Create issue ticket

考えれる33県の原因 性感染症に対する陽性検査, 肝脾腫

  • 梅毒

    先天梅毒では、生後まもなく皮膚病変、、骨軟骨炎などが認められるものを早期先天梅毒と称する。乳幼児期は症状を呈さず、学童期以降Hutchinson3徴候(実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson歯)を呈するものを晩期先天梅毒という。 検査と治療:梅毒の起因菌である T. pallidum は培養ができない。[nih.go.jp] 生後まもなく水疱性発疹、斑状発疹,丘疹状の皮膚病変に加え、鼻閉、全身性リンパ節腫脹、、骨軟骨炎、などの症状が認められる。 晩期先天梅毒では、乳幼児期は症状を示さずに経過し、学童期以後にHutchinson3徴候(実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson歯)などの症状を呈する。[niid.go.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年9月 ) B型肝炎ウイルス (Bがたかんえんウイルス、Hepatitis B Virus)は、 ヘパドナウイルス科 オルソヘパドナウイルス属 に属する DNAウイルス である。 B型肝炎 の原因ウイルスである。略してHBVと呼ばれる。 歴史 [ 編集 ] 記録では 1883年 にドイツのLurmanによって最初の報告がなされている。 1964年 にアメリカの バルーク・サミュエル・ブランバーグ らにより、 オーストラリア[…][ja.wikipedia.org]

  • C型肝炎

    抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org]

  • 伝染性単核球症

    が強い例では、腹部への衝撃により脾破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染性単核球症それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org] 重要なのは,異種親和抗体検査は,一部の急性HIV感染患者で偽陽性となる可能があることである。異種親和性抗体の力価および保有率は疾患の第2および第3週目に上昇する。したがって,この疾患が強く疑われるものの異種親和性抗体検査が陰性の場合は,発症の7 10日後に検査を繰り返すことが妥当である。[msdmanuals.com] 感染細胞の核内に陽性シグナルが見られる。 病理組織以外の検出診断法 伝染単核球では血清抗体検査(EA-IgG、 VCA-IgM、 VCA-IgG、EBNA-IgG抗体)が重要である。他に PCR,サザンブロット法など。 参考文献等 ダコ社による EBER ISH の解説。[www0.nih.go.jp]

  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症

    2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症:それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症:心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症:腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp] :血液検査でHIVが陽性か否かをチェック 6) 薬剤誘発性の肺動脈性肺高血圧症:服薬歴をチェック 7) 左心系疾患による肺高血圧症:心臓エコー検査で左心系疾患をチェック 8) 呼吸器疾患及び/又は低酸素血症による肺高血圧症:呼吸器疾患が基礎疾患としてあるか否かをチェック 9) 慢性血栓塞栓性肺高血圧症:肺血流スキャンで、区域性欠損があるか否[irdph.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    ほとんどの症例において母体は免疫能正常で無症状ですが、妊娠中の初感染の約30%が経胎盤感染し、数%から20%に典型的な先天性トキソプラズマ症状(顕性感染:胎内死亡、流産、網脈絡膜炎、小眼球症、水頭症、小頭症、脳内石灰化像、など)を発症します。[jaog.or.jp] 妊娠しようと考えているひとは、トキソプラズマの血液検査を受けましょう。トキソプラズマが陽性であれば、胎児が感染して先天トキソプラズマを起こす心配はありません。トキソプラズマが陰性であれば、トキソプラズマに感染するのを防ぐためにしっかりした注意が必要です。 すでに妊娠している人は、産婦人科の主治医に相談しましょう。[city.yokohama.lg.jp] 新生児期に低体重や、血小板減少などの先天感染症状がみられることがある。 近年、免疫を持たない母体が増えてきている。 ワクチンがなく、予防接種ができない疾患がある。 日常生活での感染予防が大切である。 この中で、日常生活で比較的遭遇しやすいものに、トキソプラズマ、 サイトメガロ、パルボウイルスB19(リンゴ病)があります。[sawaragi-hosp.jp]

  • 卵管炎

    抗原検査は、現在、子宮頸管に感染しているかどうかがわかります。 クラミジア感染の治療 抗原検査陽性であれば、抗菌薬の投与で治癒します。 ただし、感染のひとつといわれておりますので、パートナーである男性も一緒に治療します。 クラミジア感染による不妊の治療について 不妊症の初診時検査として、採血による血液中のクラミジア抗体を調べます。[yaegaki-lc.jp] 3大症状以外の症状には、網膜症、、血小板減少、糖尿病、発育遅滞、精神発達遅滞、小眼球など多岐にわたっています。 妊娠を考えているご夫婦は風疹抗体検査をおすすめします。抗体がない、あるいは抗体が十分でない場合には、ワクチン接種が勧められます。なお、風疹ワクチン接種後2か月間は避妊が必要となります。[ginzakounotori.com]

