Create issue ticket

考えれる420県の原因 性感染症の以前のエピソード, 瞳孔の異常

  • 梅毒

    梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症である。第一感染経路は性行為であるため性病の1つとして数えられるものの、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性アンフェタミン中毒

    ・・・かも CPA(特に若年の難治性CPA(VF/pulseless VT) 重症不整脈(房室ブロック、QT延長など) 血圧低下 意識障害、瞳孔径の異常(縮瞳・散瞳) 肝障害 腎障害 横紋筋融解症 偶発性低体温 吐瀉物が周りに散乱 異臭(ガーリック臭・アセトン臭・苦いアーモンド臭など) 異常発汗 異常体温など 12.[slide.antaa.jp] 代表的な作用としては、瞳孔の散大、脈拍の増加、血圧の上昇、不眠、食欲減退、触感異常、偏執病症状、そして各種の発作です。コカインは脈拍や心拍をコントロールする脳の機能を破壊しますので、死を招くこともあります。 ヘロイン 解説 けしから採取される生あへんにはモルヒネ、コデイン等のアルカロイドを含有する。[city.minami-alps.yamanashi.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 眼球損傷

    眼球運動異常なし。瞳孔径は左右差なく両側4mm。しかし,右眼の右上部が見にくい。 うーん。あとは何をすればいいのだろう。やっぱり……。 Question Q1 眼科領域におけるバイタルサインは何か? A 視力。 救急外来には,視力検査表が常備されていることが望ましい。[igaku-shoin.co.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 脳震盪

    2017年6月24日(土) 等々力に衝撃が走った。前半17分のことだ。 川崎FのFK。中村憲剛が横にチョンと出し、大島僚太が強烈なミドルシュートを打ちこむ。ブロックしようと身体を張ったのは、広島の闘将・ 柏好文(写真) だ。彼はどんな時でも、絶対に逃げない。大島の唸りを上げる剛球に対して真っ正面から挑んだ。その結果、ボールは彼のアゴからこめかみ部分を直撃する。[…][jsgoal.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 緑内障

    【Axenfeld-Rieger症候群】 隅角付近の発達異常を主とするAxenfeld奇形、虹彩異常瞳孔偏位や偽多瞳孔など)を主として歯や頭部の骨の発達異常を伴いやすいRieger奇形はともに遺伝性であり、同じ原因と推測されることからまとめてこのように呼ばれます。[kato-eye-clinic.com] 瞳孔部のブロックのほかに、解剖学的異常で平坦な虹彩が前方に張り出し、隅角を閉塞する別のタイプがある。これはプラトー虹彩緑内障とよばれる。レーザーで虹彩周辺を焼き縮めて隅角を開放するが、その方法で効果がないときは、水晶体を摘出するなどする。[kotobank.jp] 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報 大辞林 第三版 の解説 りょくないしょう【緑内障】 眼圧が上昇して視機能に異常をきたす病気。頭痛・吐き気を伴い、重症では失明する。視力を失った瞳孔の色が青く見えるのでこの名がある。あおそこひ。グラウコーマ。[kotobank.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 脳溢血

    目も固定し、上下にずれたりして見るからに異常です。また瞳孔(黒目の真中)が非常に小さくなります。瞳孔の大きさは脳の病気の時には非常に重要で、意識障害で、瞳孔が5mm以上に開き、光を入れても縮まない場合は危篤状態です。[sankikai.or.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • オピオイド過剰摂取
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • ヘロイン依存症

    ・鼻水、なみだ目、あくび、咳、くしゃみ、よだれ、動悸、発汗、発熱、悪寒、血圧の低下、呼吸が速まる、多動(ソワソワ感)、異様な神経の昂ぶり、瞳孔拡大・対光反射減弱、不眠。 ・短気、焦燥、倦怠感、不安、憂鬱、苦悶。 ・消化器系への異常:胃への差し込むような痛み、食欲減退、腹部の痙攣、下痢、吐気、嘔吐。 ・持続的勃起。 ・蟻走感。[ameblo.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 脳内血腫

    眼も固定し、上下にずれたりして見るからに異常です。また瞳孔(黒目の真中)が非常に小さくなります。瞳孔の大きさは脳の病気の時には非常に重要で、意識障害で、瞳孔が5mm以上に開き、光を入れても縮まない場合は危篤状態です。[fukuokanh.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • クモ膜下出血

    また、瞳孔 (どうこう) 異常などの脳神経症状あるいは失語症や片麻痺 (へんまひ) などの脳局所症状を呈することも少なくない。通常、これらの症状は一過性で、1 2週間で軽快する場合が多い。しかし、出血発作が激しい場合は、けいれん発作をおこしたり、頭痛と同時に意識を失う場合もあり、意識が回復しないまま死亡することもある。[kotobank.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状