Create issue ticket

考えれる348県の原因 急速進行性糸球体腎炎

  • インフルエンザ

    フロントランナーvol.28 世界最大の鳥・ダチョウがつくり出した インフルエンザ・花粉症を撃退する“夢の抗体” 京都府立大学生命環境学部 教授 塚本 康浩 1968年大阪府生まれ。獣医師、獣医学博士。大阪府立大学農学部・大学院修了後、98年に同大学助手に就任。99年よりダチョウの研究を本格化させ、2005年、助教授に、2008年、京都府立大学に移り現職。ダチョウの卵を使った抗体およびそれを活用した商品の開発で注目を集める。ダチョウ抗体入りマスクは累計7000万枚の大ヒット商品になった。著書に『ダチョウの卵で、人類を救います』『ダチョウ力』がある。[…][s-park.wao.ne.jp]

  • 血管炎

    おもに・肺の2臓器病変で特徴づけられる全身血管症候群である。 臨床症状としては、急速進行・壊死性の球体と間質性肺炎・肺出血(肺腎症候群)が特徴である。他にあらゆる臓器の小血管の壊死性血管炎による症状を起こし、紫斑、皮下出血、多発性単神経炎が認められる。[nibiohn.go.jp] ①顕微鏡的多発血管の症状で最も多いのは、病変です。血尿とともに、数週から数か月の経過で急速に腎臓の機能が悪化する、急速進行球体を呈することがしばしばです。 ②また、肺にも病変を起こすことがよくあります。[utanohosp.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    半月体形成 急速進行球体 (RPGN)をおこす。肺と腎に病変を起こす疾患としては グッドパスチャー症候群 があるが、こちらは鼻出血どころではなく 喀血 するまでに及ぶ。また20代男性に多いという特徴がある。 治療 [ 編集 ] ステロイド 免疫抑制剤 - シクロフォスファミド 。[ja.wikipedia.org] 一般的にこの病気で出現するは、急速進行球体と呼ばれ、進行が早く月単位から週単位で進行するのが特徴です。自覚症状は両足のむくみ、突然出現した高血圧、尿の泡立ち、血尿などです。 全身の血管の炎症 全身の血管に炎症がおこる結果、38度を越すような発熱が続いたり、ご飯をしっかり食べているのに体重が減ったりすることがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 鼻 やのどの傷害からはじまるので最初は風邪のようでもあるが、急速に 間質肺炎 、 急速進行球体 をきたす。したがって症状は、咳、呼吸困難、浮腫などである。軽度の発熱もおこる。鼻に関しても内部構造が破壊され、つぶれて 鞍鼻 を呈することがある。 眼球突出 、 ぶどう膜炎 、角膜潰瘍など眼科的疾患も起こることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    半月体形成球体 臨床症状として急速進行球体を呈することが多く、急速に腎機能が低下するため、早期から「ステロイド」の用量を増やしたり血漿交換などの積極的治療が併用されます。 膜性増殖性糸球体腎炎 しばしば、ネフローゼ症候群をきたします。[asahikasei-pharma.co.jp] 116 ベーチェット病 18 球脊髄筋萎縮症 51 色素乾皮症 84 遅発内リンパ水腫 117 ペルオキシソーム病 19 急速進行球体 52 自己免疫性肝炎 85 中枢性尿崩症 118 発作性夜間ヘモグロビン尿症 20 強皮症 53 自己免疫性溶血性貧血 86 中毒性表皮壊死症 119 慢性炎症性脱髄性多発神経炎 21 ギラン・バレ[m-takken.jp] 特発大腿骨頭壊死 汎発特発骨増殖症 ・泌尿器系疾患 ・泌尿器系疾患 IgA急速進行球体 多発性嚢胞腎 難治性ネフローゼ症候群 スモン[resja.or.jp]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    症状(機能低下、血尿、蛋白尿など、急速進行球体(RPGN)は重症) 肺症状(肺出血または間質性肺炎など) その他の臓器の症状(発熱、倦怠感、体重減少、筋痛、関節痛、口内炎、出血、多発性単神経炎など) MPO-ANCA陽性 CRP陽性、蛋白尿、血尿、BUN・血清クレアチニンの上昇、WBC上昇 胸部X線写真所見で肺胞出血、間質性肺炎[ja.wikipedia.org]

