Create issue ticket

考えれる309県の原因 急性腰痛

  • 筋骨格腰痛

    腰痛とぎっくり腰では治療が違う ぎっくり腰(急性)の治療 慢性的な腰痛とぎっくり腰などの急性腰痛では治療方法が異なります。ぎっくり腰などの急性腰痛の場合はマッサージなどによる刺激は逆に症状を悪化させる可能性があります。そのため腰が痛いからと安易にマッサージを受けることは非常に危険です。[hapty-chiro.com] POINT 急性発症の腰痛では, 「安静時痛」「下肢神経症状」 の有無を確認しよう![igaku-shoin.co.jp] マッケンジー法による治療は、再発性の急性腰痛には、いくぶん効果があるが、短期的な効果は認められない [8] 。温熱療法を、急性腰痛や亜急性腰痛に使用するエビデンスは、多少はあるかもしれないが [74] 、温熱療法や寒冷療法を、慢性腰痛に使用するエビデンスは、ほとんど無い [75] 。[ja.wikipedia.org]

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症(こつそしょうしょう、骨粗しょう症、osteoporosis)とは、後天的に発生した骨密度の低下または骨質の劣化により骨強度が低下し、骨折しやすくなる疾患あるいはその状態を指す。 骨粗しょう症のほとんどを占める老化に伴う原発性骨粗鬆症と、続発性骨粗鬆症とがある。後者は疾患、特にステロイドの様な医薬品など薬物、栄養などによる二次的なものである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腎疝痛

    上部結石では、急性腎孟腎炎を起こす(発熱、腰痛等)事がありますが、この場合は緊急且つ適切な治療が必要です。 治療 尿路結石症の場合は、激しい腹痛等の症状がでる為、医療機関を受診しますが、症状などから誤診されることは少なく、適切な治療を受けることが出来ます。[jomf.or.jp] 5.急性腎盂腎炎 38 以上の発熱、時には腰痛を伴いますが、排尿に関する症状はありません。 抗菌薬の点滴静注あるいは内服で1週間以内に治癒します。 再発を繰り返す場合は、膀胱の尿が腎に逆戻りする膀胱尿管逆流症(VUR)という奇形があることがありますので膀胱造影X線撮影が必要になります。[uro-ito.com]

  • 帯状疱疹

    帯状疱疹(たいじょうほうしん、英: Herpes zoster, Zoster)とは、水痘・帯状疱疹ウイルス(英: Varicella-zoster virus)によって引き起こされるウイルス感染症の一種。 「1年の中で特に起こりやすいという時期はない」とされていたが、宮崎県内の医療機関(開業医39施設と総合病院7施設)が1997-2006年に行った4万8388例(男2万181人、女2万8207人)に対する調査では、8月に多く冬は少なく、帯状疱疹と水痘の流行は逆の関係にある。この現象は、10年間毎年観測されたとしている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊椎圧迫骨折

    症状は急性、慢性の腰痛で体動時(特に前屈位)に痛みが強くなることが多く、下肢症状や膀胱直腸症状は伴うことはまれです。腰椎椎間板症は、診察だけでは診断が難しい場合もあり、レントゲンでも大きな異常が認められない事も少なくないため、MRIという画像検査が必要になる場合もあります(図)。[jssr.gr.jp] こうした老化現象によって椎間板の支持性やクッションとしての機能が低下すると、周りの神経を刺激したり、靭帯、関節や筋肉に負担がかかり、 腰痛 の原因になることがあります。こうした椎間板の変性による腰痛が生じた状態を腰部椎間板症と呼びます。[jssr.gr.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    尿路感染症は急性腎盂腎炎に至る前に治療することが大切です。妊娠中に「発熱・腰痛・尿の異常」を感じたら、早めに医療機関を受診しましょう。 アピタル:弘前大学企画・今こそ知りたい! 感染症の予防と治療 (弘前大学大学院医学研究科産科婦人科学講座医員 小玉都萌(ともえ)、弘前大学医学部付属病院周産母子センター准教授 田中幹二)[asahi.com] ・寒気や震えの伴う高熱(38度以上) ・悪心 ・嘔吐 ・倦怠感、だるさ ・腎臓のあたりの痛みや腰痛 ・頻尿または残尿感や排尿時の痛みなどの急性膀胱炎の症状 子供が腎盂腎炎にかかった場合に顕著に表れる症状として食欲不振、嘔吐、発熱やひきつけなどの全身的な症状があります。 注意してほしいのが、お年寄りです。[mizuo-clinic.com] 腎膿瘍…血行性感染により、腎実質内に膿瘍(膿が溜まり袋状になったもの)を形成したもので、急性腎盂腎炎に似た症状を呈し、発熱、腰痛などを伴い、全身状態が悪化します。 膿腎症…感染症が尿路閉塞に長く続いた状態です。腎機能が低下する一方、拡張した腎盂に膿が溜まった状態となります。腎盂腎炎と同様の症状を示します。[yamabico.or.jp]

  • 変形性腰椎症

    腰痛症には急性腰痛と慢性腰痛があり、急性腰痛症は腰を捻る、重いものを持ち上げるなど、腰部に急に大きな負荷がかかった時に激しい腰痛が起きて動けなくなる状態で、一般的にはぎっくり腰ともいわれます。[seiran.or.jp] 一つめは背骨の腰の部分(腰椎)からくる腰痛で、腰痛の大部分を占めます。二つめが内臓の病気による腰痛、三つめがその他の腰痛です。 さらに腰痛には急に生じる急性腰痛、いつの間にか生じた慢性腰痛があります。動くとひどくなる運動時腰痛、寝ていても痛い安静時腰痛という分類もありま す。[min-iren.gr.jp] (65歳男性) Answer 腰痛を生じる疾患は様々です。ここでは代表的なものを取り上げてみます。 1)急性腰痛症 俗にぎっくり腰と言われるもので、不意の動作、たとえばクシャミ、前かがみになった瞬間などに激しい腰痛が生じます。ひどいと、歩くことができないくらいの痛みのこともあります。[kendo.or.jp]

  • 腰方形筋症候群

    ギックリ腰は俗称で、医学的には「急性腰痛」と表現する場合が多いです。 ギックリ腰の症状が出やすい疾患 急に発生した腰の痛み(急性腰痛)は色々な疾患から発生します。[midoridou.jp] 筋・筋膜性腰痛とは 筋肉と筋膜が原因となる腰痛の総称になります。 慢性腰痛急性腰痛もこれに分類され、 俗称ギックリ腰とも呼ばれます。 腰痛は筋肉が由来する事が多く、 筋・筋膜性腰痛が腰痛起因の約8割を占めている と言われています。 筋・筋膜性腰痛の特徴 寒くなると痛む、疲れがたまると痛む、寝起きで痛む、特定の動きで痛む。[hari-kawagoe.com] 急性腰痛のように急性的な痛みではなく連続的に起こってきます。また痛み以外に下肢のシビレや歩くのもつらいと感じる場合もあります。 原因は梨状筋の圧迫にあります。 梨状筋は、骨盤の中心にある仙骨から股関節に向かって、お尻を横切るように付いています。[misaki-tsukuba.jp]

  • 髄膜炎

    髄膜炎(ずいまくえん)とは、髄膜(脳および脊髄を覆う保護膜)に炎症が生じた状態である。脳膜炎、脳脊髄膜炎ともいう。炎症はウイルスや細菌をはじめとする微生物感染に起因し、薬品が原因となることもある。髄膜炎は炎症部位と脳や脊髄との近接度合いによっては生命の危険があるため、救急疾患に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状