昇する。そのため、肝炎を疑われる場合も多い。 ポール・バンネル反応:伝染性単核球症患者に現れる異好抗体であるPaul-Bannell抗体を用いた検査法。近年は抗体価測定が発達したため臨床的意義は低下している。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 慢性アルコール依存症
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 心筋疾患

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 特発性拡張型心筋症(指定難病57) とくはつせいかくちょうがたしんきんしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.「特発性拡張型心筋症」とはどのような病気ですか 心臓は収縮・拡張を交互に繰り返すことで全身に血液を送り届けるポンプとしての役割を果たしていますが,特発性拡張型心筋症 (以下,拡張型心筋症) は,心臓 (特に左心室) の筋肉の収縮する能力が低下し、左心室が拡張してしまう病気です (図1)。心臓の病気の中には,高血圧,弁膜症,心筋 梗塞 などが原因で,見た目は拡張型心筋症と同じような心臓の異常を起こしてしまうケース[…][nanbyou.or.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • ヘモクロマトーシス
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 原発性骨髄線維症

    症状としては動悸、息切れ、全身倦怠感などの貧血症状を40-50%、による腹部 膨満感などの腹部症状を10-20%、発熱・全身倦怠感を10%に認めます。 検査所見 理学的検査 が86%、 腫 が55%に認められます。[med.osaka-cu.ac.jp] 肝臓が大きくなることを大と言い、脾臓が大きくなることを大と言う。大と大を併せてと言う。合併症 白血病への移行や脾臓破裂等を合併する危険がある。 病態 骨髄が線維組織に置き変わってしまう(別の組織が線維組織に置き変わってしまうことを線維化と言う)。[ja.wikipedia.org] *画像検査で著明なを認める. *骨髄シンチグラフィーで、への取り込み増加を認める. *骨髄穿刺で骨髄液を採取できない(dry tap). 3.骨髄生検で異型巨核球増加と骨髄の線維化、骨梁の増加を認める. 4.二次性骨髄線維症を除外する.[med.osaka-cu.ac.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 真性多血症

    も見ら れることがあり、特に脾腫は70%の症例に認められます。 検査所見 (1) 末梢血所見 :赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値は著しく増加しています が、小球性低色素性になっていることが多く見られます。[med.osaka-cu.ac.jp] また、自覚はしないことが多いが、特に脾腫は多い。極端な例では2次性の尖端紅痛症を伴うこともある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • ムコ多糖症

    2001年には酵素補充療法によるMPS Iの臨床試験結果が発表され、実際の患者(10名)への本酵素補充によりの縮小、身長と体重の増加、肩と肘関節の動きの改善、睡眠時無呼吸頻度の低下、心不全状態の改善といった効果が認められた。[ja.wikipedia.org] 重度の精神発達の遅滞、アルツハイマーの様な知能・記憶障害、特徴的な容貌主が主症状であり、骨・関節異常やといった症状は軽度である。4 5歳頃から睡眠障害や精神運動発達の遅滞が現れ、多くの場合、多動かつ攻撃的である。症状が進行するにつれ興奮性が強くなり、けいれん発作を合併することも多い。[ja.wikipedia.org] 本疾患を有している新生児は、出生した時点では他の新生児と外見上の違いは見られないが、成長に伴い、騒音呼吸を初発症状として気道感染、を経て、1 2歳ごろから特徴的な身体機能(特徴的な顔貌、骨変化、角膜混濁、関節の可動性低下)や精神発達遅滞が観察される。本疾患は進行性のものであり、重症の場合は成人することなく死亡する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状