Create issue ticket

考えれる3,338県の原因 性感染症の以前のエピソード, 発熱

  • 梅毒

    この時期の発熱や疼痛に対しては内服等で軽減させていきます。 治療・治療効果の指標としてのRPR・TPHA定量 ・梅毒の治療効果はSTS法の抗体価とよく相関するので、病期に応じた十分な治療を行った後は臨床症状の持続や再発がないこと、 STS法を定期的に追跡して定量値が低下することを確認する。[y-cn.jp] 抗生剤により治療 1) アモキシシリン :4週間以上内服 2) ミノマイシン :同上 3) エリスロマイシン :同上 ※治療開始後、数時間 数日以内に発熱、悪寒、筋肉痛、頭痛、リンパ節の腫大などが出現することがある(Jarish-Herxheime反応)が、急激なTPの死滅が原因であり安静で軽快するため、梅毒の治療はそのまま続ける。[y-cn.jp]

  • HIV感染症

    次に、4週前からの咳と発熱から結核の診断に至った症例をみてみます。 30歳代の男性が、咳と発熱を主訴に来院しました。喀痰を伴う咳と38 台の発熱が4週間継続し、市販薬内服でも軽快しないため、近医を受診したところ、胸部単純X線写真で左中肺野に浸潤影を認め、肺炎と診断されました。その後、当センターを紹介受診しました。[acc-elearning.org] 症状 感染して数週間から十数年の症状のない期間があった後、発熱、のどの痛みや倦怠感などの症状が出ることがありますが、この症状は1 数週間で自然に治ります。 その数年後に、リンパ節の腫れ、発熱や下痢を発症し、さらに進行すると肺炎や皮膚病になったり、腫れものができたりします。 治療 定期的に医師の診断を受け、症状を軽くする治療を受けます。[forth.go.jp] 初感染時には、発熱、発疹、リンパ節の腫れ、疲労といった症状が数日から数週間続くことがあります。 感染して10年以上経っても発病しない人もたくさんいます。 未治療の患者の半数ほどが、約10年以内に体調を崩しエイズを発症します(エイズの発症は重篤な感染症やがんの発生により定義されます)。[msdmanuals.com]

  • B型肝炎ウイルス

    症状としては、40 近い発熱、起き上がれないほどのだるさ、強い吐き気などが一度にあらわれます。また、肝機能の著しい低下により、解毒されていないアンモニアが脳にまわることで 肝性昏睡(肝性脳症) という意識障害があらわれ、やがて昏睡状態に陥ります。劇症肝炎を発症した方の70 80%は死亡します。[kanen-net.info] IFN療法を行うと開始当初にインフルエンザにかかったときのような38度を超える発熱・全身倦怠感・関節痛・筋肉痛は必発です。ただしこれらの副作用はIFNを継続して投与していくと徐々に落ち着き、数週後には多くの人では出現しなくなります。また白血球、赤血球、血小板の低下が起こります。これはIFNが血球を作る骨髄の働きを抑えるためです。[kanen.ncgm.go.jp] 発症した場合は、全身倦怠感や発熱(微熱)、悪心・嘔吐、右上腹部痛などの症状に続いて黄疸が出現します。これらの症状が全くみられない不顕性感染例が70 80%を占めるため、知らないうちにB型肝炎に罹っていたということも少なくありません。乳幼児期に感染した場合、その多くはB型肝炎ウイルスの持続感染状態になり慢性肝炎に移行することがあります。[izavel.com]

  • C型肝炎

    一般に自覚症状が乏しい場合もあるが、発熱、全身倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐、口腔扁平苔癬が出現し、血液検査にて肝障害(AST・ALT高値)、黄疸(T-Bil高値)を認めるといった急性肝炎症状を呈する場合が多い。なお、B型肝炎やA型肝炎に比較して劇症肝炎を呈する例は稀である。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    一方、 40代・50代は「発熱」が一番つらいと感じているようです。 熱で頭がぼーっとしてしまうと何も手につかなくなってしまいますよね。しかし、発熱は体の具合を知る大切な手がかり。熱が上がるということは、体内のウイルスと戦っているということ。[athome.co.jp] 検温方法 体温の基礎知識 平熱や発熱の仕組みなど、体温について学びましょう。 体温の基礎知識 体温計入門[terumo-taion.jp] 発熱は一種の生体防御反応であり、微生物の侵入による外因性・内因性発熱物質の産生により、深部体温が上昇すると免疫機能が亢進し、病原体に対する抵抗力が高くなることが示されている。そのため、微熱時は解熱薬の安易な投与は控えるべきであるとの意見も存在する。解熱剤の一種であるロキソプロフェンは有意ではないものの、平均で風邪の治癒を1日遅らせる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 急性胃腸炎