  • 糸球体腎炎

    2) 血尿(多くは顕微鏡的血尿、稀に肉眼的血尿)、蛋白尿、円柱尿などの尿所見を認める。 3) 生検で壊死半月体形成球体を認める。 上記の1)と2)を認める場合には「急速進行球体」と確定診断する。可能な限り腎生検を実施し3)を確認することが望ましい。[nanbyou.or.jp] できるだけ生検を行い半月体形成と呼ばれる毛細血管があるかどうか確認します。 急速進行球体を呈し、 ANCA が陽性であれば ANCA 関連血管炎と診断します。 また、間質性肺炎や肺出血または神経炎、紫斑などを合併していれば顕微鏡的多発血管炎と診断します。顕微鏡的多発血管炎は難病公費申請対象疾患です。[twmu.ac.jp] また、急速障害が進行する「急速進行球体の患者」の60-70%では、抗好中球細胞質ミエロペルオキシダーゼ抗体(MPO-ANCA)が陽性であると報告されており、急速進行球体患者にはMPO-ANCAの迅速な測定が治療方針決定・早期治療介入につながります。[medwatch.jp]

  • 感染後糸球体腎炎

    2) 血尿(多くは顕微鏡的血尿、稀に肉眼的血尿)、蛋白尿、円柱尿などの尿所見を認める。 3) 生検で壊死半月体形成球体を認める。 上記の1)と2)を認める場合には「急速進行球体」と確定診断する。可能な限り腎生検を実施し3)を確認することが望ましい。[nanbyou.or.jp] PIGNは成人では10%,小児では1%の頻度で急速進行球体に進行する。 治療 治療は支持療法であり,タンパク,Na,および水分の摂取制限を含める場合もあり,より重症例では浮腫および高血圧を治療する。ときに透析が必要となる。抗菌薬は,感染後36時間以内かつ糸球体腎炎の確立前に投与した場合にのみ予防効果をもたらす。[msdmanuals.com] 急速進行球体 球体の中で、最も重篤な経過をたどる急速進行球体は、腎臓の機能が数週間から数ヶ月間で低下します。症状としては、だるさ、むくみ、微熱、咳や息苦しさなどがみられることもありますが、ほとんど症状がない場合もあります。 診断 尿検査、血液検査、腎臓の画像検査、腎生検の組み合わせにより診断を進めていきます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 急性糸球体腎炎

    2) 血尿(多くは顕微鏡的血尿、稀に肉眼的血尿)、蛋白尿、円柱尿などの尿所見を認める。 3) 生検で壊死半月体形成球体を認める。 上記の1)と2)を認める場合には「急速進行球体」と確定診断する。可能な限り腎生検を実施し3)を確認することが望ましい。[nanbyou.or.jp] 急速進行球体 球体の中で、最も重篤な経過をたどる急速進行球体は、腎臓の機能が数週間から数ヶ月間で低下します。症状としては、だるさ、むくみ、微熱、咳や息苦しさなどがみられることもありますが、ほとんど症状がない場合もあります。 診断 尿検査、血液検査、腎臓の画像検査、腎生検の組み合わせにより診断を進めていきます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] ループス腎炎 膠原病(こうげんびょう)のひとつである全身性エリテマトーデス(SLE、ループス)によるです。微熱や倦怠感などの全身性エリテマトーデスの症状のほか、たんぱく尿、血尿、むくみなどがあわられ、原発ネフローゼ症候群や急速進行球体などがあわられることもあります。さらに進行すると末期腎不全になることもあります。[kousai.or.jp]

  • 先天性中枢性肺胞低換気症候群

    急速進行球体 強皮症 ギラン・バレ症候群 筋萎縮性側索硬化症 クッシング病 グルココルチコイド抵抗症 クロウ・深瀬症候群 クローン病 劇症肝炎 結節性硬化症 結節性動脈周囲炎 血栓性血小板減少性紫斑病 原発性アルドステロン症 原発性硬化性胆管炎 原発性高脂血症 原発性側索硬化症 原発性胆汁性肝硬変 原発性免疫不全症候群 硬化性萎縮性苔癬[city.shijonawate.lg.jp] 特発大腿骨頭壊死 汎発特発骨増殖症 ・泌尿器系疾患 ・泌尿器系疾患 IgA急速進行球体 多発性嚢胞腎 難治性ネフローゼ症候群 スモン[resja.or.jp] 116 ベーチェット病 18 球脊髄筋萎縮症 51 色素乾皮症 84 遅発内リンパ水腫 117 ペルオキシソーム病 19 急速進行球体 52 自己免疫性肝炎 85 中枢性尿崩症 118 発作性夜間ヘモグロビン尿症 20 強皮症 53 自己免疫性溶血性貧血 86 中毒性表皮壊死症 119 慢性炎症性脱髄性多発神経炎 21 ギラン・バレ[m-takken.jp]

さらなる症状