Create issue ticket

考えれる6県の原因 性ホルモン結合グロブリン減少

  • 子癇前症

    子癇前症 (しかんぜんしょう)は妊娠中に 高血圧 や タンパク尿 を特徴とする疾患である [1] 。通常、 妊娠後期 に発症し時間が経つにつれ悪化する [2] [3] 。重い疾患には 赤血球の破壊、 血小板減少症 、肝機能障害、腎機能障害、 浮腫 、 肺水腫 による息切れ、視覚障害がある [2] [3] 。子癇前症は母親と赤ちゃんの両方の転帰不良のリスクを増加する [3] 。もし治療せず放置した場合、結果として妊娠中に起こる てんかん発作 、 子癇 になる [2] 。 子癇前症のリスク要因は: 肥満 、 高血圧 、高齢年齢、 糖尿病 などである [2] [4][…][ja.wikipedia.org]

  • 女性化乳房症

    発生機序は通常,アンドロゲン作用の低下または エストロゲン 作用の上昇である(例,アンドロゲン産生の減少, エストロゲン 産生の増加,アンドロゲン遮断,ホルモン結合グロブリンからの エストロゲン の置換遊離,アンドロゲン受容体の欠損)。[msdmanuals.com]

  • 多毛症

    ゴナドトロピン) ホルモン結合グロブリンの産生を減少させることで遊離アンドロゲン濃度を上昇させる全身疾患 高インスリン血症 肝疾患 家族性男性型多毛症 家族性にみられる正常濃度の血中アンドロゲンに対する末梢臓器の反応性増大に続発することがある 卵巣疾患 卵巣の卵胞膜細胞増殖症 卵巣腫瘍 多嚢胞性卵巣症候群 下垂体疾患 先端巨大症 クッシング[msdmanuals.com] 経口避妊薬は卵巣からのアンドロゲン分泌を減少させ,ホルモン結合グロブリンを増加させることによって,遊離 テストステロン 値を低下させる。 抗アンドロゲン療法も用いられ,フィナステリド(5mg,経口,1日1回),スピロノラクトン(25 100mg,経口,1日2回),フルタミド(125mg,経口,1日1回または1日2回)などが使用できる。[msdmanuals.com] 全体として最も頻度の高い原因は以下のものである: 男性型多毛症の原因 原因 例 副腎疾患 副腎腫瘍 先天性または遅発性副腎過形成 クッシング症候群 アンドロゲン薬 タンパク同化ステロイド(ダナゾールを含む) 経口避妊薬(高プロゲステロン型) 異所ホルモン産生 肺癌および肺カルチノイド腫瘍(異所 ACTH 分泌) 絨毛癌( β -ヒト絨毛[msdmanuals.com]

  • レボノルゲストレル・インプラント

    それは総および遊離テストステロン、アンドロステンジオン、デヒドロエピアンドロステロン硫酸塩(DHEAS)、ジヒドロテストステロン(DHT)およびホルモン結合グロブリン(SHBG)を減少するが、性的機能やアンドロゲン生物活性のマーカーには影響しません。[ja.pharmacyreviewer.co]

  • 家族分離甲状腺機能亢進症

    欠損(減少)症 肝硬変 ネフローゼ症候群 栄養失調、カロリー制限 薬剤(アンドロゲン(男性ホルモン)、蛋白同化ホルモン、L-アスパラギナーゼ(ロイナーゼ;急性白血病や悪性リンパ腫の治療薬)) 遺伝サイロキシン結合グロブリン(TBG)増加症 遺伝性サイロキシン結合グロブリン(TBG)増加症 は極めて稀で、0.004% (25000人に1人)[nagasaki-clinic.com] TBG(サイロキシン結合グロブリン) 増減 TBG(サイロキシン結合グロブリン) が増加するのは 遺伝性TBG増加症 妊娠 胞状奇胎 急性肝炎 新生児 薬剤(エストロゲン製剤、ペルフェナジン(ピーゼットシー糖衣錠 ;古典的なフェノチアジン系抗精神病薬)、5-FU(抗がん剤)) TBG(サイロキシン結合グロブリン) が低下するのは 遺伝TBG[nagasaki-clinic.com]

  • コシントロピン

    放出ホルモン(TRH)試験 甲状腺自己抗体検査 甲状腺放射ヨード摂取率(RAIU) サイロキシン結合グロブリン(TBG) 薬剤によるトリヨードサイロニンとサイロキシンの結合減少 甲状腺疾患 甲状腺癌 甲状腺機能失調症候群 T4増加症候群 T4減少症候群 低T3症候群 甲状腺腫 甲状腺機能亢進症 T3中毒症 甲状腺機能低下症 粘液水腫性昏睡[ishiyaku.co.jp] Morquio症候群(MPS皛) Maroteaux-Lamy症候群(MPS益) 13 内分泌疾患 甲状腺機能検査 高感度甲状腺刺激ホルモン(SミTSH;サイロトロピン) 遊離サイロキシン(FT4)測定 総サイロキシン(T4)測定 トリヨードサイロニン(T3)測定 トリヨードサイロニン(T3)レジン摂取率 遊離サイロキシン指数(FTI) 甲状腺刺激ホルモン[ishiyaku.co.jp]

さらなる症状