Create issue ticket

考えれる211県の原因 急性脳症が発症することがある

つまり: 急性脳症が発症することがあ

  • 急性胃腸炎

    の場合に発症するミトコンドリアの障害が疑われ、これらの経過及び各検査結果によれば、Aの呈した症状は、広義の急性脳症の症状に類似していると判断しました。[medsafe.net] 点につき、裁判所は、まず、Aが最終的に陥ったショックの原因について、確定的な判断は困難であるが、やけどと1週間以内の感冒様症状の先行感染症の後に、突然、嘔吐と下痢が発生し、急激に父の顔が白く見えるなど意識の変容が見られた後に、傾眠状態に陥り、酸血症が出現しており、低血糖、尿酸の増加、乳酸及びピルビン酸の数値の上昇が認められ、この上昇からは急性脳症[medsafe.net]

  • ウイルス性上気道感染症

    さらに約6 7%に溶血性尿毒症症候群(HUS)、脳症などが発症する。なお、HUSの特徴はベロ毒素による血栓性微小血管炎形式の急性腎不全であり、破砕状赤血球を伴った貧血、血小板減少、腎機能障害を示すと考えられている。 罹患年齢 …全年齢層(発症し、かつ重症化しやすいのは子どもと高齢者である。患者の約80%が15歳以下である。)[nagaoka-med.or.jp]

  • 脳症

    厚生労働省によると、乳幼児などはインフルエンザ脳症急性脳症)を発症して重症化しやすい傾向があり、特に注意が必要だ。けいれんや意識障害、異常行動などが出た時は、すぐに受診するよう求めている。 高齢者は肺炎を起こすリスクが高まるほか、発症をきっかけに呼吸器や心臓などの持病が悪化することにも注意が必要としている。[yomiuri.co.jp] ノロウイルス感染に合併した発症時に低血糖がみられた急性脳症の軽症例が報告されている4)。また、2006年初冬に日本で大流行したノロウイルス感染に伴った重篤な急性脳症発症はいくつか知られている。[idsc.nih.go.jp] ドラベ症候群と急性脳症 小児急性脳症診療ガイドライン2016 診断と治療社 第7章 その他の急性脳症 より抜粋 その他の急性脳症 ドラベ症候群は乳幼児に発症し、発熱や高体温で誘発されるけいれん重積を繰り返すてんかん性脳症である ドラベ症候群では急性脳症の合併が稀ではなく、死亡することもある 重積発作を抑制することができてもその後の意識回復が[dravetsyndromejp.org]

  • インフルエンザ

    抄録 毎年,季節性インフルエンザが流行し,高齢者,乳幼児,妊婦,および慢性疾患患者がインフルエンザを発症した場合は,急性脳症や肺炎などを合併し死亡するケースも報告されている.さらに,今後,病原性の高いインフルエンザウイルスや薬剤耐性ウイルスが出現し,それらの感染拡大の可能性があるため,効果的なワクチンや治療薬を早急に開発する必要がある.生体[doi.org]

  • 慢性アルコール依存症

    Wernicke脳症急性,亜急性に発症し,意識障害,眼筋麻痺,体幹失調を3徴とするが,すべてそろう例は少ない.錯乱,失見当識,記銘力障害などを認め,昏睡例は予後が悪い.Korsakoff症候群は認知機能障害と健忘症候群をきたす.錯乱状態となり,記銘力障害,短期記憶が高度に障害される.前向性健忘,逆行性健忘,失見当識や作話もみられる.[kotobank.jp] ウェルニッケ‐コルサコフ症候群 サイアミン (ビタミンB1)の欠乏によって発症する疾患で、急性症状を ウェルニッケ脳症 (アルコール性脳症)、慢性状態を コルサコフ症候群 という。ウェルニッケ脳症は可逆的で数週間以内に自然に消失することがあるが、コルサコフ症候群に進展すれば80パーセントが回復しないが、生命の危険は少ない。[ja.wikipedia.org]

  • 心律動異常

    原因は突然死、てんかん重積を伴う急性脳症、溺死、不慮の事故などが多く報告されています。 乳児期発症のてんかん性脳症(てんかん性活動そのものが背景病理から予想される以上の認知や行動の重篤な障害をもたらし、時間とともに悪化しうる状態)に含まれます(2001年、国際抗てんかん連盟:ILAE )。[dravetsyndromejp.org]

  • 帯状疱疹

    *ライ症候群 とは「インフルエンザや水痘などのウイルス感染後、特にアスピリンを服用している小児に、急性脳症、肝臓障害を引き起こし、生命にもかかわる原因不明で稀な病気」とされ、1980年ごろ子どもではアスピリン(類似薬も)を使用しないようにと勧告が出されました。[oikawa-iin.jp] 2) アスピリンは使用しません( ライ症候群 の発症リスクを高める) 3) 非ステロイド系消炎鎮痛剤は避けます(重症A群溶連菌感染症の発症リスクを高めるため)。[oikawa-iin.jp]

  • ウイルス性発疹

    ・ 熱性けいれん (こども) ・ 急性脳症 など 特に熱性けいれんは全体の10%ほどに発症するとされています。さらに熱性けいれんを引き起こしたお子さんのうち、結果的に熱性けいれんではなく急性脳症による発熱・けいれんであったという症例を年間に1〜2名ほど経験しますので、注意が必要です。急性脳症に関しては記事2 『急性脳症とは?[medicalnote.jp]

  • アルコール離脱

    ウェルニッケ‐コルサコフ症候群 サイアミン(ビタミンB1)の欠乏によって発症する疾患で、急性症状をウェルニッケ脳症(アルコール性脳症)、慢性状態をコルサコフ症候群という。ウェルニッケ脳症は可逆的で数週間以内に自然に消失することがあるが、コルサコフ症候群に進展すれば80パーセントが回復しないが、生命の危険は少ない。[ja.wikipedia.org]

  • 口唇ヘルペス

    発症に季節的な変動はないが、男女比ではやや男性の方が多く発症している。 森島らの全国調査の結果から、我が国での小児における急性脳炎・脳症発症数は約1,000 2,000 例/年で(厚生省予防接種研究班、AND 調査)、そのうちHSV によるものは約80 160 例と推測されている。[niid.go.jp] Whitley らによると米国での発症率は年間50万人当たり1人であるが、年齢分布においては、日本の方が10歳以下の発症率が高いようである 4 ) 。参考のために、筆者らが以前にまとめた、急性脳炎・脳症を生じた例での原因となるヘルペス科ウイルスを示す (図) 。 図.[niid.go.jp]

さらなる症状