Create issue ticket

考えれる246県の原因 急速な病気進行

  • 急性胃腸炎

    また、乳児の場合には病気進行急速なことが少なくないので、発熱、下痢、嘔吐などの症状があらわれたときには、早めに医療機関を受診して治療を受けてください。家族など周囲の人達が注意深い観察と配慮が重要です。[ikeda-hp.com]

  • 気管支炎

    1)急激に発病し、急速に呼吸不全が進行する場合 2)急激に発病し急速に進行するが、その後安定した状態で呼吸機能を保つ場合 3)ゆっくりと発病し、ゆっくり呼吸不全が進行して行く場合 4)ゆっくりと発病し、その後安定した状態で呼吸機能を保つ場合 患者さんがどのタイプなのかをあらかじめ予測することは出来ません。 9.[nanbyou.or.jp] この病気はどういう経過をたどるのですか この病気の経過は患者さんにより異なります。[nanbyou.or.jp]

  • 高血圧症

    発症のスピード 一般的には年齢とともに徐々に血圧が上がりますが、 2 3年の短期間で急速進行することもあります。 急速に血圧が上がります。 発症の原因 原因は不明です。 腎臓の病気やホルモンの異常、特定の薬を服用することにより誘発されるものなど、原因が判明しています。[e-chiken.com]

  • 性感染症

    感染を予防するアドバイス(公益財団法人エイズ予防財団ホームページ) (外部リンク) HIV感染症 エイズ(AIDS)の治療は進歩しています HIV感染症の治療は急速に進歩しています。「死に至る病」と恐れられたエイズも、現在は病気進行を遅らせて、今までの生活を長く続けていくことができるようになっています。[city.suginami.tokyo.jp]

  • 本態性高血圧症

    発症のスピード 一般的には年齢とともに徐々に血圧が上がりますが、 2 3年の短期間で急速進行することもあります。 急速に血圧が上がります。 発症の原因 原因は不明です。 腎臓の病気やホルモンの異常、特定の薬を服用することにより誘発されるものなど、原因が判明しています。[e-chiken.com]

  • 歯周病

    歯周治療は急速に進歩しており、現在では進行を阻止することが可能となっている。 歯周病予防で最も大切なのは、歯周病の原因である細菌すなわちプラークの量を減らすことだ。これを「プラークコントロール」と言う。プラークコントロールには、歯科医師や衛生士がおこなうプロフェッショナルなもの、そして自分でできる歯みがきなどのセルフケアの2つがある。[dm-net.co.jp] たい空気が、歯肉にしみる 4 歯肉がはれ、うずくことがある 5 食べ物が歯のあいだによくはさまる 6 口臭がする(歯垢は口臭の原因となる) 7 歯が長くなったように見える 8 固いものを噛むと出血する 9 歯肉が赤黒くなり、固いものが噛みにくい 10 ぐらぐらしている歯がある プラークコントロールで重要なこと 歯周病は、予防と治療が可能な病気[dm-net.co.jp]

  • 脊柱側弯症

    5.マルファン症候群による側弯症 急速進行することがあります。この病気は生まれつき心臓や大血管の病気が合併していることが多く、側弯症の治療と同時にこれらの状態を十分に把握する必要があります。[sokuwan.jp]

  • レーノー現象

    強皮症は一般に生命にかかわる大変な病気だと考えられがちです.たしかにごく一部の患者さんは進行急速で,内臓の変化が著しい場合には発病後数年で死亡に至ります.一部の患者さんでは,進行はゆっくりですが徐々に進行するという経過をとります.しかし一部の患者さんでは,発病後何年かで進行が止まり,その後はまったく進行せずに生命にもまったく影響しないという[derma.w3.kanazawa-u.ac.jp]

  • 変形性関節症

    なかには甲状腺などの病気が隠れていたり、びらん性関節症と言われる急速に関 節の破壊が進行する場合もあるため、適切な診断が必要です。 どんな治療があるの? 大きく分けて、くすりや注射、リハビリによる保存治療と手術治療があります。 このページでは、保存治療について説明いたします。[maeda-seikei.jp]

  • レイノー病

    現在この病気は、皮膚硬化の進行急速で、内臓にも症状を伴いやすく、発症5 6年でピークをむかえる「びまん皮膚硬化型(diffuse型)」と、レイノー現象が先行し、ゆっくりと進行し皮膚硬化の範囲も狭く、内臓の症状も一般に軽い「限局皮膚硬化型(limited型)」に分類されています。[jpma-nanbyou.com] 強皮症は一般に生命にかかわる大変な病気だと考えられがちです.たしかにごく一部の患者さんは進行急速で,内臓の変化が著しい場合には発病後数年で死亡に至ります.一部の患者さんでは,進行はゆっくりですが徐々に進行するという経過をとります.しかし一部の患者さんでは,発病後何年かで進行が止まり,その後はまったく進行せずに生命にもまったく影響しないという[derma.w3.kanazawa-u.ac.jp] また近年、必ずしも進行性ではなく自然に軽快する例もあることがわかってきました。[jpma-nanbyou.com]

さらなる症状