Create issue ticket

考えれる442県の原因 急性胃腸炎

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。[ja.wikipedia.org] 自宅での対応 急性胃腸による下痢や嘔吐などは、有害なものを排除しようとする、体が本来持っている防衛反応です。そのため、むやみにこれらの症状を止めようとしないほうが良いのです。特に下痢止め薬の服用は症状を長引かせることがあるので必要最小限にとどめてください。[tms-mc.com] 目次 概要 症状 原因 検査内容と主な診療科目 治療方法と治療期間 治療の展望と予後 発症しやすい年代と性差 概要 急性胃腸とは? 急性胃腸は、「吐き気・腹痛・下痢などの胃腸症状」が現れる病気のうち一過性のものを指します。長期的に胃腸症状が継続する場合、慢性胃腸などと呼ばれます。[fdoc.jp]

  • 大腸菌

    (1)腸管病原性大腸菌 サルモネラ腸に似た急性胃腸として発症する。おもに小児に発熱、嘔吐 (おうと) 、水様性下痢をおこす。O26、O44、O55、O86、O111、O114、O119、O125、O127、O128、O142、O158の血清型大腸菌。 (2)腸管侵入性大腸菌 大腸の粘膜に侵入し、細胞を破壊し、赤痢に似た症状となる。[kotobank.jp]

  • ロタウイルス感染症

    ロタウイルス感染症とは ロタウイルス感染症は、急性胃腸の一つで、5歳までにほぼすべての子どもが一度は感染するとされています。 水のような下痢と嘔吐を繰り返すため、ひどい脱水症状を引き起こし、点滴や入院が必要になることもあります。一度の感染では免疫が不完全で、繰り返し感染することがあります。[pref.nara.jp] ロタウイルス感染症 はロタウイルスによって引き起こされる急性の感染性胃腸で、乳幼児期(0から6歳頃)にかかりやすい病気です。 ロタウイルスは 感染力が強く、わずかなウイルスの量でも感染 してしまいます。 ロタウイルスとは:感染力が強いウイルスです ロタウイルスは、乳幼児の急性胃腸の主な原因ウイルスとして知られています。[city.saitama.jp] ロタウイルス感染症は、乳幼児をはじめ子どもに多い急性胃腸を引き起こす感染症で、2〜3月にかけて最も多く発生します。他のウイルス性胃腸にくらべて下痢や嘔吐の症状がはげしいことが多く、入院が必要となる小児 急性胃腸の原因のうち50%を占めるとされています。成人にも感染しますが、軽症ですんだり発症しなかったりする場合が多いようです。[family.saraya.com]

  • ノーウォーク ウイルス感染

    その後、非細菌性急性胃腸の患者からノーウォークウイルスに似た小型球形ウイルスが次々と発見されたため、一時的にノーウォークウイルスあるいはノーウォーク様ウイルス、あるいはこれらを総称して「小型球形ウイルス」と呼称していました。[crc-group.co.jp] ウイルス性食中毒 / プロテアーゼ / 活性中心 / 小型球形ウイルス / 結晶化 / X線結晶構造解析 研究概要 ノーウォークウイルスはヒトに感染して急性胃腸(下痢症)を引き起こす。[kaken.nii.ac.jp] 1977年、同じような胃腸が札幌からも発生し、サッポロウイルス (Sapporo virus) からサポウイルスと名付けられました。 症状 24-48時間の潜伏期間の後、急性胃腸の症状が現れます。嘔気、嘔吐、下痢、腹痛が見られ、発熱を伴うこともあります。これらの症状は通常、1、2日で治癒し、後遺症が残ることはありません。[senoopc.jp]

  • アストロウイルス

    同時期に、県南部において散発の急性胃腸患者からアストロウイルス4型が5件検出された( 図 )。5件中4件は3月中に採取されたものであり、残りの1件は集団事例が発生した保健所管内で4月中旬に採取されたものであった。県内のその他の地域の病原体定点におけるアストロウイルスの検出は、4月初めに千葉市内でアストロウイルス4型が3例検出されていた。[niid.go.jp] アストロウイルス:主に乳幼児に散発性の急性胃腸を起こすが、成人や老人施設で流行することもある。冬期に発症するが、一般に軽症で嘔吐や発熱も少ない。[uwb01.bml.co.jp]

