Create issue ticket

考えれる107県の原因 急性間欠性ポルフィリン症

  • うつ病

    うつ病 とは、 精神疾患 の一種である。 これまで DS M- Ⅳ や IC D-10といった 主 要な疾病分類においては 双極性障害 などと共に気分障 害 の一種としても括られていたが、 2013年 に刊行された DS M-5では 独立 した「 うつ病 性障 害 」として定義された。 漢字 では「 鬱病 」や「 欝 病」と書くが、いずれも「うつ」を表記する 漢字 が複雑、および画数が多いため、現代では ひらがな を用いて表記することが一般的。 概要 うつ病の種類 治療 うつ病に対する偏見 「うつは甘え」への反論 概要 何らかの理由で「 やる気 」を引き起こす 脳 内物質( セロトニン[…][dic.nicovideo.jp]

  • 末梢神経障害

    ポルフィリン症には急性ポルフィリン症4病型と皮膚型ポルフィリン4病型が知られているが神経障害を起こすのは急性ポルフィリンのみである。急性ポルフィリン急性間欠ポルフィリン、ALAD欠損ポルフィリン、異型ポルフィリン、遺伝コプロポルフィリンがある。[ja.wikipedia.org] 巨大軸索ニューロパチーでは ボルフィリン や家族アミロイドポリニューロパチーなどが知られている。ポルフィリンには急性間欠ポルフィリン、遺伝性コプロポルフィリン症、異型ポルフィリン症が知られている。家族性アミロイドポリニューロパチーではトランスサイレチン関連、ゲルゾリン関連、アポリポ蛋白A1関連が知られている。[ja.wikipedia.org] 光線過敏は 急性間欠ポルフィリン、ALAD欠損性ポルフィリン症では認められない以外、急性の神経症状は類似している。ポルフィリン症の発作はある種の薬物(通常P450で代謝される薬物、バルビツール酸系、フェニトイン)、 ホルモンの変化(妊娠、月経周期、経口避妊薬、エストロゲン製剤)、食事制限によって誘発される。[ja.wikipedia.org]

  • 日焼け

    日焼け(ひやけ)とは、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす急性症状(サンバーン sunburn)と、メラニン色素が皮膚表面に沈着すること(サンタン sun tanning)である。 日焼けは、通常日光(稀に紫外線人工灯)の過剰照射の結果として発生し、照射された紫外線がメラニンの保護能力を超えている時に起こる。メラニンの成分量は個人差があるが、一般に、より浅黒い肌の人々は色白の人より多くのメラニンを持っており、これは浅黒い肌の人は日焼けがしにくいことを意味している。[…][ja.wikipedia.org]

  • 不安障害

    ふあんしょうがい(ふあんしょう) 概要 そもそも「不安」は異常な現象ではなく、自分に警戒を促すために人に備わっている能力の1つです。この信号によって私たちは、危機に備えたり、危険を回避したりしやすくなります。しかし、その信号が過剰になったり、危険でないものにまで出されるようになったり、あるいは信号が適切であっても、それに続く行動が不適切なものになったりすると、それは人が生活していく上での「障害」となってきます。そのような不安の信号の出方や受け取り方に不具合をきたしている疾患の代表的なものが「不安障害」と言えるでしょう。 分類と症状[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性間欠ポルフィリンの検査と診断 】 急性間欠ポルフィリンの検査方法としては、血液、尿、大便の検査や、生化学的な検査が必要になります。この疾患の可能性がある場合には、先ず尿中濃度を調べる事が必要になります。[hospita.jp] 急性発作をまさに体験している患者の尿は、ポルフィリンが存在しているが故に赤色かポートワイン色になることだろう。急性間欠ポルフィリン患者の尿は、ある程度の時間、紫外線を照射すると紫色になることがある。[ja.wikipedia.org] 出典 小学館 家庭医学館について 情報 内科学 第10版 の解説 急性間欠ポルフィリン(代謝疾患) (3)急性間欠ポルフィリン 腹部自律神経障害による突然の激しい腹痛で発症し,下痢,便秘などを伴うことがある.血中δ-ALAの 上昇 や尿中PBGの上昇が特徴的である.[kotobank.jp]

  • 精神疾患

    アメリカ精神医学会は2013年5月に「精神疾患の診断・統計マニュアル」の改訂第5版(DSM-5)を発表した.DSM-IV以来,19年ぶりの改訂である.カテゴリー診断からディメンジョン診断へのシフト,神経科学の知見の導入,臨床家の裁量拡大などが大きな改訂目標として位置づけられ,およそ14年間にわたる検討が加えられてきた.DSM-III(1980)が,それまでのアメリカ精神医学で優勢であった精神分析学から,記述精神医学と神経科学へと大きく舵を切ったような,診断学のあらたな革命が期待されていた.[…][ishiyaku.co.jp]

  • 急性膵炎

    急性膵炎 (きゅうせいすいえん)とは、 膵臓 に急性に炎症が生じた 膵炎 のこと。 成因 [ 編集 ] 成人の急性膵炎の原因としては アルコール と 胆石 が2大成因とされている。この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。その他は、特発性、 内視鏡的逆行性胆道膵管造影 (ERCP)後、 高TG血症 、膵胆管合流異常症等が上げられる。また、 HIV 感染者では 抗ウイルス薬 による薬剤性のものが報告されている。小児の場合は 流行性耳下腺炎 、 マイコプラズマ といった感染症、 抗がん剤[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    急性間欠ポルフィリン、ジフテリアの感染症、鉛ニューロパチーの臨床所見、ポリオ、ボツリヌス中毒、中毒性ニューロパチー(例:ニトロフラントイン、ダプソン、有機リン化合物)などとの鑑別。[ja.wikipedia.org] 伝導速度は正常の60%以下となるが病変は散在性ですべての神経が侵されるわけではない診断を疑わせる所見 高度かつ持続性の非対称性麻痺 持続性の直腸膀胱障害 発症時の直腸膀胱障害 50/mm3以上の髄液中の単核細胞数 髄液中の多核白血球 明瞭な感覚障害レベル診断を除外する条件、鑑別診断 n-ヘキサン、メチルn-ブチルケトンなどの揮発有機溶剤、[ja.wikipedia.org]

  • 全身麻酔

    全身麻酔 (ぜんしんますい、 英 : General anesthesia )は、 麻酔 方法の一つ。 手術 に付随して行われる医療である。手術する部位のみを麻酔する 局所麻酔 に対し、全身麻酔では全身を麻酔する。全身麻酔では意識が消失する。 全身麻酔が薄れるまでの間、患者は訴えることができないので、 麻酔科医 が患者のそばで注意深く監視および観察する必要がある。全身麻酔の長所はあらゆる部位の手術に用いることができることである。また、麻酔の目的として鎮静(意識消失)、筋弛緩、鎮痛、有害な 副交感神経 反射の抑制があげられるが、全身麻酔は基本的にはこれらの条件を全て満たす。 歴史 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状