Create issue ticket

考えれる458県の原因 急性肝不全

  • ウイルス性肝炎

    臨床病型は、黄疸を伴う定型的急性肝炎のほかに、顕性黄疸を示さない無黄疸性肝炎、高度の黄疸を呈する胆汁うっ滞性肝炎、急性肝不全症状を呈する劇症肝炎などに分類される。[pref.tottori.lg.jp] 監修:埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科 教授 持田 智 先生 急性肝炎 劇症肝炎 (急性肝不全) 慢性肝炎 ウイルス性肝炎 アルコール性 肝障害 非アルコール性 脂肪肝炎 薬物性肝障害 自己免疫性肝炎 原発性胆汁性 胆管炎 ※ここでの情報はあくまで基本の情報であり症状は人それぞれで違う場合もあります。[kansikkan.jp]

  • 急性妊婦の脂肪肝

    [急性妊娠脂肪肝]acute fatty liver of pregnancy(AFLP) 【概念】 妊娠33 36週の妊娠後期、特に第Ⅲ期に突然の嘔気、嘔吐、心窩部痛で発症し、黄疸の発現とともに急性肝不全様の病態を呈する予後不良の疾患です。 特徴的なことは、肝組織像で、肝細胞内に微細顆粒状脂肪沈着を認めることです。[blogs.yahoo.co.jp] 妊娠末期に妊娠中毒症の妊婦さんに合併しやすい急性妊娠性脂肪肝、ある種の感冒薬を内服することにより乳幼児に稀に発生するライ症候群(急性肝不全)であります。 最初は、単なる肥満による脂肪肝であっても、そのうちにひどくなると高脂血症、糖尿病、高血圧症などの成人病が出現してきます。[asakura-med.or.jp] 劇症肝炎、亜急性肝炎、肝不全、肝性昏睡 1. 劇症肝炎 持田 智 289 2. 亜急性肝炎(SAH) 狩野 吉康 295 3. Acute-on-chronic肝不全 井戸 章雄 299 4. 肝不全 植村 正人 302 5. 術後(外傷後)肝不全 兼坂 茂 312 6.[nippon-rinsho.co.jp]

  • イソニアジド肝炎

    欧米での急性肝不全の半分以上はAPAPの中毒によって起こっていますが,日本ではそれほど多くありません。この機序ははっきりしています。動物実験で,いろいろなものをノックアウトして変えてみると,やはり個体のいろいろな因子が関わってきますが,予測不可能なほうの特異体質による肝障害と比べて個体の因子の関与は非常に少ないわけです。[jmedj.co.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    まれに重症の場合,急性肝不全を起こして,肝移植が必要となることがある。それほど重症でない場合は対症的に治療する。能動および受動免疫が垂直感染の予防に役立つ。 主なウイルス性肝炎として知られている病型のうち,新生児肝炎の主要な原因となるのはB型肝炎ウイルス(HBV)のみである。[msdmanuals.com] B型急性肝炎は、安静のみで回復しますが、時に劇症化(急性肝不全)することがあり、そのような場合には、抗ウイルス治療として核酸アナログ製剤やインターフェロンに加えて、急性肝不全の治療が必要になります。ちなみに、日本の急性肝不全で最も多い原因はB型肝炎です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] B型慢性肝炎に対する治療の実際 治療の目標と適応 B型肝炎ウイルス感染は急性肝不全、慢性肝不全、肝細胞癌の3つの病態により感染者の生命予後に大きく寄与するため、B型肝炎に対する治療の目標は感染者の生命予後、生活の質の改善です。そのためにB型肝炎ウイルス持続感染者ではALT 31 U/Lの方を対象として、以下の目標で治療を行います。[ncgmkohnodai.go.jp]

  • 肝不全

    劇症肝炎以外の急性肝不全の原因で最も多いものはアルコール性急性肝不全である.元来 肝硬変 程度まで進展した慢性 肝障害 に発症することの多いアルコール性肝炎( アルコール性急性肝不全)は,実際には慢性肝不全急性増悪であり,多臓器不全で死亡する率が高く,この項では扱わない.劇症肝炎以外の急性肝不全の原因疾患は,以下循環不全,悪性腫瘍浸潤,中毒性[primary-care.sysmex.co.jp] .わが国における急性肝不全の実態は,同研究班が全国調査を実施しており,肝炎症例が主体であるが,ウイルス性症例が減少傾向にあり,成因不明例が増加していることが明らかになった.その予後は不良であり,人工肝補助療法で覚醒は得られても,肝再生不全によって肝機能の改善が得られず,肝移植以外では救命できない症例が多い.[ci.nii.ac.jp] 急性肝不全は、肝疾患の病歴がなく、急激に肝細胞が壊されて肝臓の機能が果たせなくなった状態をいいます。劇症肝炎は、特にウイルス性の急性肝炎や薬剤による肝障害などで急激かつ広範に肝細胞が壊されて肝臓の機能が低下するものをいいます。[asahi-kasei.co.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    伊藤 正樹, 磯目 正人, 川崎 幸彦, 鈴木 仁 医中誌Web 参考文献10件 被引用文献3件 26 新生児ヘモクロマトーシスの3例 村上 智子, 村山 圭, 長坂 博範, 高柳 正樹, 滝 元宏, 相澤 まどか 医中誌Web 被引用文献1件 1 小児の微量元素代謝異常症 児玉 浩子 医中誌Web 参考文献46件 被引用文献1件 2 急性肝不全[ci.nii.ac.jp] 出生した場合でも、生後早期から肝機能異常が認められ、胆汁うっ滞や浮腫、肝性昏睡などの急性肝不全の徴候を呈する。 4. 治療法 内科的治療は、交換輸血、カクテル療法(抗酸化剤、鉄キレート剤)、胎児の場合に母体に対する免疫グロブリン大量療法(1g/kg)がこれまでに報告されている。内科治療が奏効しない場合には、肝移植の適応である。 5.[ped-hbpd.jp] 新生児ヘモクロマトーシスは,遺伝性ヘモクロマトーシスとは別の疾患で,生後早期に急性肝不全をきたす。一部では,母児間同種免疫が関与するとされており,胎児期の母体への大量免疫グロブリン投与が有効とされる。[jmedj.co.jp]