  • 幼児胃腸炎

    Child Acute Gastroenteritis 解説:十河 剛 ( 横浜市東部病院 小児肝臓消化器科副部長) 子供の急性胃腸はこんな病気 急性胃腸とは、ウイルスや細菌に感染することによって、腹痛や嘔吐(おうと)、下痢などの症状を起こすことを指します。こうしたことから、急性胃腸は感染性胃腸炎または嘔吐下痢症とも呼ばれます。[saiseikai.or.jp] 子どもが急性胃腸のときの食事(2011年3月1日掲載) 白井 和美・白井クリニック 年齢・症状別に対応を 急性胃腸とは、ウイルスや細菌によっておきる嘔吐(おうと)、吐き気、下痢、腹痛を伴った病気を指します。熱やその他の症状が伴うこともあります。この場合お薬とともに食事療法が重要になります。[okinawa.med.or.jp] CQ15-4 :小児急性胃腸の多くはウイルス性であり一律に抗菌剤を使用することは推奨されない。 抗生剤を使用しないことが強く推奨されています。 CQ15-5 :急性胃腸小児に対する漢方薬の使用は、有効とするだけのエビデンスがなく、現時点で推奨度を決めることはできない。[tsudashonika.com]

  • サルモネラ食中毒

    感染すると、健康な成人では発熱や腹痛・下痢など急性胃腸にとどまるが、抵抗力が弱い子供や高齢者では、重症化すると菌血症を起こし、死亡することもある。 ハンバーガーやアイスクリーム、チーズなどの乳製品のほか、卵や肉、菓子類などさまざまな食材が原因となるが、ほとんどのサルモネラ菌は、60 15分の加熱で殺菌される。[excite.co.jp] 小児では意識障害、痙攣および菌血症、高齢者では急性脱水症および菌血症を起こすなど重症化しやすく、回復も遅れる傾向があ る。 病原診断 その他の食中毒菌による急性胃腸でも共通することであるが、症状と患者背景により臨床診断をし、平行して確定診断を行う。[niid.go.jp] 症状 主な症状は、急性胃腸です。嘔吐にはじまり腹痛、下痢、発熱などの症状が現れます。赤ちゃんや、高齢者など免疫力が弱い人は、重症化しやすく、回復も遅れる傾向があります。[fujinoyaweb.co.jp]

  • 感染性大腸炎

    自宅での対応 急性胃腸による下痢や嘔吐などは、有害なものを排除しようとする、体が本来持っている防衛反応です。そのため、むやみにこれらの症状を止めようとしないほうが良いのです。特に下痢止め薬の服用は症状を長引かせることがあるので必要最小限にとどめてください。[tms-mc.com] 急性胃腸 (きゅうせいいちょうえん、 英 : acute gastroenteritis )とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした 症候群 である。 殆どは感染性胃腸で、中でも ノロウイルス や ロタウイルス 等の ウイルス 性のものが圧倒的に多いが、一部に 細菌 性のものがある。[ja.wikipedia.org] 急性胃腸の食事で注意したいのは、あまりにも慎重になりすぎて低栄養状態を長引かさないようにすることです。食事の回数は、1日5 6回ぐらいにして、1回当たりの食事量が少なくてすむようにすることで消化管への負担を少なくして下さい。内容的には特に熱いもの、冷たいものなど胃腸を刺激するものは避けて消化されやすく高栄養の食事を心がけましょう。[tms-mc.com]

  • 幼児の下痢

    CQ15-4 :小児急性胃腸の多くはウイルス性であり一律に抗菌剤を使用することは推奨されない。 抗生剤を使用しないことが強く推奨されています。 CQ15-5 :急性胃腸小児に対する漢方薬の使用は、有効とするだけのエビデンスがなく、現時点で推奨度を決めることはできない。[tsudashonika.com] 健康な時の胃腸の大きさ(消化吸収能力)を「どんぶり一杯」とすると、急性胃腸に罹った時はウイルスの作用で胃腸の働きが悪くなるため、胃腸の大きさ(消化吸収能力)が「おちょこ一杯」くらいにまで小さくなっていると考えて下さい。[koizumi-shigeta.or.jp] クリニック通信 2012年3月5日 急性胃腸の対応の仕方 その1 こんにちは。明日から暖かくなるとのこと、春が待ち遠しいですね。 インフルエンザはA型の流行が終息し、今はB型が流行しています。B型のほうが重い合併症は少ないのですが、お薬を飲んでも発熱がややしつこい傾向があります。充分に安静を保って無理をしないでくださいね。[aoki-kodomo.net]

  • カンピロバクター腸炎

    急性腹症、他の原因による急性胃腸、食中毒などと見分けながら食事療法、脱水の予防・治療などを行います。整腸剤は投与しますが、腸管蠕動(ぜんどう)を抑制するような薬剤は使用しないのが原則です。 感染性は下痢急性期に高く、2 3週間排菌が持続しますが、有効な抗菌薬が投与されると排菌期間が短縮され、2 3日で感染性が失われます。[kansensho.jp] 症状について: 感染性腸は下痢、発熱、腹痛、悪心、嘔吐などの急性胃腸症状がみられることが多い。とくに下痢はほぼ必発であり、他の症状は疾患により少し異なる。 血便をきたす感染性腸炎はほとんどが細菌性腸炎であり、内視鏡検査が行われた場合は非感染性腸炎との鑑別が問題になる。[coloproctology.gr.jp]

さらなる症状