Create issue ticket

考えれる64県の原因 性交疼痛症

  • 膣炎

    2 子宮内膜 25-55 月経時の疼痛性交痛、 腰痛、排便通。[med.akita-u.ac.jp] 視床下部性 下垂体性 子宮性 症候性 4 卵巣腫瘍 25-55 ホルモン産生腫瘍の場合 5 PCOS 挙児希望 月経不順のあった女性、 ネックレスサイン 下腹部痛 * 子宮外妊娠、流産などの産科疾患、腹膜炎、腸炎、虫垂炎などの消化器疾患、便秘などを鑑別のこと 疾患名 好発年齢 備考 1 卵巣腫瘍 25-55 腫瘍の破綻、茎捻転 (急性腹)[med.akita-u.ac.jp]

  • 外陰炎

    外陰炎とは 外陰部(大陰唇、小陰唇、陰核、膣前庭、会陰など)に炎症が起きることを外陰炎といいます。外陰部のかゆみ、腫れ、痛みなどの症状があらわれ、腟炎と合併しておきることが多いのが特徴です。 外陰炎の原因 通常、外陰部は炎症を起こしにくい部位ですが、何らかの原因で外陰部に傷が付いたり、細菌や他の病原菌などに感染したりすることにより炎症が起きることがあります。 原因としては以下のようなものが考えられます。 【外陰部の不衛生な状態】 通気性の悪い下着 月経時の血液の付着 腟炎によるおりものの付着 など 【外陰部にできた傷】 生理用品や下着による摩擦 性交渉による傷[…][byoinnavi.jp]

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 卵巣嚢胞

    Q5 子宮内膜はどのような症状があらわれるのですか? 不妊症、月経困難、骨盤痛(月経時以外の下腹部痛、腰痛、性交痛、排便痛)などの疼痛が主な症状です。中には、不妊だけでまったく痛みのない人もいますから注意を要します。 Q6 早期発見のポイントはありますか? 子宮内膜症 の自覚症状で最も頻度の高いものが、つらい月経痛です。[is-lady.com]

  • 更年期障害

    「更年期」とは閉経を挟んだ前後約10年間のことを指し、一般的には 45 55歳 くらいになります。この時期は女性ホルモンのひとつ エストロゲン量 が急激に減少し、この突然の変化に体がついていけず起こるのが「更年期障害」と呼ばれる不調です。 「体の不調」 と 「心の不調」 更年期障害は 「女性ホルモン (エストロゲン) の減少」 という体の変化によって引き起こされますが、それ以外にもストレスを感じやすい環境にいると、心身が不安定になり、症状も悪化しがちです。 更年期障害の症状は、のぼせ、めまい、肩こりなどの 「体の不調」 とイライラ、不眠、不安などの 「心の不調」[…][kobayashi-seidaido.co.jp]

  • 膣痙攣

    膣痙攣と混同されやすい性交疼痛 膣痙攣と混同されやすい症状に 性交疼痛 があります。性交疼痛も膣痙攣と同じく性機能不全のひとつですが、性交疼痛はさまざまな原因による性交時の痛みが含まれています。 痛みの原因は婦人科系の病気から性的興奮が不十分など実に幅広く、膣痙攣もその原因のひとつになります。[lovecosmetic.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    骨盤内炎症性疾患(PID)について 子宮や 卵巣 及び卵管などの器官のまわりに 炎症 を起こす病気の総称 お腹の中(腹腔内)の炎症のことで、子宮の炎症より上部の炎症を指す 含まれる疾患(詳細はそれぞれの疾患を参照) 骨盤 腹膜炎 子宮付属器炎 卵管炎 卵巣炎 子宮内膜炎 子宮筋層炎 子宮傍結合組織炎 性 感染症 であるクラミジアと 淋菌 によるものが増えている 特にクラミジアでは、症状のほとんど出ないことがあり注意が必要 性感染症以外の原因として以下が考えられる 子宮内膜 細胞診 の後に 発症 することがある 子宮内避妊器具を交換せずに長期間装着していると、発症することがある[…][medley.life]

  • 尿道炎

    概要 疾患のポイント: 尿道炎とは、パートナーに感染している原因菌が性行為により外尿道口から尿道内に侵入して発症する炎症で、性感染症(sexually transmitted infections、STI)の一種である。 男性の性感染症の年次推移: 図表 淋菌性尿道炎: 感染機会があり2 7日の潜伏期間の後、急激に発症し、強い排尿痛、多量の膿性尿道分泌物を認める場合、淋菌性尿道炎を疑う。 尿道分泌物または初尿沈渣のグラム染色鏡検法で、多数の白血球と白血球に貪食されたグラム陰性双球菌(淋菌)が確認される( 図表 )。分離培養法または核酸増幅同定法で淋菌陽性の場合に確定診断となる。淋菌性尿道炎の20[…][clinicalsup.jp]

  • 痔の予防に大事なのは 日頃の習慣 正しいおしりのケアを身につけ、習慣づけておけば、痔の悪化を防ぐことにつながるだけでなく、痔になる確率はぐっと低くなります。実践してみましょう。 総合監修 岩垂 純一 先生 監修 黒川 彰夫 先生 監修 佐原 力三郎 先生 おしりはていねいに拭く おしりは、便のカスなどが残ったままにならないよう、普段からていねいに拭くようにしましょう。ただし、ゴシゴシこするのではなく、紙を押しあてるようにして優しく拭くようにしましょう。[…][borraginol.com]

  • 卵管炎

    卵管炎・卵巣炎とは、膣から細菌やクラミジアなどが入り込み、病原体が子宮経管から卵管に感染して炎症が起こる病気です。卵管や卵巣のどちらかが炎症を起こすと、ほとんどが同時に炎症を起こし、卵管障害による不妊症となる場合があるため、放っておくと大きな合併症を引き起こしかねません。[…][rakuten-life.co.jp]

さらなる症状