Create issue ticket

考えれる59県の原因 性感染症に対する陽性検査, 筋肉痛

  • B型肝炎ウイルス

    IFN療法を行うと開始当初にインフルエンザにかかったときのような38度を超える発熱・全身倦怠感・関節筋肉は必発です。ただしこれらの副作用はIFNを継続して投与していくと徐々に落ち着き、数週後には多くの人では出現しなくなります。また白血球、赤血球、血小板の低下が起こります。これはIFNが血球を作る骨髄の働きを抑えるためです。[kanen.ncgm.go.jp] B型肝炎ワクチン接種の副作用としては、5%以下の確率で、発熱、発疹、局所の疼痛、かゆみ、腫脹、硬結、発赤、吐き気、下痢、食欲不振、頭痛、倦怠感、関節筋肉、手の脱力感などが見られる。いずれも数日で回復する。ワクチン成分(酵母)に対するアレルギー反応がある人はHBIGを選択するが、予防効果は短期間である。[niid.go.jp]

  • C型肝炎

    抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org]

  • トキソプラズマ感染症

    妊娠しようと考えているひとは、トキソプラズマの血液検査を受けましょう。トキソプラズマが陽性であれば、胎児が感染して先天トキソプラズマを起こす心配はありません。トキソプラズマが陰性であれば、トキソプラズマに感染するのを防ぐためにしっかりした注意が必要です。 すでに妊娠している人は、産婦人科の主治医に相談しましょう。[city.yokohama.lg.jp] もし妊娠前にトキソプラズマの検査をする機会があり、そこで抗体が陽性であれば、既にトキソプラズマに慢性感染しているため、先天トキソプラズマを起こす危険はほとんどありません。一方、抗体が陰性の場合は妊娠中にトキソプラズマに感染しないよう、徹底した予防が必要になります。 トキソプラズマ症の症状は?[news.goo.ne.jp] 残り2割程度では、リンパ節の腫れや発熱・筋肉・疲労感が続く亜急性症状が出て、そのあと緩やかに(1ヶ月程度で)回復する。この間、患者は単球が増加しており、伝染性単核球症と似た徴候を示す。普通は治療の必要がない場合が多い。しかし、まれに急性症状を示す患者がいる。[ja.wikipedia.org]

  • HIV感染症

    妊婦のスクリーニング検査では、結果が「陽性」でも、大半が「偽陽性」です。スクリーニング検査で「陽性」の場合は、必ず確認検査を実施し、陽性か非陽性かを確定する必要があります。 後天免疫不全症候群(HIV感染を含む)は、5類感染症全数把握疾患に定められており、診断した医師は7日以内に最寄の保健所に届け出る必要があります。[city.yokohama.lg.jp] HIV感染後のウイルスマーカーの推移 症状 急性期(感染初期:感染後2週間 3ヶ月): 発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉などの風邪やインフルエンザのような症状が出る場合があります。これらの症状は数週間でなくなり、次の無症候期へ移行します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 症状 急性期 HIVに感染して2 4週間経過すると、発熱、咽頭筋肉など、インフルエンザ様の症状が出てきます。これらの症状は多くの場合、自然に消えます。 また、無症状のこともあります。 無症候期 体の免疫力で、ウイルス量はある一定のレベルまで減少したところで安定し、その後、数年 10数年程度は症状がなく経過します。[fukushihoken.metro.tokyo.jp]

  • 梅毒

    抗生剤により治療 1) アモキシシリン :4週間以上内服 2) ミノマイシン :同上 3) エリスロマイシン :同上 ※治療開始後、数時間 数日以内に発熱、悪寒、筋肉、頭痛、リンパ節の腫大などが出現することがある(Jarish-Herxheime反応)が、急激なTPの死滅が原因であり安静で軽快するため、梅毒の治療はそのまま続ける。[y-cn.jp]

  • ライム病

    日本では急性ライム病以外で、検査に回してもらえる可能は非常に少ないと言えます。 たとえ、ライム病と共感染の血液検査陽性であっても、急性期ライム病以降の治療後ライム病症候群、慢性期ライム病患者の患者の存在を認識し、治療できる医師が日本にはいません。(もし、ご存知でしたら、情報をいただけると助かります。)[markhouse-projects.com] 時に頭痛、筋肉、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)など様々な症状を引き起こします。重症化し、死亡することもあります。[kansen-wakayama.jp] 全身疲労・発熱・筋肉・関節などを伴うことがあり、この初期状態は4週間ほど続く。放置すると 病原菌 が全身に広がり、神経症状・ 心疾患 ・筋肉炎など多彩な症状が見られるようになる(播種(はしゅ)期)。さらに数カ月から数年放置すると慢性期に至り、上記の症状に加え重度の皮膚症状・ 関節炎 などを起こすようになる。治療には 抗菌薬 を用いる。[kotobank.jp]

