Create issue ticket

考えれる1,963県の原因 性感染症の以前のエピソード, 筋肉痛

  • B型肝炎ウイルス

    IFN療法を行うと開始当初にインフルエンザにかかったときのような38度を超える発熱・全身倦怠感・関節筋肉は必発です。ただしこれらの副作用はIFNを継続して投与していくと徐々に落ち着き、数週後には多くの人では出現しなくなります。また白血球、赤血球、血小板の低下が起こります。これはIFNが血球を作る骨髄の働きを抑えるためです。[kanen.ncgm.go.jp] B型肝炎ワクチン接種の副作用としては、5%以下の確率で、発熱、発疹、局所の疼痛、かゆみ、腫脹、硬結、発赤、吐き気、下痢、食欲不振、頭痛、倦怠感、関節筋肉、手の脱力感などが見られる。いずれも数日で回復する。ワクチン成分(酵母)に対するアレルギー反応がある人はHBIGを選択するが、予防効果は短期間である。[niid.go.jp]

  • C型肝炎

    抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org]

  • 梅毒

    抗生剤により治療 1) アモキシシリン :4週間以上内服 2) ミノマイシン :同上 3) エリスロマイシン :同上 ※治療開始後、数時間 数日以内に発熱、悪寒、筋肉、頭痛、リンパ節の腫大などが出現することがある(Jarish-Herxheime反応)が、急激なTPの死滅が原因であり安静で軽快するため、梅毒の治療はそのまま続ける。[y-cn.jp]

  • HIV感染症

    HIV感染後のウイルスマーカーの推移 症状 急性期(感染初期:感染後2週間 3ヶ月): 発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉などの風邪やインフルエンザのような症状が出る場合があります。これらの症状は数週間でなくなり、次の無症候期へ移行します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 症状 急性期 HIVに感染して2 4週間経過すると、発熱、咽頭筋肉など、インフルエンザ様の症状が出てきます。これらの症状は多くの場合、自然に消えます。 また、無症状のこともあります。 無症候期 体の免疫力で、ウイルス量はある一定のレベルまで減少したところで安定し、その後、数年 10数年程度は症状がなく経過します。[fukushihoken.metro.tokyo.jp] そのため人によって違いはありますが、発熱、喉の痛み、赤い発疹、筋肉など インフルエンザのような症状 が出る場合がありますが、何もしなくても 数週間で消えます。 風邪や過労だと思ったり、症状が消えたので治ったと感じて放置してしまうことが少なくありません。 感染の心当たりがある場合には、保健所などに相談 することをオススメします。[loveactf.jp]

  • 風邪

    また、インフルエンザも風邪症候群のひとつといわれますが、急な高熱や関節筋肉などの全身症状を伴い、重い病気を合併しやすい点など、風邪とは異なる特徴があります。 エスエス製薬の「風邪」に関連する製品のブランドサイト 風邪の症状[ssp.co.jp] 監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節筋肉、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は?[influ-news.info] ・関節筋肉 余談ですが、紛らわしいことに、インフルエンザと名のつくものにはインフルエンザウイルスのほかに、インフルエンザ菌と呼ばれるものもあります。[meiji.co.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 急性気管支炎

    また、激しい咳が出る場合は腹部の筋肉を訴えることもある。 白血球増加 CRP試験陽性ただし、胸部X線に異常所見は見られない。 去痰剤による痰の除去 鎮咳剤による咳の沈静化抗生物質の使用は一般的には勧められず、これが効果がないことのエビデンスは、各種試験にて40年間積み重ねられてきた。[ja.wikipedia.org] 主な症状は咳や痰ですが、頸や背中の痛みやこわばり、肩こり、手足の筋肉や関節痛、時には下痢や嘔吐を伴うこともあります。 気管支炎にも種類があります。 急性気管支炎??気管支の急性の炎症全般を指します。 「症状」 先駆症状として風邪症状があらわれ、次第に咳や痰等の急性上気道カタル症状を呈する。[comeluck.jp] そこで、咳の強さ、喀痰の量や性状、筋肉などの全身状態を総合して、ウイルス以外の病原菌の関与が疑われる状況では、抗菌薬を処方する場合があります。マイコプラズマや百日咳菌にはマクロライド系の抗生物質が概ね有効です。[shibuya-naika.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 急性胃腸炎