  • 下部尿路感染症

    乳幼児では大腸菌の産生する細菌毒素により、黄疸、顔色不良などの症状も出現します。 上部尿路感染症の小児では尿路異常が合併することが少なくありません。特に腎盂腎炎では膀胱尿管逆流(排尿時に膀胱に入っていた尿が尿管や腎盂に逆流してしまう現象)や水腎症(腎盂尿管移行部が狭くなり腎盂が拡大する状態)がないかを必ず調べることが必要です。[glico.co.jp] 感受 検査を行い、有効な抗菌薬を判定する。上部尿路感染では、血液培養が陽性となることもある。 排尿時膀胱造影 経過から複雑尿路感染症が疑われる場合に行われるが、小児ではすべての上部尿路感染症患児に行っている施設もある。膀胱内に造影剤を注入し、膀胱尿管逆流 (VUR) の有無を調べる。[ja.wikipedia.org] 身体所見 :体温38.5 ,心拍数120,呼吸数25,血圧100/60.全身状態:きつそうである.頭頸部:異常なし.心臓:I・II音正常,雑音なし.胸部:肺胞呼吸音,ラ音なし.腹部:平坦・軟,右背部(肋骨脊椎角部)の叩打痛,腹部触診にて筋性防御はなく下腹部の軽度圧痛あり,なし,四肢:皮疹なし.尿バルーン内は混濁尿を認める.[igaku-shoin.co.jp]

  • 上部尿路感染症

    乳幼児では大腸菌の産生する細菌毒素により、黄疸、顔色不良などの症状も出現します。 上部尿路感染症の小児では尿路異常が合併することが少なくありません。特に腎盂腎炎では膀胱尿管逆流(排尿時に膀胱に入っていた尿が尿管や腎盂に逆流してしまう現象)や水腎症(腎盂尿管移行部が狭くなり腎盂が拡大する状態)がないかを必ず調べることが必要です。[glico.co.jp] 感受 検査を行い、有効な抗菌薬を判定する。上部尿路感染では、血液培養が陽性となることもある。 排尿時膀胱造影 経過から複雑尿路感染症が疑われる場合に行われるが、小児ではすべての上部尿路感染症患児に行っている施設もある。膀胱内に造影剤を注入し、膀胱尿管逆流 (VUR) の有無を調べる。[ja.wikipedia.org] 身体所見 :体温38.5 ,心拍数120,呼吸数25,血圧100/60.全身状態:きつそうである.頭頸部:異常なし.心臓:I・II音正常,雑音なし.胸部:肺胞呼吸音,ラ音なし.腹部:平坦・軟,右背部(肋骨脊椎角部)の叩打痛,腹部触診にて筋性防御はなく下腹部の軽度圧痛あり,なし,四肢:皮疹なし.尿バルーン内は混濁尿を認める.[igaku-shoin.co.jp]

  • 上行性胆管炎

    感染症は必ずしも急性胆嚢炎の助長因子とはされていないが、20-50%に感染が関連すると推測される。症候胆嚢炎患者では、胆道系の培養検査で46%が胆汁培養陽性であるが、非急性胆嚢炎症例は、22%でのみ陽性である。*裏を返せば、発熱の無い胆管疝痛発作症例で胆道培養を採取しても菌は陽性となる。必ずしも化膿性とは言えない。[blog.livedoor.jp] *一般的に日齢の進んだ症例では大がありの硬度も高度、日齢が若い症例では大は軽度であり硬度も進行していない。しかし、日齢が早くても大やの硬度が高度な症例がある(出生前から完全肝外胆道閉鎖が完成し、胆汁性肝硬変が進行したと推測されている)。 * 母乳性黄疸及び特発性乳児ビタミンK欠乏症等との鑑別診断が重要である。[jspghan.org] 一部の患者では,晩期まで無症状のまま経過し,最初にや肝硬変を訴えて受診する場合もある。PSCは緩徐ながら着実に進行する傾向がある。末期には非代償性肝硬変,門脈圧亢進症,腹水,および肝不全を来す。診断から肝不全に至るまでの期間は約12年である。[msdmanuals.com]

さらなる症状