Create issue ticket

考えれる182県の原因 性感染症の以前のエピソード, 筋肉痛

  • B型肝炎ウイルス

    IFN療法を行うと開始当初にインフルエンザにかかったときのような38度を超える発熱・全身倦怠感・関節筋肉は必発です。ただしこれらの副作用はIFNを継続して投与していくと徐々に落ち着き、数週後には多くの人では出現しなくなります。また白血球、赤血球、血小板の低下が起こります。これはIFNが血球を作る骨髄の働きを抑えるためです。[kanen.ncgm.go.jp]

  • C型肝炎

    抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org]

  • 風邪

    症状は、咳嗽(咳、症例の50% )、咽頭(40% )、鼻汁・鼻づまりなど局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠感、頭痛、筋肉(50%)など。 鼻汁は通常、風邪の初期はさらさらとした水様で、徐々に粘々とした膿性に変化する。 原因の7-8割がウイルスである。 ライノウイルス (30%–80%)。 普通感冒といわれている。[ja.wikipedia.org] 急性期(原則は発汗療法)悪寒・発熱・頭痛があり、汗が出ていない/急性喉頭炎・急性扁桃炎の初期:葛根湯(麻黄を含む薬剤中心)(ある程度体力のある人向けであり、画一処方は慎む) 鼻炎で鼻水・くしゃみ・鼻閉:小青竜湯 インフルエンザで高熱があり、頭痛・倦怠・筋肉などが顕著: 西洋医療を優先 軽度の鼻炎・喉頭炎の症状があり、悪寒で顔面蒼白、元から[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 急性気管支炎

    また、激しい咳が出る場合は腹部の筋肉を訴えることもある。 白血球増加 CRP試験陽性ただし、胸部X線に異常所見は見られない。 去痰剤による痰の除去 鎮咳剤による咳の沈静化抗生物質の使用は一般的には勧められず、これが効果がないことのエビデンスは、各種試験にて40年間積み重ねられてきた。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • ビタミンD欠乏症
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • ウイルス性上気道感染症
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 上気道感染症
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 肺炎

    例えば,有機粉塵による中毒症候群(pulmonary mycotoxicosis,grain fever)は,発熱,悪寒,筋肉,および呼吸困難から成る症候群であるが,事前の感作を必要とせず,真菌が産生した毒素または有機塵による汚染物質の吸入によって引き起こされると考えられている。[msdmanuals.com]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • インフルエンザ

    [症状の名称:症状] 偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉があらわれ,徐々に強くなる。[info.pmda.go.jp] 38 以上の発熱、頭痛、関節筋肉、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。[mhlw.go.jp] 風邪(普通感冒)とは異なり、比較的急速に出現する悪寒、高熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉を特徴とし、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、咳、痰などの気道炎症状を伴う。腹痛、嘔吐、下痢といった胃腸症状を伴う場合もある。 主要な合併症として肺炎とインフルエンザ脳症がある。 潜伏期間は1–2日が通常であるが、最大7日までである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状

類似した症状