Create issue ticket

考えれる25県の原因 急性心膜炎, 性感染症に対する陽性検査

  • 梅毒

    梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症である。第一感染経路は性行為であるため性病の1つとして数えられるものの、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • トキソプラズマ感染症

    妊娠しようと考えているひとは、トキソプラズマの血液検査を受けましょう。トキソプラズマが陽性であれば、胎児が感染して先天トキソプラズマを起こす心配はありません。トキソプラズマが陰性であれば、トキソプラズマに感染するのを防ぐためにしっかりした注意が必要です。 すでに妊娠している人は、産婦人科の主治医に相談しましょう。[city.yokohama.lg.jp] 異常値を示す病態・疾患 上昇する疾患 局所性トキソプラズマ症(リ ンパ腺型,網脈絡型,皮膚発疹型,炎型), 後天性トキソプラズマ症(急性発熱発疹型,中枢神経型,肺炎型,腸炎型), 先天性トキソプラズマ症 参考文献 測定法文献 亀井 喜世子 他:臨床病理 42-7-743 747 1994 臨床意義文献 矢野 明彦:産婦人科の実際 43[test-guide.srl.info] もし妊娠前にトキソプラズマの検査をする機会があり、そこで抗体が陽性であれば、既にトキソプラズマに慢性感染しているため、先天トキソプラズマを起こす危険はほとんどありません。一方、抗体が陰性の場合は妊娠中にトキソプラズマに感染しないよう、徹底した予防が必要になります。 トキソプラズマ症の症状は?[news.goo.ne.jp]

  • 伝染性単核球症

    重要なのは,異種親和抗体検査は,一部の急性HIV感染患者で偽陽性となる可能があることである。異種親和性抗体の力価および保有率は疾患の第2および第3週目に上昇する。したがって,この疾患が強く疑われるものの異種親和性抗体検査が陰性の場合は,発症の7 10日後に検査を繰り返すことが妥当である。[msdmanuals.com] 感染細胞の核内に陽性シグナルが見られる。 病理組織以外の検出診断法 伝染単核球では血清抗体検査(EA-IgG、 VCA-IgM、 VCA-IgG、EBNA-IgG抗体)が重要である。他に PCR,サザンブロット法など。 参考文献等 ダコ社による EBER ISH の解説。[www0.nih.go.jp]

  • ライム病

    日本では急性ライム病以外で、検査に回してもらえる可能は非常に少ないと言えます。 たとえ、ライム病と共感染の血液検査陽性であっても、急性期ライム病以降の治療後ライム病症候群、慢性期ライム病患者の患者の存在を認識し、治療できる医師が日本にはいません。(もし、ご存知でしたら、情報をいただけると助かります。)[markhouse-projects.com]

  • 皮膚感染症

    11.ウッド灯で診断する紅色陰癬 12.猫ひっかき病を疑ったら 第3章 抗酸菌感染症 1.真性皮膚結核を疑う皮膚病変 2.結核疹を疑う皮膚病変 3.バザン硬結性紅斑をみたら 4.非結核性抗酸菌症の皮膚病変 5.ハンセン病を疑ったら 第4章 感染 1.忘れてはいけない梅毒の皮膚症状 2.梅毒の標準治療は?[m-review.co.jp] 旧 新 菌血症 敗血症 敗血症 亜急性細菌性 感染性 感染性 細菌性 毛瘡 表在性皮膚感染症 化膿性皮膚炎 急性表在性毛包炎 伝染性膿痂疹 膿痂疹 毛そう 毛のう炎 毛包炎 カルブンケル 深在性皮膚感染症 せつ せつ腫症 ひょう疽 フルンケル フレグモーネ よう 化膿性爪囲炎 耳せつ 尋常性毛瘡 丹毒 爪囲炎[fpmaj.gr.jp] 分類 [ 編集 ] 感染場所による分類 [ 編集 ] 脳など中枢神経 髄膜炎 、 脳炎 など 顔 鼻炎 、 副鼻腔炎 、 咽頭炎 、喉頭炎、 眼窩蜂窩織 など 首 喉頭蓋 、 咽頭後壁膿瘍 、 亜急性甲状腺 、 レミエール症候群 など 肺・気管支 肺炎 、 気管支炎 、 結核 など 心臓・血管 感染性炎 、 心外膜炎 、 心筋炎[ja.wikipedia.org]