  • ウイルス血症

    妊婦のスクリーニング検査では、結果が「陽性」でも、大半が「偽陽性」です。スクリーニング検査で「陽性」の場合は、必ず確認検査を実施し、陽性か非陽性かを確定する必要があります。 後天免疫不全症候群(HIV感染を含む)は、5類感染症全数把握疾患に定められており、診断した医師は7日以内に最寄の保健所に届け出る必要があります。[city.yokohama.lg.jp] 帰国した翌日,眼筋肉・微熱を発症し,2日目には発疹が出現した。発症4週後とその後の血清学的検査でZIKVに対するIgG及びIgM抗体が両方陽性となり,急性あるいは最近のZIKV感染と矛盾しない結果であった。 妊娠13,16,17週目(症状消失後1,4,5週目)に胎児超音波検査が行われたが,小頭症や頭蓋内石灰化は認められなかった。[ds-pharma.jp] への渡航歴 ・ 臨床症状:発熱、頭痛、筋肉、発疹、筋力低下、意識障害 ・ ウエストナイルウイルスが血液あるいは脳脊髄液から分離される。[med.or.jp]

  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    、抗核抗体陽性、抗dsDNA抗体陽性)、ウイルス感染(帯状疱疹、単純ヘルペス、インフルエンザ様疾患、インフルエンザ、口腔ヘルペス) 食道カンジダ、蜂巣炎、ヘリコバクター感染感染骨膜炎、結核菌群検査陽性、口腔カンジダ、細菌関節炎 膿瘍、免疫グロブリン増加、爪周囲炎、限局性感染、サイトメガロウイルス抗原陽性、非結核性マイコバクテリア感染[kegg.jp] 症状 発熱、筋肉、関節痛、体重が減るといった症状を示します。また皮膚症状として丘疹、小水疱、結節、潰瘍、紫斑などを呈します。その他、CRP陽性のほか、白血球数増加、赤沈亢進などが検査で示されます。[lalso.com] 関節筋肉も伴い、無気力になります。ときに下痢もします。高熱は2 5日続きます。熱が下がっても、体力・気力が回復するのにはさらに1週間ほどかかることが多いです。 お年寄りや、体の弱っている人、慢性の病気を持っている人などでは、症状が重くなり、肺炎を併発したり、こどもではけいれんや中耳炎などの合併症を起こします。[my-hifuka.com]

  • ダニ麻痺症

    日本では急性ライム病以外で、検査に回してもらえる可能は非常に少ないと言えます。 たとえ、ライム病と共感染の血液検査陽性であっても、急性期ライム病以降の治療後ライム病症候群、慢性期ライム病患者の患者の存在を認識し、治療できる医師が日本にはいません。(もし、ご存知でしたら、情報をいただけると助かります。)[markhouse-projects.com] 12 16日程度(平均15日)の潜伏期の後、発熱、頭痛、悪寒、筋肉、関節痛、全身の倦怠感などの症状の出現が主で、ときに、神経症状(意識障害、痙攣、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全、出血症状(歯肉出血、紫斑、下血)が出現します。[city.hachinohe.aomori.jp] 2 3週間の潜伏期の後に、発熱、頭痛、筋肉、全身倦怠感、呼吸器症状などのインフルエンザ様症状を呈します。発熱は38 40度に及び、2週間程度持続します。 どうやってうつるの? 感染動物の尿、糞、乳汁などに排出されて環境が汚染され、環境中の粉塵やエアロゾルを吸入することで感染します。[city.osaka.lg.jp]

  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症

    2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症:それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症:心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症:腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp] :血液検査でHIVが陽性か否かをチェック 6) 薬剤誘発性の肺動脈性肺高血圧症:服薬歴をチェック 7) 左心系疾患による肺高血圧症:心臓エコー検査で左心系疾患をチェック 8) 呼吸器疾患及び/又は低酸素血症による肺高血圧症:呼吸器疾患が基礎疾患としてあるか否かをチェック 9) 慢性血栓塞栓性肺高血圧症:肺血流スキャンで、区域性欠損があるか否[irdph.jp]

さらなる症状

類似した症状