Create issue ticket

考えれる39県の原因 性感染症に対する陽性検査, 肝腫大

  • B型肝炎ウイルス

    ときに,,腹水,および高ビリルビン血症(主に抱合型ビリルビン)を伴う重症感染症となる。まれに,劇症化して致死的となることもある。母親がB型肝炎の慢性キャリアである新生児では,劇症化の頻度が高くなる。[msdmanuals.com]

  • C型肝炎

    抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org]

  • トキソプラズマ感染症

    妊娠しようと考えているひとは、トキソプラズマの血液検査を受けましょう。トキソプラズマが陽性であれば、胎児が感染して先天トキソプラズマを起こす心配はありません。トキソプラズマが陰性であれば、トキソプラズマに感染するのを防ぐためにしっかりした注意が必要です。 すでに妊娠している人は、産婦人科の主治医に相談しましょう。[city.yokohama.lg.jp] 羊水検査で胎内感染と診断された症例では、胎児胎盤間における駆虫効果がアセチルスピラマイシンよりも強いファンシダール (R) (ピリメタミン25mg、スルファドキシン500mg)に変更し(初日1回2錠、翌日から1回1錠)、定期的に胎児異常(脳室拡大や脳内石灰化、、腹水、羊水過多など)の有無をチェックします。[jaog.or.jp] もし妊娠前にトキソプラズマの検査をする機会があり、そこで抗体が陽性であれば、既にトキソプラズマに慢性感染しているため、先天トキソプラズマを起こす危険はほとんどありません。一方、抗体が陰性の場合は妊娠中にトキソプラズマに感染しないよう、徹底した予防が必要になります。 トキソプラズマ症の症状は?[news.goo.ne.jp]

  • 伝染性単核球症

    重要なのは,異種親和抗体検査は,一部の急性HIV感染患者で偽陽性となる可能があることである。異種親和性抗体の力価および保有率は疾患の第2および第3週目に上昇する。したがって,この疾患が強く疑われるものの異種親和性抗体検査が陰性の場合は,発症の7 10日後に検査を繰り返すことが妥当である。[msdmanuals.com] 、黄疸、脾破裂などの合併症を生じることがある。 EBVは唾液中に排出され、密な接触を介してヒトからヒトへと感染する。成人では90 95%が抗体陽性で既感染である。[clinicalsup.jp] 感染細胞の核内に陽性シグナルが見られる。 病理組織以外の検出診断法 伝染単核球では血清抗体検査(EA-IgG、 VCA-IgM、 VCA-IgG、EBNA-IgG抗体)が重要である。他に PCR,サザンブロット法など。 参考文献等 ダコ社による EBER ISH の解説。[www0.nih.go.jp]

  • 肺性心

    2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症 それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症 心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症 腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp] 所見には,末梢浮腫,頸静脈怒張,,胸骨近傍の挙上などがある。診断は臨床的に行い,心エコー検査による。治療は原因に対して行う。 肺性心は肺またはその血管系の障害により生じるもので,左室不全,先天性心疾患(例,心室中隔欠損症),または後天性弁膜症に続発した右室拡大は肺性心とは呼ばない。[msdmanuals.com] そのほかチアノーゼ、浮腫、、頸静脈怒張、胸痛などの症状を呈する。右心カテーテルにて肺動脈楔入圧の上昇を認めず(10mmHg以下)、かつ平均肺動脈圧が上昇しており(20mmHg以上)、右心負荷所見を認めれば確定診断できる。[med.toaeiyo.co.jp]