  • 肝炎

    総説 急性肝不全:わが国における課題 ジャーナル フリー 2015 年 56 巻 9 号 p. 453-460[doi.org] しかし、一部の方は(1 2%)は重症化し、劇症肝炎(急性肝不全)と呼ばれる重篤な病態に移行します。 以下のような症状があらわれることがあります。[kansikkan.jp] 監修:埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科 教授 持田 智 先生 急性肝炎 劇症肝炎 (急性肝不全) 慢性肝炎 ウイルス性肝炎 アルコール性 肝障害 非アルコール性 脂肪肝炎 薬物性肝障害 自己免疫性肝炎 原発性胆汁性 胆管炎 ※ここでの情報はあくまで基本の情報であり症状は人それぞれで違う場合もあります。[kansikkan.jp]

  • 急性肝不全

    劇症肝炎以外の急性肝不全の原因で最も多いものはアルコール性急性肝不全である.元来 肝硬変 程度まで進展した慢性 肝障害 に発症することの多いアルコール性肝炎( アルコール性急性肝不全)は,実際には慢性肝不全急性増悪であり,多臓器不全で死亡する率が高く,この項では扱わない.劇症肝炎以外の急性肝不全の原因疾患は,以下循環不全,悪性腫瘍浸潤,中毒性[primary-care.sysmex.co.jp] 従って急性肝不全モデルにおける脳浮腫に対しては、マニトールとPGI_2誘導体の併用投与が有効ではないかと考えられた。[kaken.nii.ac.jp] INR値1.5以上で,初発症状出現から8週以降24週以内に昏睡Ⅱ度以上の脳症を発現する症例は遅発性肝不全と診断し,急性肝不全の類縁疾患として扱われる。 劇症肝炎は年間発生数が400例程度の希少疾患であり,急性肝不全は非昏睡型も含めて年間1000例程度発生していると推定される。[jmedj.co.jp]

  • ウィルソン病

    また、急性肝不全、肝硬変、溶血発作などを起こして見つかるケースもあります。1回の採血では数値の変動があるので、はっきりと病気がわからないことも多いのですが、何回検査しても肝機能の数値(ALT・AST)が高い場合は医師にもその旨を伝えるようにしましょう。[medicalnote.jp] 経過も様々で、慢性肝炎、急性肝炎、肝硬変、急性肝不全、 劇症 肝炎などの経過を取ります。 ②神経型:神経症状としては、いわゆるパーキンソン病様の症状(歩行障害、うまくしゃべれない、よだれ、手が震える、物をうまく呑み込めない)がみられます。[nanbyou.or.jp] 最悪の場合、肝硬変末期の肝不全(かんふぜん)、食道静脈瘤破裂(しょくどうじょうみゃくりゅうはれつ)、急性肝不全のいずれかによって、死に至ることもあります。 原因は、常染色体劣性遺伝(じょうせんしょくたいれっせいいでん)による13番染色体の異常です。 [検査と診断] 若い人に前記の三大症状があれば、この疾患が疑われます。[kotobank.jp]

  • 肝性脳症

    肝不全は、急性型(急性肝不全)と慢性型(肝硬変)に大別される。このコンテンツでは主に、急性肝不全と肝性脳症について記載する。 肝硬変 に関しては別のコンテンツを参考にする。[clinicalsup.jp] は 劇症肝炎 に代表され,急性(8週以内)に広範囲の肝細胞が壊死に陥る急性肝不全に伴って認める神経症状である.倦怠感,食欲不振などの急性肝炎症状で発症し,黄疸,頻脈,血圧低下などの肝不全症状とともに,意識障害を中心として,羽ばたき振戦,構音障害,錐体外路徴候,錐体路徴候,運動失調なども認める.慢性型は 肝硬変 などの慢性肝疾患に伴って認める[kotobank.jp] 基礎になる病態としては急性肝不全、末期肝硬変、そして大きな遠肝性門脈側副血行路(肝障害の有無・種類は問わないが、多くは肝硬変を合併)などが挙げられる。 まず急性肝不全における脳症であるが、高度の肝炎に続く明確な肝機能低下、種々の肝不全徴候とともに発現するので診断に難渋することはほとんどない。[m-review.co.jp]

さらなる症状