Create issue ticket

考えれる492県の原因 急性腹症, 敗血症性血栓性静脈炎

つまり: 急性腹症, 敗血, , 血栓性静脈炎

  • イレウス

    腹部手術歴がある場合は癒着による絞扼性イレウスの可能性が高く、腹部手術歴のある患者が急性を起こした場合はそれを第一に考える。 基本的にイレウスと診断された場合は、絶食・腸管安静・輸液治療での保存的治療がまず第一選択となる。軽度であれば保存的加療のみで軽快する。[ja.wikipedia.org] また、絞扼性の場合は腸管の血流障害が生じ、壊死を招いて、敗血症や消化管穿孔などを起こし、救命に速やかな外科的処置が必要になります。 レントゲンとCTで診断 特殊な検査はなく、下記のような一般的な検査で診断ができます。 レントゲン 拡張した小腸にガス像を認めます。[tokushukai.or.jp] 絞扼性イレウスの場合は腸管壊死による敗血症性ショックを生じる前に緊急手術が適応される。 腸重積症 イレウス MSDマニュアル プロフェッショナル版[ja.wikipedia.org]

  • 胆石症

    急性の一つに 胆石症 があります。これは胆石に伴う腹痛発作のことで、近年食生活の欧米化に伴い脂肪の摂取量が増えて、潜在的に胆石を保有している方が増加しています。多くは無症状なのですが、ひとたび症状が出始めると疝痛(せんつう)発作といって、右季肋部(右側肋骨の下部あたりになりますが)の激痛発作に見舞われます。[tama-med.or.jp] 胆管炎の場合、胆管内にたまった胆汁が血液中に逆流し、黄疸の症状が見られることがあり、進行すると敗血症など重篤な状態になる場合があります。[swg.or.jp] 胆のう炎・胆管炎が悪化するとその感染が全身におよんで、敗血症となり、非常に重篤な状態となる場合もあります。また胆のう炎が悪化すると胆のうが壊死(くさる)となり、腹膜炎となり、緊急手術が必要となる場合もあります。[takano-hospital.jp]

  • 急性胃腸炎

    細菌性腸炎は実質臓器の細菌感染や敗血症と異なり、自然軽快傾向が強いからである。 代表的な止痢薬であるロペラミドは乳幼児では腸閉塞を合併しうるため使用に注意が必要であり、細菌性腸炎では病原体の排泄を遅らせ重症化させる危険があるため禁忌である。[ja.wikipedia.org] 【治療の方法】 細菌感染が原因の急性胃腸炎では、年長児では下痢による自然除菌も期待できますが、乳幼児では発熱など全身症状も強く、敗血症を併発している危険性もあり、抗生剤(ホスミシンなど)による治療を併用することもあります。止痢剤は、腸内にたまった細菌が増殖し、症状が悪化することがあるので積極的には使いません。[yomidr.yomiuri.co.jp] 時に、菌血症・敗血症を併発し、その結果胆嚢炎・骨髄炎・脳炎・ 関節炎を続発することがある。小児(特に新生児)は成人よりも重症になりやすい。 輸液と抗生剤の投与が必要。[nms.co.jp]

  • 胆管炎

    急性とは “急性”とは,腹痛を主訴とし急激な発症で始まり,直ちに緊急手術が必要であるか否かを診断しなければならない疾患の総称であるといえる.急性で最初に行われる画像診断は,胸部・腹部単純X線写真と腹部超音波検査である.超音波検査は,多くの疾患で最初に行うべき検査であり,迅速に何度も繰り返し施行でき,患者の苦痛もなく,放射線被爆の[chiringi.or.jp] 重症 ドレナージのみ ワンポイントアドバイス 急性胆嚢炎、急性化膿性胆管炎は重症化すると、敗血症、DIC、多臓器不全に陥り、生存を脅かす厄介な病気です。腹痛、発熱、黄疸などの症状や血液検査で肝機能障害があれば画像検査を行い、早期発見して治療すれば心配ありません。[tobu-hp.or.jp] 胆嚢炎、胆管炎は敗血症、DICを併発して、急速に重篤(じゅうとく:症状が非常に重いこと)な症状を呈する場合があります。[tyojyu.or.jp]

  • 急性膀胱炎

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] また、細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がった場合(敗血症)、血圧低下(敗血症性ショック)、急性腎不全、多臓器不全となり命にかかわることがあります。 一方、慢性腎盂腎炎の場合、自覚症状がない場合も多く、あっても軽い腰痛や微熱、食欲不振などが現れる程度です。しかし、急激に症状が悪化した場合、急性腎盂腎炎のような症状が生じます。[tokushukai.or.jp] 早急に治療しなければ、敗血症になる場合があるので、必ず医療機関を受診してください。 膀胱炎は、背後に原因となる病気があって起こる「慢性膀胱炎」がありますが、これは比較的高齢の男性に多く、前立腺肥大症、尿路結石、尿路にできた腫瘍などが原因になります。[oka-clinic.jp]

