Create issue ticket

考えれる120県の原因 性感染症に対する陽性検査, 肝脾腫

  • 梅毒

    先天梅毒では、生後まもなく皮膚病変、、骨軟骨炎などが認められるものを早期先天梅毒と称する。乳幼児期は症状を呈さず、学童期以降Hutchinson3徴候(実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson歯)を呈するものを晩期先天梅毒という。 検査と治療:梅毒の起因菌である T. pallidum は培養ができない。[nih.go.jp] 生後まもなく水疱性発疹、斑状発疹,丘疹状の皮膚病変に加え、鼻閉、全身性リンパ節腫脹、、骨軟骨炎、などの症状が認められる。 晩期先天梅毒では、乳幼児期は症状を示さずに経過し、学童期以後にHutchinson3徴候(実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson歯)などの症状を呈する。[niid.go.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    平成16年8月5日 健康増進課感染症・難病担当 担当 森屋・山下 内線 1839 直通 0952-25-7075 E ― mail kenkouzoushin @ pref.saga.lg.jp 保育所における B 型肝炎集団発生調査報告書について 今般、「佐賀県B型肝炎集団発生調査対策委員会」は、当該保育所における感染拡大の防止を確認するとともに、再発防止策を取りまとめたことから、公表します。 【ポイント】 B 型肝炎の感染経路は、従来の知見では、直接に患者の血液、粘液、分泌液に接触する行為(母子感染、性行為、医療行為等)と考えられていたが、今回の事例では、[…][kansen.pref.saga.jp]

  • C型肝炎

    抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org]

  • トキソプラズマ感染症

    妊娠しようと考えているひとは、トキソプラズマの血液検査を受けましょう。トキソプラズマが陽性であれば、胎児が感染して先天トキソプラズマを起こす心配はありません。トキソプラズマが陰性であれば、トキソプラズマに感染するのを防ぐためにしっかりした注意が必要です。 すでに妊娠している人は、産婦人科の主治医に相談しましょう。[city.yokohama.lg.jp] ほとんどの症例において母体は免疫能正常で無症状ですが、妊娠中の初感染の約30%が経胎盤感染し、数%から20%に典型的な先天性トキソプラズマ症状(顕性感染:胎内死亡、流産、網脈絡膜炎、小眼球症、水頭症、小頭症、脳内石灰化像、など)を発症します。[jaog.or.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    および腫大が生じる。希に舌炎。 消化管症状は食欲不振、便秘、および限局性に乏しい腹痛。 神経症状は、思考力の低下やうつ病、興奮、情緒不安定(イライラ)などの性格の変化がある。 痺れ、反射の変化、味覚症害、 心機能低下、生殖率低下などがある。子供にみられる症状は成長障害、 発達障害、運動障害などがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 伝染性単核球症

    が強い例では、腹部への衝撃により脾破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染性単核球症それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org] 年長児から青年期、あるいはそれ以上の年齢で初感染した場合、発熱・全身倦怠感のほか、口蓋扁桃の発赤腫脹・咽頭痛、アデノイド腫脹による鼻閉、全身特に頚部のリンパ節腫脹、がみられる。発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。[ja.wikipedia.org] 多くの症例でを伴うため、トランスアミナーゼ(AST, ALT)が上昇する。そのため、肝炎を疑われる場合も多い。 ポール・バンネル反応:伝染性単核球症患者に現れる異好抗体であるPaul-Bannell抗体を用いた検査法。近年は抗体価測定が発達したため臨床的意義は低下している。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 慢性アルコール依存症
    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 心筋疾患

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 特発性拡張型心筋症(指定難病57) とくはつせいかくちょうがたしんきんしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.「特発性拡張型心筋症」とはどのような病気ですか 心臓は収縮・拡張を交互に繰り返すことで全身に血液を送り届けるポンプとしての役割を果たしていますが,特発性拡張型心筋症 (以下,拡張型心筋症) は,心臓 (特に左心室) の筋肉の収縮する能力が低下し、左心室が拡張してしまう病気です (図1)。心臓の病気の中には,高血圧,弁膜症,心筋 梗塞 などが原因で,見た目は拡張型心筋症と同じような心臓の異常を起こしてしまうケース[…][nanbyou.or.jp]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • ヘモクロマトーシス
    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 慢性リンパ性白血病

    病期分類でリンパ球の増加のみである低リスク (Rai分類)や病期A (Binet分類)では投薬は行わず経過観察を行い、病期が進み、リンパ節大や、貧血、血小板減少などがあらわれてくる中間リスク (Rai分類)や病期B (Binet分類)以上の病期になったときに投薬治療が始められることが多い [10] 。[ja.wikipedia.org] さらに白血病が進行し、各臓器への白血病細胞の浸潤があると、各臓器が傷害あるいは張し圧迫されてさまざまな症状がありうる。腫瘍熱、骨痛、歯肉腫脹、、リンパ節腫脹、皮膚病変などや、白血病細胞が中枢神経に浸潤すると頭痛や意識障害などの様々な神経症状も起こりうる。[ja.wikipedia.org] リンパ球が末梢血で5000/μl以上および骨髄の有核細胞の30%以上 10年以上 中間リスク Ⅰ 病期0の条件に加えてリンパ節大 7年 Ⅱ 病期0の条件に加えてまたは腫 7年 高リスク Ⅲ 病期0の条件に加えて貧血(Hgが11g/dl以下) 1.5-4 Ⅳ 病期0の条件に加えて血小板減少(10万/dl以下) 1.5-4 Binet分類[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査

さらなる症状