  • 上行性胆管炎

    感染症は必ずしも急性胆嚢炎の助長因子とはされていないが、20-50%に感染が関連すると推測される。症候胆嚢炎患者では、胆道系の培養検査で46%が胆汁培養陽性であるが、非急性胆嚢炎症例は、22%でのみ陽性である。*裏を返せば、発熱の無い胆管疝痛発作症例で胆道培養を採取しても菌は陽性となる。必ずしも化膿性とは言えない。[blog.livedoor.jp] *一般的に日齢の進んだ症例ではがありの硬度も高度、日齢が若い症例ではは軽度であり硬度も進行していない。しかし、日齢が早くてもの硬度が高度な症例がある(出生前から完全肝外胆道閉鎖が完成し、胆汁性肝硬変が進行したと推測されている)。 * 母乳性黄疸及び特発性乳児ビタミンK欠乏症等との鑑別診断が重要である。[jspghan.org] 機能項目(高脂血症とくにT-Choの増加、NH3、TBAは多くで正常)。X線()。超音波(び慢性高エコー)。確定診断は病理組織と除外診断に基づいて行われるが、細胞診でも十分な診断価値がある。 9.胆嚢炎 病態:急性、慢性、壊死性、気腫性に分けられる。[tabaru.9syu.net]

  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症

    2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症:それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症:心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症:腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp] 低酸素血症の進行に伴い、チアノーゼ、右心不全症状を来たすと、腹部膨満感や体重増加、下腿浮腫、、などがみられる。下肢の深部静脈血栓症を合併する症例では、下肢の腫脹や疼痛が認められる。 4. 主な治療法 原則として血栓再発予防と二次血栓形成予防のための抗凝固療法が選択される。[kitakyushu-shogai.net] また, 右心不全症状を合併すると, および季肋部の圧痛, 下腿浮腫なども認められるようになる. 聴診所見では肺高血圧の進展に伴い, II音肺動脈成分の亢進および三尖弁逆流による収縮期心雑音が聴取されることが多い。[m.chiba-u.ac.jp]

  • 肺動脈高血圧症

    2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症 それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症 心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症 腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp] 主な症状 自覚症状 労作時息切れ、易疲労感・胸痛・失神、動悸・咳嗽・喀血、右心不全を伴うと:腹部膨満感・食欲不振、下腿浮腫 身体所見 IIp亢進、傍胸骨拍動、胸骨左縁下部での汎収縮期雑音、胸骨左縁での拡張早期雑音、右心性IV音、右心不全を伴うと:頸静脈怒張、右心性III音、、腹水 肺高血圧症の分類 再改訂版肺高血圧症臨床分類(ニース分類[md.tsukuba.ac.jp] 血液検査でHIVが陽性か否かをチェック 6) 薬剤誘発性の肺動脈性肺高血圧症 服薬歴をチェック 7) 左心系疾患による肺高血圧症 心臓エコー検査で左心系疾患をチェック 8) 呼吸器疾患及び/又は低酸素血症による肺高血圧症 呼吸器疾患が基礎疾患としてあるか否かをチェック。[irdph.jp]

  • バルトネラ感染症

    日本では急性ライム病以外で、検査に回してもらえる可能は非常に少ないと言えます。 たとえ、ライム病と共感染の血液検査陽性であっても、急性期ライム病以降の治療後ライム病症候群、慢性期ライム病患者の患者の存在を認識し、治療できる医師が日本にはいません。(もし、ご存知でしたら、情報をいただけると助かります。)[markhouse-projects.com]

  • 急性肺性心

    2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症:それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症:心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症:腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp] 所見には,末梢浮腫,頸静脈怒張,,胸骨近傍の挙上などがある。診断は臨床的に行い,心エコー検査による。治療は原因に対して行う。 肺性心は肺またはその血管系の障害により生じるもので,左室不全,先天性心疾患(例,心室中隔欠損症),または後天性弁膜症に続発した右室拡大は肺性心とは呼ばない。[msdmanuals.com] そのほかチアノーゼ、浮腫、、頸静脈怒張、胸痛などの症状を呈する。右心カテーテルにて肺動脈楔入圧の上昇を認めず(10mmHg以下)、かつ平均肺動脈圧が上昇しており(20mmHg以上)、右心負荷所見を認めれば確定診断できる。[med.toaeiyo.co.jp]

さらなる症状

類似した症状