  • 胆石症

    急性の一つに 胆石症 があります。これは胆石に伴う腹痛発作のことで、近年食生活の欧米化に伴い脂肪の摂取量が増えて、潜在的に胆石を保有している方が増加しています。多くは無症状なのですが、ひとたび症状が出始めると疝痛(せんつう)発作といって、右季肋部(右側肋骨の下部あたりになりますが)の激痛発作に見舞われます。[tama-med.or.jp] 胆管炎の場合、胆管内にたまった胆汁が血液中に逆流し、黄疸の症状が見られることがあり、進行すると敗血症など重篤な状態になる場合があります。[swg.or.jp] 胆のう炎・胆管炎が悪化するとその感染が全身におよんで、敗血症となり、非常に重篤な状態となる場合もあります。また胆のう炎が悪化すると胆のうが壊死(くさる)となり、腹膜炎となり、緊急手術が必要となる場合もあります。[takano-hospital.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    急性腎盂腎炎は,突然,悪寒戦慄を伴う高熱で発症し,腎臓部の圧痛があり,ときに急性を呈し,重篤な場合では菌血症や敗血症を併発することもある。尿は細菌を伴った細菌尿となり,膿尿となることも多い。… ※「急性腎盂腎炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp] また、感染がさらに進行し、細菌やその毒素が腎臓から全身に回ってしまうと敗血症を起こし、最悪の場合、命にかかわることもあります。 検査・診断 急性腎盂腎炎は、症状を問診するとともに、腰背部の叩打痛を確かめることによって診断をおこないます。[medicalnote.jp] 結石に伴う腎盂腎炎で結石のために感染した尿が排出されないと、 敗血症 や DIC(播種〈はしゅ〉性血管内凝固症候群) から死にいたることもあります。 これらの原因が不明の場合で腎盂腎炎をくり返す場合は、膀胱(ぼうこう)尿管逆流現象が疑われます。膀胱に入った尿は通常は腎臓のほうには戻りませんが、逆流してしまうことがあるのです。[medical.jiji.com]

  • 腸閉塞

    急性診療ガイドライン出版委員会編:急性診療ガイドライン2015.医学書院,東京,2015. 2. 真弓俊彦:新しい概念でチェック! 腸閉塞・イレウス.エキスパートナース2017;33(7):55-65. 詳しくは、下記の日本腹部救急医学会Webサイト参照[almediaweb.jp] 症状の程度にはかなり個人差があり、腸が壊死して命にかかわる腹膜炎や敗血症を合併し、緊急手術が必要になる場合もまれにあります。 一昔前に比べると、腸閉塞の頻度は少なくなってきているようです。手術技術の進歩に加え、癒着防止シートの使用など、手術の際に腸閉塞を予防するためのさまざまな工夫がこらされるようになってきたためでしょう。[medical.nikkeibp.co.jp] 絞扼性イレウスの場合は、腸管の血流が障害されており、放置すれば腸管が壊死 穿孔 腹膜炎 敗血症性ショックとなり死に至ることから、速やかな手術が必要です。 いずれの腸閉塞であっても、適切な対応がなされれば予後は良好です。しかしながら、特に癒着性イレウスの場合、保存的治療、手術療法のいずれにおいても、高率に再発することが知られています。[nishimuranaika-cl.com]

  • 骨盤内炎症性疾患

    また、肝周囲炎は劇で、救急外来へ若年女性の急性として搬送されることもあります。診断は、子宮頚部から採取した検体を対象とした核酸増幅法がきわめて高感度であり、PCR法であれば 4/assayの検出感度であるが、問題点は下腹部痛など訴があり検査する頃にはすでに頚管にクラミジアは存在せず、役に立たないことがあります。[hospital.arao.kumamoto.jp] 感染が血液に広がり敗血症を起こすと、命にかかわることがあります。 骨盤内炎症性疾患は膿状の液体を生じることが多く、これが原因で生殖器内や腹部臓器の間に瘢痕や癒着(異常な瘢痕組織による結合)が生じます。その結果、不妊になることもあります。炎症の期間が長く重症度が高いほど、また、再発を繰り返すほど、不妊などの合併症のリスクが高くなります。[aioi23.exblog.jp] この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、下痢、嘔吐、吐き気、腹痛、血栓静脈、カンジダ症、発疹、じんましん、かゆみ、アトピー性皮膚炎悪化、光線過敏性反応(光にあたった部分が赤くなる)、紅斑、水疱、皮膚剥離、多形紅斑、寝汗、多汗症、皮膚乾燥、皮膚変色、脱毛などが報告されています。[rad-ar.or.jp]

  • 再発性虫垂炎

    症状の改善のない、また増悪する場合には手術が遅れることのリスク、穿孔、膿瘍、術後感染、腸閉塞などを考え、急性として緊急手術の適応となります。 発症後数日を経過し腫瘤を形成している虫垂炎では全身状態が安定していれば保存的に経過を観察する場合や、ドレナージのみを行って1 2か月後に待機的虫垂切除を行うこともあります。[yomidr.yomiuri.co.jp] 主要鑑別対象疾患 粘膜、皮膚、眼を侵す疾患 多型滲出性紅斑、急性薬物中毒、Reiter病 ベーチェット病の主症状の1つをもつ疾患 口腔粘膜症状 慢性再発性アフタ症、Lipschutz陰部潰瘍 皮膚症状 化膿毛嚢、尋常痤瘡、結節紅斑、遊走血栓静脈、単発血栓静脈、Sweet病 眼症状 転移眼内敗血症網膜、レプトスピローシス[www-user.yokohama-cu.ac.jp] 急におなかが痛くなる状態を急性といいますが、虫垂炎と同じような場所が痛くなる病気でよく間違われるものに、大腸憩室炎、急性腸炎、附属器炎、腸間膜リンパ節炎などがあります。いずれも炎症を起こしているので、腹痛とともに熱が出たり、白血球が増加したりします。[mmccenta.jp]

さらなる症状

類似した症状