Create issue ticket

考えれる124県の原因 急性感染性心内膜炎

  • 大動脈弁疾患

    感染 :細菌が心臓弁膜に付着し、弁膜を急性に破壊します。発生前に医療行為(歯科治療、カテーテル留置、尿道カテーテル留置など)を受けていることが多く、菌血症(細菌が血液内に混入する状態)から発展して心臓弁膜に菌が付着し、弁を比較的急速に破壊し閉鎖不全を引き起こします(図2-3)。[machida-city-hospital-tokyo.jp]

  • 心臓弁膜症

    感染 :細菌が心臓弁膜に付着し、弁膜を急性に破壊します。発生前に医療行為(歯科治療、カテーテル留置、尿道カテーテル留置など)を受けていることが多く、菌血症(細菌が血液内に混入する状態)から発展して心臓弁膜に菌が付着し、弁を比較的急速に破壊し閉鎖不全を引き起こします(図2-3)。[machida-city-hospital-tokyo.jp]

  • 肺炎球菌性肺炎

    概要 疾患のポイント: 肺炎球菌性肺炎とは、肺炎球菌が原因で起こる肺炎である。 市中肺炎の中で最多であり、死亡者が多いのも肺炎球菌肺炎である。 侵襲性肺炎球菌感染症(侵襲性感染症のうち肺炎球菌が髄液又は血液から検出された場合)は、感染症法の5類感染症に分類され、診断した医師は、7日以内に最寄りの保健所に届け出る必要がある。 市中肺炎と診断した場合には、第一に肺炎球菌性肺炎であるかどうか考える。 インフルエンザ罹患後に続発する肺炎としても、28 48%と最多である。 市中肺炎と診断後、良質な喀痰を塗抹鏡検し、グラム陽性双球菌を有意に認めたら確定診断できる。 喀痰グラム染色中の肺炎球菌: 図表[…][clinicalsup.jp]

  • 動脈管開存症

    動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう、英: patent ductus arteriosus; PDA)とは、胎生の哺乳類で、出生後動脈管が閉鎖しなかった結果として生じる先天性心疾患。初期には大動脈から肺動脈への血液の流入(左 右短絡)により肺の血液量が増加し、左心系うっ血性心不全を示すが、病気の進行により肺動脈圧が大動脈圧を超えると肺動脈から大動脈への血液の流入(右 左短絡)が生じ、静脈血が全身に循環することにより低酸素血症を示す(アイゼンメンガー症候群)。動脈管開存症では通常の血流量より多くの血液が流れるため、肺動脈や肺静脈の血管径は拡張する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 二尖弁大動脈弁狭窄症
  • 大動脈弁狭窄症

    大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう、英Aortic valve stenosis:AS)は、大動脈弁口の狭窄によって全身に血液が送り出されにくくなる疾患である。 大動脈弁口の面積が減少すると抵抗が増し、心収縮期に血液が全身に送り出されにくくなる。その結果、収縮期血圧が低下し様々な臨床症状を呈するようになる。 正常な大動脈弁口の面積は3cm2程度で、1.5cm2以下になると臨床症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    敗血症性ショックの患者が対象 研究班は、この報告より前の研究で、重症の感染により 敗血症性ショック という致命的な状態に陥った患者200人をランダムに分け、体温36.5 から37 の範囲にまで冷やしながら治療するか、冷やさないで治療するかを比較し、冷やしたグループのほうが14日目までの死亡率が低いという結果を得ていました。 ここで得られた治療データを解析し、体温の変化と死亡率の関係をさらに詳しく調べました。 38.4 が境界 体温で区切ったとき、体温が高い場合と低い場合で死亡率に最も大きな違いが出るように境界の値を計算したところ、「 体温が38.4[…][medley.life]

  • 大動脈弁閉鎖不全症

    感染 :細菌が心臓弁膜に付着し、弁膜を急性に破壊します。発生前に医療行為(歯科治療、カテーテル留置、尿道カテーテル留置など)を受けていることが多く、菌血症(細菌が血液内に混入する状態)から発展して心臓弁膜に菌が付着し、弁を比較的急速に破壊し閉鎖不全を引き起こします(図2-3)。[machida-city-hospital-tokyo.jp]

  • 僧帽弁疾患

    書籍・雑誌 全国送料無料でお届け 発送目安:8 14営業日 16,200 円(税込) 目次 新・心臓病診療プラクティス 17 大動脈弁・僧帽弁疾患を心エコー図で診る・活かす ―目次― ?.大動脈弁疾患 1.正常大動脈弁の解剖 2.大動脈弁狭窄症 1)大動脈弁狭窄をきたす疾患とそのみかた 2)狭窄大動脈弁の病理 3)大動脈弁狭窄症の病態 4)大動脈弁上・弁下狭窄 3.大動脈弁閉鎖不全症 1)大動脈弁閉鎖不全をきたす疾患とそのみかた 2)閉鎖不全大動脈弁の病理 3)感染性心内膜炎の大動脈弁・大動脈病変 4)大動脈弁疾患に合併した大動脈観察の意義とその実際 5)大動脈弁疾患と胸痛[…][molcom.jp]

  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎 (さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性 炎症 ( 肺炎 )であり、そのほとんどは 肺胞性肺炎 である。 肺炎の死亡率はとくに高齢者で高く、75歳を過ぎると急激に増加する。加齢に伴う 唾液 分泌量の低下は口腔内の病原性細菌の増殖をまねき、病原細菌を含んだ口腔‐咽頭分泌物のくり返される誤嚥は肺の細菌処理能力をこえ、肺炎を引き起こす。よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。また、人工呼吸器や経管栄養チューブをつけている高齢の入院患者などでは 胃液 の誤嚥による肺炎も問題となる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状