    下痢、嘔吐、腹痛が主な症状で、発熱および倦怠感を伴うこともある。一般的に、ウイルス性胃腸炎では嘔吐が激しく、細菌性腸炎では下痢が激しくなる傾向にある。 下痢はウイルス性胃腸炎の場合は水溶便であることがほとんどだが、腸管出血性大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター等の細菌が原因の場合は血便となることがしばしばある。[ja.wikipedia.org] 2003年3月初旬より当院周辺では急性胃腸炎が流行しています.激しい嘔吐,5-7日間継続する下痢,発熱など症状は一様でありません.B型インフルエンザ,ロタウイルス感染症,小形球形ウイルスによる胃腸炎の3つが同時に流行しています. (1)B型インフルエンザ 38-39 の発熱で発症します.A型インフルエンザほど高熱ではありません.吐き気,頭痛[zousantsushin.jp] 【症状の現れ方】 ほとんどが腹痛、発熱、血便で始まります。細菌性の胃腸炎は腹痛が比較的強く、腸の動きが悪くなって腹部が膨満することもあります(麻痺性イレウス)。発熱は細菌感染に伴って持続します。嘔吐も現れますが、ウイルス感染によるものより比較的遅れて出現します。 便には血液、粘液、うみなどが混じります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 急性気管支炎

    検温方法 体温の基礎知識 平熱や発熱の仕組みなど、体温について学びましょう。 体温の基礎知識 体温計入門[terumo-taion.jp] 【症状】 せき(長引くことも)、たん 【診療科】 呼吸器科など 急性気管支炎 きゅうせいきかんしえん 【初診に適した診療科】 小児科 【どんな病気か】 急性上気道炎症状(咳、鼻みず、発熱)に数日遅れて発症する湿性咳嗽(しっせいがいそう:痰の絡んだような咳)や発熱を伴う呼吸器疾患です。気管や気管支を中心に炎症が起こる下気道炎です。[yomidr.yomiuri.co.jp] 発熱、食欲不振、全身倦怠感といった全身症状を伴うことや前胸部不快感を伴うこともあります。 【診断】 主にせき、たんといった臨床症状から診断します。発熱を伴うことも多いですが、一般には身体所見に乏しく、軽症なことが多いです。[jrs.or.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • ウイルス性上気道感染症

    適応となるのは頭痛や顔面痛、発熱を伴っている場合である2)。 抗菌薬治療は急性中耳炎に準じる。 急性気管支炎の多くはウイルス感染によって起こり、抗菌薬処方は必要ない。発熱を伴っていれば肺炎と鑑別する必要がある。咳症状が遷延する場合は百日咳、マイコプラズマ、クラミジアなどの可能性がある2)。 4.[kusakari-shounika.or.jp] 発熱については2 4 日間程度で解熱し、それにやや遅れて粘膜疹も消失する。発熱時に熱性けいれんを伴うことや、口腔内の疼痛のため不機嫌、拒食、哺乳障害、それによる脱水症などを呈することがあるが、ほとんどは予後良好である。[niid.go.jp] 症状 発熱、咳、鼻汁の風邪症状で発症し、目が赤くなり目やにもみられます。発熱は典型的な場合は、途中で短期間解熱する時期があります。最初の発熱は軽度から中程度(38 39 )のことが多く、3、4日間続きます。最初の発熱が下がってくる頃、口腔内(頬の内側)に細かな白色の発疹がみられます。[kin-ikyo-chuo.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 尿路感染症

    主症状は発熱と腰や背中の痛み、悪心(気分が悪い)、嘔吐などですが、高齢者の場合、原因不明の発熱、倦怠感、意識障害などで発症することがあります。 クリニックでは尿検査により尿中の炎症細胞や細菌を調べます。また、血液検査で白血球の増加など全身性の炎症反応を検査します。[ome-clinic.com] たった1回の発熱でも、検査を行えばこの病気の診断は可能であり、医師からするとかぜ症状のない発熱でこの病気を疑うことはとても重要なのです。 かかりつけ医で大きな病院での受診を勧められた場合は、ただちに受診してください。 その際も窓口は小児科です。0歳児はひとまず小児科が鉄則です。[kao.co.jp] 尿路感染は、感染症による発熱の原因では呼吸器感染についで多く、高齢者が多い在宅医療の現場でもポピュラーな原因です。ある統計では75才以上の感染性発熱の原因では、呼吸器感染症が約6割、尿路感染症が2割とのことです。 病院で泌尿器科専門医として働いていた頃、他科から「発熱は尿路感染が原因なので治療してほしい」という依頼を多く経験しました。[izuminomori.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 上気道感染症

    発熱や痛みに対して グレードC1 (やっても良い) これらの症状に対して、患者さんの苦痛が強い場合に以下の薬剤が投与されますが、基本的には頓用で使います。 成人:酸性非ステロイド系抗炎症薬 小児:アセトアミノフェン(非ピリン系) 2.[ebm.jp] 7 10歳の子どもに多く、1 5週たってから、発熱、関節痛が現れます。 溶連菌の診断は、咽頭部から粘液をとって簡単に調べることができます(迅速診断)。まわりで流行している場合には注意が必要です。 昔から、かぜは万病のもとといわれていますが、現在でも通用することわざです。 「Web家庭の医学」は株式会社保健同人社のコンテンツです。[women.benesse.ne.jp] 皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。サシチョウバエ属スナバエによって伝播される。わが国ではみられない。[biseibutu.co.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状

類似した症状