Create issue ticket

考えれる48県の原因 性感染症に対する陽性検査, 肝細胞癌

  • B型肝炎ウイルス

    障害 ALT・AST 線維化 IV型コラーゲン・ヒアルロン酸など 機能 血小板(Plt)、プロトロンビン時間(PT)、アルブミン (Alb)、コリンエステラーゼ (ChE) など 細胞の腫瘍マーカー AFP、AFP-L3、PIVKA-II、 以下の画像検査によって、慢性肝炎 肝硬変・細胞の発生を評価していく。[ja.wikipedia.org] C型肝炎と異なり、B型肝炎では肝硬変を経ずに細胞の発症が見られる。無症候性キャリアであっても発症することもある。 B型肝炎の感染経路は、主にB型肝炎に感染している母親から出産時の子への感染(母子感染。[ja.wikipedia.org] 慢性B型肝炎 B型肝炎ウイルスが増殖し、血液検査においてALT高値持続認め、障害を呈している状態。肝硬変への移行・細胞の発症を生じてくる。 稀に、HBs抗原陰性・HBs抗体陽性となる場合もあり(HBsセロコンバージョン:HBs seroconversionという)、予後良好である。[ja.wikipedia.org]

  • C型肝炎

    ALT高値が持続する慢性肝炎の状態を5〜10年以上経過することで、その後肝硬変への移行・細胞発症となってくる。慢性肝炎持続の場合、約60パーセントが肝硬変へと進展し、肝硬変後は年間7 - 8パーセントが細胞を発症する。肝硬変に至る前は細胞への発症率は低い。[ja.wikipedia.org] 抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性障害や細胞の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren[doi.org] 障害 ALT・AST 線維化 IV型コラーゲン・ヒアルロン酸など 機能 血小板 (Plt)、プロトロンビン時間 (PT)、アルブミン (Alb)、コリンエステラーゼ (ChE) など 細胞の腫瘍マーカー AFP、AFP-L3、PIVKA-II:これらは肝炎マーカーではないが、スクリーニングのため、上記検査と同時に行われることが[ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    代表的な原因 糖尿病治療薬、ペンタミジン、キニーネなどによる薬剤性 副腎不全(副腎皮質ホルモン剤の急な中止など) インスリン産生腫瘍(インスリノーマなど) 細胞はそれそのものがインスリン様物質(IGF-II)を産生し、低血糖症の原因となることがある(腫瘍随伴症候群) 肝不全 重篤な慢性疾患(癌など何でも) 自己免疫性低血糖(インスリン・インスリン[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 慢性アルコール依存症
    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 大腸炎

    黄疸、肝炎、肝硬変、門脈圧亢進症、細胞、ヘモクロマトーシス、ウィルソン病、NASH、脂肪、バンチ症候群、バッド・キアリ症候群、原発性胆汁性胆管炎、自己免疫性肝炎、アルコール性障害。 胆石症、胆管細胞、胆嚢炎、胆管炎、原発性硬化性胆管炎。 膵炎、膵臓癌。 消化器学領域で行われる検査は以下の通り。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 肝硬変

    トップ No.4702 質疑応答 プロからプロへ 脂肪の肝硬変・細胞への進展 【Q】 脂肪患者には肝硬変,細胞に進展しやすい人とそうではない人がいます。進展しやすい人を見わける目安はありますか。また,経過観察はどのようにすればよいでしょうか。ご回答は久留米大学・川口 巧先生に。[jmedj.co.jp] 肝硬変にはしばしば細胞が合併するが、造影剤を用いたダイナミックCT・MRI検査や超音波ドップラー法などで、癌組織内の血流を評価する検査が癌の診断に有用である。 残存肝機能の程度を評価するものとして以下の 「hild-Pugh分類」または「肝障害度分類」が一般的に用いられている。[ja.wikipedia.org] このように,FIB-4 indexを指標として線維化進展例を早期に発見することがNAFLD患者の経過観察において重要と考えられます。 細胞はNAFLDの重要な合併症であり,定期的な腫瘍マーカー検査と画像検査が必要です。[jmedj.co.jp]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • ヘモクロマトーシス
    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 門脈性肝硬変
    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 原発性胆汁性肝硬変

    に径22 mm大の細胞(HCC)を認めたため,SLEの加療として経口プレドニン20 mgを開始し汎血球減少症,心膜炎の改善を得た後,2010年1月に肝動脈塞栓術およびラジオ波焼灼療法を施行した.術後経過良好で現在経過観察中である.今回,我々はPBCの経過観察中にSLEを発症し,さらにHCCの発生も認めた,稀少かつ示唆に富む高齢のPBC症例[jstage.jst.go.jp] 肝硬変や細胞へと進行する恐れがある。頻度としてはC型肝炎が最も多いが、鑑別として、AST、ALTといったトランスアミナーゼ上昇が目立つ場合は自己免疫性肝炎、ALP、γ-GTPといった胆道系酵素が目立つ場合は原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎を疑うべきである。[ja.wikipedia.org] ,肝生検を含めた精査にて原発性胆汁性肝硬変(PBC)と診断した.その後,経過観察中の2009年9月まで徐々に汎血球減少が進行し,心嚢水貯留が出現した.抗核抗体が高値で,2本鎖抗DNA抗体が陽性であり,米国リウマチ学会の全身性エリテマトーデス(SLE)診断基準の11項目中4項目に合致し,SLEと診断した.さらに,2009年10月の腹部CTでS2[jstage.jst.go.jp]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 悪性血管内皮腫

    子宮頸部扁平上皮 - ヒトパピローマウイルス16型、18型(HPV-16, 18) バーキットリンパ腫、咽頭、胃癌 - EBウイルス(EBV) 成人T細胞白血病 - ヒトTリンパ球好性ウイルス 細胞 - B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV) カポジ肉腫 - ヒトヘルペスウイルス8型(HHV-8) 胃癌および胃MALT[ja.wikipedia.org] 細胞 - 肝臓 胆嚢癌 胆管癌 膵臓がん(膵がん) 副腎癌 消化管間質腫瘍(GIST) 中皮腫 - 胸膜、腹膜、心膜など 頭頚部癌 喉頭癌 口腔癌 口腔底癌 歯肉癌 舌癌 頬粘膜癌 唾液腺癌 副鼻腔癌 上顎洞癌 前頭洞癌 篩骨洞癌 蝶型骨洞癌 甲状腺癌 腎臓がん 肺癌 骨肉腫 - 骨など ユーイング肉腫 軟骨肉腫 前立腺癌 精巣腫瘍[ja.wikipedia.org] 幼児期がんを次に示す:(概ね発生頻度順、「がん」・「癌」は明確に癌腫の場合は「〜」、疾患名の場合は「〜がん」とした) 神経芽細胞腫 白血病 中枢神経がん ウィルムス腫瘍 生殖細胞がん 軟組織肉腫 がん - 肝芽腫 リンパ腫 上皮性がん 小児脳幹部グリオーマ 悪性腫瘍が生じるしくみについては様々な説明がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査

さらなる症状

類似した症状