Create issue ticket

考えれる687県の原因 性感染症の以前のエピソード, 発熱

  • 梅毒

    生後数年で、一般的に、肝臓、脾臓の増大、発疹、発熱、神経梅毒、肺炎といった症状が現れる。治療がなされない場合、鞍鼻変形、ヒグメナキス徴候、剣状脛、クラットン関節といわれる後期先天性梅毒の症状が現れる。[ja.wikipedia.org] 発熱、倦怠感等の全身症状に加え、泌尿器系、中枢神経系、筋骨格系の多彩な症状を呈することがある。第 I 期梅毒と同様、数週間〜数ヶ月で無治療でも症状は軽快する。早期顕症梅毒症例で髄膜炎や眼症状などの脳神経症状を示すものは、早期神経梅毒と呼び晩期梅毒の神経梅毒とは区別する。 潜伏梅毒 ; 梅毒血清反応陽性で顕性症状が認めらないものをさす。[niid.go.jp] Ⅱ期では4 8週間の投与がすすめられている.神経梅毒に対してはベンジルペニシリンカリウムを2週間点滴静注する.ペニシリンアレルギーがある場合には,内服薬ではマクロライド系やテトラサイクリン系が,点滴薬としてはセフトリアキソンが選択される.治療の開始後数時間でJarisch-Herxheimer現象とよばれる,トレポネーマの急速な破壊に伴う発熱[kotobank.jp]

  • HIV感染症
  • B型肝炎ウイルス

    IFN療法を行うと開始当初にインフルエンザにかかったときのような38度を超える発熱・全身倦怠感・関節痛・筋肉痛は必発です。ただしこれらの副作用はIFNを継続して投与していくと徐々に落ち着き、数週後には多くの人では出現しなくなります。また白血球、赤血球、血小板の低下が起こります。これはIFNが血球を作る骨髄の働きを抑えるためです。[kanen.ncgm.go.jp] 発症した場合は、全身倦怠感や発熱(微熱)、悪心・嘔吐、右上腹部痛などの症状に続いて黄疸が出現します。これらの症状が全くみられない不顕性感染例が70 80%を占めるため、知らないうちにB型肝炎に罹っていたということも少なくありません。乳幼児期に感染した場合、その多くはB型肝炎ウイルスの持続感染状態になり慢性肝炎に移行することがあります。[izavel.com]

  • C型肝炎

    一般に自覚症状が乏しい場合もあるが、発熱、全身倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐、口腔扁平苔癬が出現し、血液検査にて肝障害(AST・ALT高値)、黄疸(T-Bil高値)を認めるといった急性肝炎症状を呈する場合が多い。なお、B型肝炎やA型肝炎に比較して劇症肝炎を呈する例は稀である。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    発熱は一種の生体防御反応であり、微生物の侵入による外因性・内因性発熱物質の産生により、深部体温が上昇すると免疫機能が亢進し、病原体に対する抵抗力が高くなることが示されている。そのため、微熱時は解熱薬の安易な投与は控えるべきであるとの意見も存在する。解熱剤の一種であるロキソプロフェンは有意ではないものの、平均で風邪の治癒を1日遅らせる。[ja.wikipedia.org] 症状としては鼻水、鼻づまり、喉の痛み、咳などのほか、頭痛、発熱、目の充血がみられることもある。症状は人によって異なり、風邪によっても異なる。風邪を引き起こすのは、通常は呼吸器に存在するウイルスで抗生物質が効かないため、ほかに有望な 治療 法がないかどうかは、公衆衛生の観点から大いに関心を持たれている。[cochrane.org] 発熱や痛みに対して グレードC1 (やっても良い) これらの症状に対して、患者さんの苦痛が強い場合に以下の薬剤が投与されますが、基本的には頓用で使います。 成人:酸性非ステロイド系抗炎症薬 小児:アセトアミノフェン(非ピリン系) 2.[ebm.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 急性胃腸炎

    下痢、嘔吐、腹痛が主な症状で、発熱および倦怠感を伴うこともある。一般的に、ウイルス性胃腸炎では嘔吐が激しく、細菌性腸炎では下痢が激しくなる傾向にある。 下痢はウイルス性胃腸炎の場合は水溶便であることがほとんどだが、腸管出血性大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター等の細菌が原因の場合は血便となることがしばしばある。[ja.wikipedia.org] 関節などの痛みや高熱を伴う場合もあり、発熱性過換気症候群を併発したケースもある。咳や鼻水を主たる症状とした、一般的な風邪とは異なり、重症となり入院するケースは少ない。入院した場合には、通常の点滴による水分補給及びビタミン点滴による栄養補給を行い原則として絶食する。絶食によって腸管を休ませることが最大の治療であり、風邪と同じく特効薬はない。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 急性気管支炎

    発熱(軽度)、全身倦怠感、頭が重い等の症状を併発することも多い。また、激しい咳が出る場合は腹部の筋肉痛を訴えることもある。 白血球増加 CRP試験陽性ただし、胸部X線に異常所見は見られない。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • アデノウイルス感染症

    最もよくみられる(特に小児)症候群は発熱であり,39 を超え,5日間以上続く傾向がある。 咽頭痛,咳嗽,鼻漏,その他の呼吸器症状を来すことがある。個別に起こる症候群としては,結膜炎,咽頭炎,および発熱(咽頭結膜熱)がある。乳児におけるまれなアデノウイルス症候群には,重度の細気管支炎( 細気管支炎 )や肺炎などがある。[msdmanuals.com] 発熱、結膜炎、喉の腫れの3つの症状は、必ずしも同時に現れない。眼に永続的な障害を残すことは通常はない。生後14日以内の感染は重症化しやすく全身の感染症になる。 ウイルスは感染力が非常に強く、口、鼻、喉、目の結膜から体内に入り感染する。一般的には乳幼児が多く感染する。[ja.wikipedia.org] A1 アデノウイルスの感染により、発熱(38 39度)、のどの痛み、結膜炎といった症状を来す、小児に多い病気です。 プールでの接触やタオルの共用により感染することもあるので、プール熱と呼ばれることもあります。 通常、6月ころから徐々に流行しはじめ、7 8月にピークとなります。 Q2 咽頭結膜熱にかからないためにはどうすればいいのですか。[mhlw.go.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 尿路感染症

    臨床的には、発熱を伴う尿路感染症が上部尿路感染症を疑わせる。 急性腎盂腎炎 急性巣状細菌性腎炎 下部尿路感染症とは、膀胱以下の尿路の感染症である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿路感染症が頻度が高く、重要である。年齢層によって起炎菌となる細菌は異なってくる。[ja.wikipedia.org] 発熱 発熱を伴う場合、上部尿路感染症を示唆する。 腰背部痛 腰・背中の鈍痛。強いときには腹痛も伴うことがある。背中の中央を軽くたたくだけでも、響くような痛みがある。これも上部尿路感染症を示唆する。 頻尿 尿が少ししかたまっていなくても排尿したくなる。膀胱炎に特徴的。 排尿痛 排尿時に、焼け付くような痛みがある。[ja.wikipedia.org] 小児の尿路感染症は「かぜ症状」を伴わない発熱として認識されることが多く、抗菌薬の投与で解熱しやすいため、尿路感染症の診断がなされないまま治癒している例も相当数存在していると考えられる。 10歳以上の年齢では、女性は男性よりも数倍頻度が高い。これは、男性の尿道が女性よりも長く、狭窄部位があるために、細菌が上行しにくいためである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • ウイルス性上気道感染症
    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状

類似した症状