    胃腸症状の他に筋肉、全身倦怠感、頭痛などを伴うこともあります。 【潜伏期】 12〜48時間 【伝搬様式】 糞口感染します。吐物などが乾燥すると空気中に浮遊するため、空気感染(飛沫核感染)する可能性も言われています。また、牡蠣などの二枚貝からの感染もあります。[tsudashonika.com]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • ウイルス性上気道感染症

    ・頭痛、筋肉 体がウイルスと活発に戦うために分泌されるプロスタグランジンという物質が、熱を出したり、頭痛や筋肉、関節痛を強めます。痛みや倦怠感が強い場合はインフルエンザの可能性があります。 ・口内炎 手足口病やヘルパンギーナなど、夏風邪(かぜ)とよばれる感染症で口内炎が起こることがあります。[daiichisankyo-hc.co.jp] そこで、咳の強さ、喀痰の量や性状、筋肉などの全身状態を総合して、ウイルス以外の病原菌の関与が疑われる状況では、抗菌薬を処方する場合があります。マイコプラズマや百日咳菌にはマクロライド系の抗生物質が概ね有効です。[shibuya-naika.jp] 病名 炎症部位 症状 熱 風邪 上気道 くしゃみ、鼻水、せき、痰、咽頭など 37 台の微熱 インフルエンザ 全身感染 悪寒、関節筋肉、腹部症状(B型) 38 以上の高熱(ワクチン接種者では微熱の場合もある) 肺炎 肺胞 悪寒、全身倦怠感、呼吸困難感、息切れ、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色) 38 以上の高熱 予防のポイント 風邪[saiseikai.or.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 上気道感染症

    病名 炎症部位 症状 熱 風邪 上気道 くしゃみ、鼻水、せき、痰、咽頭など 37 台の微熱 インフルエンザ 全身感染 悪寒、関節筋肉、腹部症状(B型) 38 以上の高熱(ワクチン接種者では微熱の場合もある) 肺炎 肺胞 悪寒、全身倦怠感、呼吸困難感、息切れ、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色) 38 以上の高熱 予防のポイント 風邪[saiseikai.or.jp] そこで、咳の強さ、喀痰の量や性状、筋肉などの全身状態を総合して、ウイルス以外の病原菌の関与が疑われる状況では、抗菌薬を処方する場合があります。マイコプラズマや百日咳菌にはマクロライド系の抗生物質が概ね有効です。[shibuya-naika.jp] 3 7日間の潜伏期の後、悪寒・戦慄、頭痛、筋肉などの風邪様症状で発症する。局所の表在リンパ節腫脹と痛み、特に腋下のリンパ節腫脹が多い。4 5日後、いったん解熱した後、再び高熱が持続する。病原体は野兎病菌。[biseibutu.co.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • ビタミンD欠乏症

    慢性疼痛の原因は多岐にわたるが、関節炎や筋肉など筋骨格系の症状が最も多い。慢性疼痛は通常若齢者よりも高齢者に多い。慢性疼痛は身体の自由を奪い、生活の質を著しく低下させる。 ビタミンDは身体においてさまざまな役割を果たす。ビタミンDは日光との反応を介して皮膚で合成され、食物からも摂取される。[cochrane.org] 重度のビタミンD欠乏症を発症した成人にあっては、骨のタンパク質(「 コラーゲン 」)マトリックスは温存されますが、骨塩は次第に失われその結果骨と柔らかい骨格(「骨軟化」)を生じます。 ビタミンD欠乏症は、子供と成人に筋衰弱と筋肉をもたらします (79, 80) 。[nutri-facts.org] 症状 [ 編集 ] 全ての年齢層で、筋肉、筋力低下、骨の痛みなどが起きる可能性がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状

類似した症状