Create issue ticket

考えれる309県の原因 急性間質性腎炎

  • 間質性腎炎

    内科学 第10版 の解説 急性(疾患) 定義・概念 腎臓を構成するおもな構造は糸球体,尿細管,,血管である.急性は病変の主座がにあって急速に炎症所見を呈するものをいうが,ほとんどの場合尿細管病変をも同時に伴うため,急性尿細管(acute tubulointerstitial nephritis[kotobank.jp] 2018年12月19日 ソース: 専門誌ピックアップ カテゴリ: ・泌尿器疾患 ・ 投薬に関わる問題 薬剤急性患者182例を対象に、副腎皮質ステロイドによる治療期間が腎機能回復と関連するかどうかを検討するべく、後ろ向き研究で検討した。その結果、6カ月後の糸球体濾過量の回復は平均34 26m...[m3.com] この部位に様々な原因で炎症が起こる場合を と呼び、余り知られていませんが、決して稀ではありません。 には急性と慢性の場合がありますが、原因や発症のメカニズムの不明なことも多く、蛋白尿や血尿なども少なく、無症状のまま経過し、気が付いたら 慢性不全 ということも多いと考えられています。[plaza.umin.ac.jp]

  • ぶどう膜炎

    非感染性ぶどう膜 :ベーチェット病、サルコイドーシス、原田病、炎症大腸、クローン病、強直脊椎、若年間接リウマチ、によるぶどう膜炎 感染性ぶどう膜炎 :急性網膜壊死、ヘルペス性虹彩炎、ヒト T リンパ球向性ウイルス1型ぶどう膜炎、サイトメガロウイスル網膜炎、結核、梅毒、猫ひっかき病、トキソプラズマ症、イヌ回虫幼虫症など[tmd.ac.jp]

  • 急性間質性腎炎

    内科学 第10版 の解説 急性(疾患) 定義・概念 腎臓を構成するおもな構造は糸球体,尿細管,,血管である.急性は病変の主座がにあって急速に炎症所見を呈するものをいうが,ほとんどの場合尿細管病変をも同時に伴うため,急性尿細管(acute tubulointerstitial nephritis[kotobank.jp] ホーム 新着文献 プレガバリンによる急性 薬剤 プレガバリン 中枢神経用薬 副作用 急性 概要 84歳、これまで検尿異常や腎機能障害を指摘されたことのない女性。入院4日前より手のしびれに対しプレガバリン25 mgが処方された。[imic.or.jp] 2018年12月19日 ソース: 専門誌ピックアップ カテゴリ: ・泌尿器疾患 ・ 投薬に関わる問題 薬剤急性患者182例を対象に、副腎皮質ステロイドによる治療期間が腎機能回復と関連するかどうかを検討するべく、後ろ向き研究で検討した。その結果、6カ月後の糸球体濾過量の回復は平均34 26m...[m3.com]

  • 糸球体腎炎

    糸球体腎炎 (しきゅうたいじんえん、 英語 : Glomerulonephritis )は、腎疾患の一つで 腎臓 の 炎症 の一つ。 腎臓の炎症である腎炎は病理組織学的に炎症の首座がどこにあるかによって、糸球体腎炎、 間質性腎炎 、および 腎盂腎炎 に分類される。主に糸球体に炎症反応がみとめられるものを糸球体腎炎と呼ぶ。 種類 [ 編集 ] 急性糸球体腎炎 (Acute glomerulonephritis) 急速進行性腎炎症候群 (Rapidly progressive glomerulonephritis) 慢性糸球体腎炎 (Chronic glomerulonephritis) 急性糸球体腎炎 [ 編集[…][ja.wikipedia.org]

  • 腎不全

    の減少など ②(腎臓の細胞障害): 腎臓そのものが障害を受け、機能が低下している状態 症例 急性糸球体急性などの腎臓自体を侵す病気 薬物、造影剤、毒物などの有害物質 重篤な全身性の感染症によって障害を受け、腎臓のはたらきが停止するなど ③腎後性(尿路の閉塞): 腎臓でつくられた尿を体外へ排泄するための経路(尿管、膀胱、尿道[saiseikai.or.jp] 見過ごされやすい原因として、 抗生物質 や 鎮痛剤 など、様々な薬剤に対するアレルギーが腎臓に起こる 薬剤性急性不全 の場合があります。アレルギー反応は主にネフロンや血管のを埋めているという部分に起こることが多く、 急性 と呼びます。[plaza.umin.ac.jp] 1) 慢性腎不全の原因とは 2) 慢性腎不全に至る病気 3) 慢性腎不全の病態 4) 早い段階から慢性腎不全の治療を 慢性腎不全の原因とは 原因は様々で、主に糸球体を傷害する慢性糸球体や糖尿病症、を傷害する、血管を傷害する高血圧などが上げられます。[plaza.umin.ac.jp]

