Create issue ticket

考えれる10県の原因 急性広範型肺血栓塞栓症

  • 肥満

    2014/03/14 11:30 国力、食生活を象徴するかのように、アメリカでは肥満体系を有する人が多いとのイメージがある。実際、 【アメリカの肥満状態をグラフ化してみる】 などの記事で解説の通り、公的機関による調査結果でも、肥満と判断される人の割合は多く、その考えにさほど違いはない。そのアメリカにおける肥満な現状に関して、同国の調査機関ギャラップが先日、肥満の人が多い州・少ない州の間で、病症の診断率や健康的な日常生活の実行度にいかなる違いがあるかについて、興味深い調査結果を発表している( 【Mississippians Most Obese, Montanans Least Obese】 )。[…][garbagenews.net]

  • うっ血性心不全

    鷺沢萠さん 18歳で文学界新人賞を最年少受賞した作家の鷺沢萠(さぎさわ・めぐむ、本名・松尾めぐみ)さんが、東京都目黒区の自宅で死去した。35歳だった。関係者の話によると、自宅で倒れているのを、訪れた知人が12日夜に発見した。死亡時刻は11日未明、心不全のためとみられる。葬儀は近親者のみで行う。自宅は公表していない。[…][asahi.com]

  • 深部静脈血栓症

    静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう, Venous thrombosis; VTE)とは、肺血栓塞栓症(英語: Pulmonary embolism; PE)と深部静脈血栓症(英語: Deep vein thrombosis; DVT)を併せた疾患概念である。下肢や上腕その他の静脈(大腿静脈など)において血栓(凝固した血のかたまり)が生じ、静脈での狭窄・閉塞・炎症が生ずる疾患。しばし無症状性であることが多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • 有痛性青股腫
  • 慢性右側うっ血性心不全
  • 不全対麻痺
  • 対麻痺

    対麻痺 (ついまひ、 英 : paraplegia )とは、 四肢麻痺 と異なり、両下肢のみの 運動麻痺 (運動中枢から筋線維までのうちのいずれかの障害によって 随意運動 ができない状態)がある状態のこと。特に 胸髄 以下の 脊髄 障害および損傷によるものが多い。 対麻痺の種類 [ 編集 ] 対麻痺に付随する症状によって分類する。 痙性対麻痺 (spastic paraplegia):下肢の 痙縮 (spasticity)を伴う対麻痺をこのように呼ぶ。痙縮は筋緊張の亢進(受動的に動かしたときに正常よりも抵抗が大きい状態)であり、 錐体路障害 によって現れる症状であるので、他の 錐体路徴候[…][ja.wikipedia.org]

  • 本態性血小板血症

    本態性血小板血症(ほんたいせい・けっしょうばんけっしょう、英名Essential thrombocythemia またはEssential thrombocytosis)とは、骨髄増殖性疾患の一つで造血幹細胞レベルの異常から主に血小板が著しく増加する血液疾患である。(ICD-10 D75.2, D47.3) 原発性血小板血症や特発性血小板増加症、血小板増多症あるいは単に血小板血症と呼ばれることもある。 血液[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝静脈閉塞
  • 腎静脈血栓症

さらなる症状