Create issue ticket

考えれる13県の原因 性ホルモン結合グロブリン増加

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん、英: Polycystic ovary syndrome:PCOS)とは、女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じた病態。 卵巣の表面が肥厚し排卵が行われず、滞留した卵胞によって卵巣が多嚢胞化している。エコー画像で見ると、卵巣の表面に沿って粒がぐるりと数珠つなぎになっている様子から、「ネックレス・サイン」と呼ばれる。 明確な原因は解明されていない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 性腺機能低下症

    加齢に伴いホルモン結合グロブリン(SHBG)が増加してくるため,50歳以降の性腺機能低下症の指標としては総 テストステロン は感度が不十分である。血清遊離 テストステロン 濃度は機能的 テストステロン 濃度をより正確に反映するが,その測定には平衡透析法が必要で,これは技術的に困難であり,あまり普及していない。[msdmanuals.com]

  • 女性化乳房症

    発生機序は通常,アンドロゲン作用の低下または エストロゲン 作用の上昇である(例,アンドロゲン産生の減少, エストロゲン 産生の増加,アンドロゲン遮断,ホルモン結合グロブリンからの エストロゲン の置換遊離,アンドロゲン受容体の欠損)。[msdmanuals.com]

  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 3

    加齢に伴いホルモン結合グロブリン(SHBG)が増加してくるため,50歳以降の性腺機能低下症の指標としては総 テストステロン は感度が不十分である。血清遊離 テストステロン 濃度は機能的 テストステロン 濃度をより正確に反映するが,その測定には平衡透析法が必要で,これは技術的に困難であり,あまり普及していない。[msdmanuals.com]

  • 多毛症

    経口避妊薬は卵巣からのアンドロゲン分泌を減少させ,ホルモン結合グロブリン増加させることによって,遊離 テストステロン 値を低下させる。 抗アンドロゲン療法も用いられ,フィナステリド(5mg,経口,1日1回),スピロノラクトン(25 100mg,経口,1日2回),フルタミド(125mg,経口,1日1回または1日2回)などが使用できる。[msdmanuals.com] 薬物治療の選択肢のひとつはホルモン結合グロブリン増加させることでテストステロンの働きを抑制することである。別の選択肢として黄体形成ホルモンを調節することで過剰発毛をコントロールする方法がある。 先天性の多毛症はまれである。先天性毳毛性多毛症の症例は中世から現在までに50件しか記録されていない。[ja.wikipedia.org] 高インスリン血症や肝疾患など様々な疾患によりホルモン結合グロブリンの産生が低下する結果として,遊離アンドロゲン濃度が上昇する場合もある。しかしながら,毛包のアンドロゲン感受性には個人差があることから,男性型多毛症の重症度はアンドロゲンの血中濃度と相関しない。[msdmanuals.com]

  • 原発性男性性腺機能低下症

    加齢に伴いホルモン結合グロブリン(SHBG)が増加してくるため,50歳以降の性腺機能低下症の指標としては総 テストステロン は感度が不十分である。血清遊離 テストステロン 濃度は機能的 テストステロン 濃度をより正確に反映するが,その測定には平衡透析法が必要で,これは技術的に困難であり,あまり普及していない。[msdmanuals.com]

  • 魚鱗癬と男性性腺機能不全症

    加齢に伴いホルモン結合グロブリン(SHBG)が増加してくるため,50歳以降の性腺機能低下症の指標としては総 テストステロン は感度が不十分である。血清遊離 テストステロン 濃度は機能的 テストステロン 濃度をより正確に反映するが,その測定には平衡透析法が必要で,これは技術的に困難であり,あまり普及していない。[msdmanuals.com]

  • カルマン症候群2型

    加齢に伴いホルモン結合グロブリン(SHBG)が増加してくるため,50歳以降の性腺機能低下症の指標としては総 テストステロン は感度が不十分である。血清遊離 テストステロン 濃度は機能的 テストステロン 濃度をより正確に反映するが,その測定には平衡透析法が必要で,これは技術的に困難であり,あまり普及していない。[msdmanuals.com]

  • カルマン症候群3型

    加齢に伴いホルモン結合グロブリン(SHBG)が増加してくるため,50歳以降の性腺機能低下症の指標としては総 テストステロン は感度が不十分である。血清遊離 テストステロン 濃度は機能的 テストステロン 濃度をより正確に反映するが,その測定には平衡透析法が必要で,これは技術的に困難であり,あまり普及していない。[msdmanuals.com]

  • 原発性成人発症

    加齢に伴いホルモン結合グロブリン(SHBG)が増加してくるため,50歳以降の性腺機能低下症の指標としては総 テストステロン は感度が不十分である。血清遊離 テストステロン 濃度は機能的 テストステロン 濃度をより正確に反映するが,その測定には平衡透析法が必要で,これは技術的に困難であり,あまり普及していない。[msdmanuals.com]

さらなる症状