Create issue ticket

考えれる163県の原因 性感染症の以前のエピソード, 皮疹

  • 梅毒

    その後一旦病変が消褪するが、3 12週間後にはバラ、扁平コンジローマ、全身のリンパ節腫脹等の全身症状が起こる(早期顕症Ⅱ期)。この時期のは多岐にわたり、かつては全てのは診断が下されるまでは梅毒と考えるべきとも言われていた。その後数年間の無症状の時期を経て、大動脈瘤や多彩な神経症状を引き起こすことがある(晩期顕症)。[nih.go.jp] なおI期からII期への移行期、 II期の発疹消退期などにがみられない場合(潜伏梅毒)や、 陳旧性梅毒(既に治癒しているが血清反応のみ陽性)を無症候梅毒という。大半の患者は無症候梅毒で終始し自然治癒していると考えられている。また、 顕症梅毒においても自然治癒があると考えられるが、 正確な統計はない。[idsc.niid.go.jp] 早期顕症梅毒 第 II 期梅毒 ; [血行性に全身に移行]第 I 期梅毒の症状が一旦消失したのち4〜10週間の潜伏期を経て、手掌・足底を含む全身に多彩な、粘膜疹、扁平コンジローマ、梅毒性脱毛等が出現する。発熱、倦怠感等の全身症状に加え、泌尿器系、中枢神経系、筋骨格系の多彩な症状を呈することがある。[niid.go.jp]

  • HIV感染症
  • 尋常性ざ瘡

    様々な薬剤の副作用や薬物相互作用で生じるは薬として分類される。また、内分泌疾患の随伴症状としてもが生じる事がある。 薬剤の副作用では以下。 上皮成長因子受容体(EGFR)阻害剤の副作用として、ざ瘡が高頻度で認められる。ゲフィチニブ(イレッサ)の臨床試験(第III相)では、10%以上の症例が因果関係ありと判定された。[ja.wikipedia.org] 外用抗菌薬では炎症性に、外用抗菌薬(クリンダマイシン、ナジフロキサシン、オゼノキサシン)を強く推奨する。 ざ瘡(炎症性)への適応を有するロキシスロマイシンは、ファロペネムやミノサイクリンと比較して有意差がなかった日本のRCT報告があり、副作用は軽微であった。[ja.wikipedia.org] 好中球、リンパ球による炎症を生じ炎症性である赤色丘疹や内部に膿が溜まった膿疱へと移行する。囊腫壁が破裂すると皮下膿瘍や硬結となる。その後、囊腫を生じた部分に線維化が起きると、瘢痕やケロイドを生じる事もある。 ※ MSDマニュアルから引用し改変。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 膣炎

    膣炎(ちつえん、英語: Vaginitis)とは、女性の膣に炎症を生じた病態。 細菌性膣炎 カンジダ膣炎 トリコモナス膣炎 萎縮性膣炎(老人性膣炎)[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 虫刺症

    虫刺症(ちゅうししょう)とは、昆虫類を含む虫に刺された時にできる傷であり、外傷の一つである。この他に刺咬症(しこうしょう)、蜂の場合は蜂刺症(はちししょう)ともよばれる。症状が日常的には「虫刺され」といわれることが多い。便宜上、刺された場合のみではなく咬まれた場合も下記に記す。 蚊・ブヨ・ダニ・アブなどに刺されたり、毛虫や毒蛾にかぶれた場合、ステロイド外用剤(軟膏、クリーム)を塗ると効果的である。また冷たいタオルなどで患部を冷やすと、かゆみや痛みが和らぐ(局所冷罨法)。ひどい場合は、ステロイドの内服や注射を行うこともある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 皮膚炎

    (発疹) 炎症 アレルギー[ja.wikipedia.org] 湿疹の三角形は、湿疹として生じる固の形態(紅斑、漿液性丘、小水疱、膿疱、びらん、痂、落屑、治癒)を、通常とりうる経過を加えて表現した図である。慢性化するすなわち治癒しなかった場合は皮膚の肥厚、苔癬化を呈する内容も加えられている。経過が一定ではなく様々なパターンをとることが分かる。一方、病因論的に見ると典型的湿疹は接触皮膚炎である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • アトピー性皮膚炎

    眼囲のを掻破、叩打することによって眼病変(網膜裂孔、網膜剥離)を生じうることに留意する。 細菌・真菌・ウイルス性皮膚感染症を生じるリスク因子が高い場合もあり、皮膚をよい状態に保つよう留意する。[ja.wikipedia.org] A4: まず、その人の皮膚状態に合わせた適切な強さのステロイド外用薬を数日から数週間くらい(場所との程度による)連続して塗ってきれいな皮膚を回復させ、それから週に何日かは保湿薬だけにしてステロイド外用薬を塗る日を少しづつ減らしていくようにします。[kyudai-derm.org] かゆみを完全に抑えるにはかゆみを生じる原因である皮膚病そのものを治すのが最も確実ですので、ステロイド軟膏などの外用薬でを治療することがまず大切です。私は患者さんに抗ヒスタミン薬の内服をすすめる時、「完全ではありませんが、ある程度かゆみを抑えることができる薬です。[kyudai-derm.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 皮膚感染症
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 帯状疱疹

    知覚神経の走行に一致して、出現の数日前から違和感や疼痛が出現することが多い(と同時、或いは出現後の事もある)。その後一般に帯状に紅色丘・浮腫性紅斑・紅暈を伴う小水疱が列序性に出現し、疼痛やそう痒感を伴う。神経痛・神経障害のみでが出ないという病態(zoster sine herpete)もある。[ja.wikipedia.org] 髄液検査にて水痘帯状疱疹ウイルスを認めたが, を認めないことから無性帯状疱疹に伴う脊髄炎と診断した. 免疫能が低下しているとが現れにくいといわれており, そのため診断に苦慮することが多い. 本例は糖尿病, 肝硬変, 腎不全などによる免疫不全状態がその要因と考えられた.[jstage.jst.go.jp] 帯状疱疹関連痛(たいじょうほうしんかんれんつう)とは、帯状疱疹に伴う神経痛様疼痛の総称で、が生じている最中の激しい疼痛と、治癒後に継続する痛みである。なお、発症後1〜3カ月を越えて残る疼痛は、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる。これは急性期の炎症によって、神経に強い損傷が生じたことで起きる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状

類似した症状