  • 急性肺性心

    2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症:それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症:心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症:腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp] 〈前回の内容〉 急性の心電図 〈目次〉 急性肺血栓塞栓症 急性肺性とはどんな疾患か 急性の 肺動脈圧 上昇による右心系への負荷を 急性肺性心 (acute corpulmonale)といい、ほとんどは 急性肺血栓塞栓症 (acute pulmonary thromboembolism:PEまたはPTE)が原因です。[kango-roo.com] 急性細菌性がある。出血する危険性が高い(消化管潰瘍発症後日が浅い、頭蓋内出血発症後日が浅い、脳脊髄や眼の手術後日が浅い、胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある、気管支拡張症または肺出血の既往がある、悪性腫瘍がある、高血圧症があるなど)。出血しやすい。血が止まりにくい。[rad-ar.or.jp]

  • 猩紅熱

    やはり疑わしい症状や所見あって、検査陽性になれば非常に溶連菌感染である可能が高くなります。 反対に熱はあるけど、ノドは痛くなかったりノドが赤くなかったりすれば溶連菌が原因ではないかもしれません。 とはいえ検査で陽性になった場合、溶連菌が原因である可能性は十分に考えなければなりませんので、治療を開始いたします。[washio-jibika.com] 感染した溶連菌が原因となって中耳を起こすことがあります。また、2 3週目に急性糸球体腎急性、リウマチ熱などが、溶連菌感染症が原因となって起こることがあります。 治療と、家庭における看護の注意点 治療薬としては、溶連菌に有効なペニシリンなどの抗生物質を内服します。[women.benesse.ne.jp]

  • 再発肺塞栓症

    2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症:それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症:心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症:腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp] 出血している(頭蓋内出血、後腹出血または他の重要器官における出血など)。出血しやすい。血が止まりにくい。急性細菌性がある。消化管潰瘍がある。頭蓋内出血後または脳脊髄や眼の手術後あまり日が経っていない。腎機能障害がある。肝機能障害がある。[rad-ar.or.jp] 禁忌 次の患者には投与しないこと 全効能共通 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 出血している患者(頭蓋内出血、後腹出血又は他の重要器官における出血等)[出血を助長するおそれがある。] 急性細菌性の患者[血栓剥離に伴う血栓塞栓様症状を呈するおそれがある。][kegg.jp]

  • 二次性肺高血圧症

    2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症 それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症 心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症 腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp] [ 編集 ] I30 急性 I30.0 急性非特異性特発性 I30.1 感染性 I30.8 その他の型の急性 I30.9 急性,詳細不明 I31 心膜のその他の疾患 I31.0 慢性癒着性心膜炎 I31.1 慢性収縮性心膜炎 I31.2 心膜血腫,他に分類されないもの I31.3 心膜滲出液(非炎症性) I31.8[ja.wikipedia.org] 2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症:それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症:心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症:腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp]

  • ウイルス血症

    妊婦のスクリーニング検査では、結果が「陽性」でも、大半が「偽陽性」です。スクリーニング検査で「陽性」の場合は、必ず確認検査を実施し、陽性か非陽性かを確定する必要があります。 後天免疫不全症候群(HIV感染を含む)は、5類感染症全数把握疾患に定められており、診断した医師は7日以内に最寄の保健所に届け出る必要があります。[city.yokohama.lg.jp] さまざまな呼吸器疾患や、心筋炎、無菌性髄炎などを起こす。 ポリオウイルス エンテロウイルス属のウイルスである。 感染により急性灰白髄炎(小児麻痺)を引き起こす。1、2、3型があるが、型間で症状の差はないとされる。本邦では1987年以降根絶状態にある。 RSウイルス 飛沫感染により伝播し、分泌物を直接吸い込む形での感染が多い。[kenkoigaku.or.jp] 最も軽い疾患としては発熱、またはこれと上気道症状を併発した急性熱性疾患(夏かぜ)である。その他、皮膚・粘膜の発疹、、またはウイルスが中枢神経へ進入すれば無菌性髄炎あるいは麻痺を起こすことになる。 表2には1999年4月1日に施行された「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に定められた感染症を示した。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]

さらなる症状