  • 乏尿性急性腎不全

    毒性 を有する物の過量投与あるいは複数の併用時、 脱水 の存在する場合、利尿剤と併用されている場合、老人、機能障害例などでよくみられる。 急性 ペニシリン 、 サルファ剤 、 消炎鎮痛剤 を始めとするいくつかの薬剤に対する アレルギー 反応からをきたし急性腎不全となる。[ja.wikipedia.org] の減少など ②(腎臓の細胞障害): 腎臓そのものが障害を受け、機能が低下している状態 症例 急性糸球体急性などの腎臓自体を侵す病気 薬物、造影剤、毒物などの有害物質 重篤な全身性の感染症によって障害を受け、腎臓のはたらきが停止するなど ③腎後性(尿路の閉塞): 腎臓でつくられた尿を体外へ排泄するための経路(尿管、膀胱、尿道[saiseikai.or.jp] 表2:原因ごとの治療法 原因 症例 治療法 ①腎前性 脱水、大量出血などによる循環血液量減少 適切な輸液、輸血 心不全などの症例 心拍出量を増加させるカテコラミンなどの昇圧剤の服薬 ② 急速進行糸球体急性 ステロイドを中心とした強力な免疫抑制療法 薬剤など 原因薬剤の服薬中止 ③腎後性 尿路閉塞 原因除去(尿路結石、腫瘍[saiseikai.or.jp]

  • 急性腎不全

    見過ごされやすい原因として、 抗生物質 や 鎮痛剤 など、様々な薬剤に対するアレルギーが腎臓に起こる 薬剤性急性不全 の場合があります。アレルギー反応は主にネフロンや血管のを埋めているという部分に起こることが多く、 急性 と呼びます。[plaza.umin.ac.jp] の減少など ②(腎臓の細胞障害): 腎臓そのものが障害を受け、機能が低下している状態 症例 急性糸球体急性などの腎臓自体を侵す病気 薬物、造影剤、毒物などの有害物質 重篤な全身性の感染症によって障害を受け、腎臓のはたらきが停止するなど ③腎後性(尿路の閉塞): 腎臓でつくられた尿を体外へ排泄するための経路(尿管、膀胱、尿道[saiseikai.or.jp] の分類(WHOの分類を一部改変) 1)感染が関与 6)乳頭壊死に伴う 1.急性感染急性腎盂) 7)重金属で惹起されたもの 2.全身感染に伴う急性 8)急性尿細管障害/壊死 3.慢性感染(慢性腎盂腎炎) 1.挫滅性障害 4.特異的感染症 2.広汎熱傷 2)薬剤(上記参照) 3.ショック[nms.co.jp]

  • タンパク尿

    感染後糸球体,ループス,アミロイドーシス) 尿細管 ファンコニ症候群 急性尿細管壊死 尿細管 多発性嚢胞腎 腎前性 リゾチーム尿を伴う急性単球性白血病 単クローン性免疫グロブリン血症 多発性骨髄腫 骨髄異形成症候群 機能性 発熱 心不全 激しい運動または活動 不明 起立性 評価 病歴聴取と身体診察 現病歴 の聴取により,[msdmanuals.com] 成人のタンパク尿(およびネフローゼ症候群)で最も頻度の高い原因は以下の通りである: 小児で最も頻度の高い原因は以下の通りである: 微小変化群(幼児) 巣状分節性糸球体硬化症(児童) タンパク尿の原因 機序 例 糸球体性 原発性糸球体疾患(例,膜性腎症,微小変化群,巣状分節性糸球体硬化症) 続発性糸球体疾患(例,糖尿病症,妊娠高血圧症,[msdmanuals.com]

  • 非乏尿性腎不全

    毒性 を有する物の過量投与あるいは複数の併用時、 脱水 の存在する場合、利尿剤と併用されている場合、老人、機能障害例などでよくみられる。 急性 ペニシリン 、 サルファ剤 、 消炎鎮痛剤 を始めとするいくつかの薬剤に対する アレルギー 反応からをきたし急性腎不全となる。[ja.wikipedia.org] の分類(WHOの分類を一部改変) 1)感染が関与 6)乳頭壊死に伴う 1.急性感染急性腎盂) 7)重金属で惹起されたもの 2.全身感染に伴う急性 8)急性尿細管障害/壊死 3.慢性感染(慢性腎盂腎炎) 1.挫滅性障害 4.特異的感染症 2.広汎熱傷 2)薬剤(上記参照) 3.ショック[nms.co.jp] 注)薬剤によるものの多くは急性の形をとるものが多い。最 近は本症は、尿細管・間質の両方を障害することが多いため尿細管 間質性疾患と総称されることが多く、病態を考える上でも便利な疾 患概念である。 注)薬剤の場合、腎不全を起こす可能性のある薬剤を併用すると、発症 頻度は高くなる。[nms.co.jp]

  • 家族性間質性腎炎

    この部位に様々な原因で炎症が起こる場合を と呼び、余り知られていませんが、決して稀ではありません。 には急性と慢性の場合がありますが、原因や発症のメカニズムの不明なことも多く、蛋白尿や血尿なども少なく、無症状のまま経過し、気が付いたら 慢性不全 ということも多いと考えられています。[plaza.umin.ac.jp] 病因 尿細管間質性腎炎は原発性のこともあるが,糸球体損傷( 糸球体疾患の概要 )や血管障害( 血管障害 )によっても同様の病態が起こりうる。 原発尿細管は以下の場合がある: 急性尿細管(ATIN) ATINは,炎症性細胞浸潤と浮腫が腎間質に認められ,しばしば数日から数カ月で発生する。[msdmanuals.com] はっきりわかっている原因としては抗生物質などの 薬のアレルギー による急性が上げられ、 急性腎不全 の原因ともなります。この場合には発熱、腰痛などの症状が現れることがあります。 水銀 や ゲルマニウム 、あるいは別項で説明したように 尿酸 が徐々に腎間質に沈着すると、様々な障害を呈し 慢性腎不全 となることがあります。[plaza.umin.ac.jp]

さらなる症状