Create issue ticket

考えれる24県の原因 急性広範型肺血栓塞栓症

  • 肥満

    肥満指数(BMI)と死亡リスク 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本人のBMIと死亡リスク[…][epi.ncc.go.jp]

  • うっ血性心不全

    著者の結論: 現時点でのデータは、2つの方法による利尿薬の静脈内投与の利点について信頼に足る評価を下すには不十分である。小規模で比較的異質な研究からは今回のレビューにより、ループ利尿薬を持続注入した方が利尿に優れ、安全性プロフィールが良好であることが示された。これまでのデータからは臨床診療に関し明確な勧告を行うことはやはりできない。この問題の十分明確な解決のためには、さらに大規模な研究を実施すべきである。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

  • 深部静脈血栓症

    報道関係各位 2014年8月15日 ブリストル・マイヤーズ株式会社 ファイザー株式会社 この参考資料について ※当資料は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とファイザー社が2014年7月29日(米国現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に 翻訳再編集し、皆さまのご参考に供するものです。内容につきましては原本である英文が優先します。詳細はオリジナル英文をご参照ください。 【注意】日本において、エリキュース 錠 (一般名:アピキサバン) は、「非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制」を効能・効果として承認されています。(詳しくは、製品の添付文書を参照ください)[…][pfizer.co.jp]

  • 有痛性青股腫

    有痛性青股腫(ゆうつうせいせいこしゅ, ラテン語: Phlegmasia cerulea dolens, painful blue edemaの意)は、一般的でない重症の深部静脈血栓症の病態。 これは下肢の静脈の主要な血行と側副血行路が血栓で閉塞されたときにみられる。 有痛性青股腫では、突然発症の激痛と腫脹、チアノーゼ、浮腫を患肢にみとめる。この静脈血栓症は、抗凝固療法を受けていても、肺塞栓症をおこすリスクが高い。 足の壊疽をおこすこともありうる。 有痛性青股腫の患者の約半数には悪性腫瘍がみられる。この症状は血管外科医であるジョナサン・タウンによって報告された。彼はまた"white clot[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性右側うっ血性心不全

    心臓の病気について 心房粗動 大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 奥山 裕司 1.始めに 心房粗動は、弁膜症や心筋症といった心房に負荷がかかるような心臓病がある場合や、高血圧のため心肥大がある場合などにおこりやすい不整脈です。いろいろと検査してもこれと言って異常の無い場合もあります。心房は1分間に240以上の回数で興奮(収縮)していますが、心室に伝わる割合が様々であり症状も多様です。 心房粗動では心房の中に血栓ができて、それが剥がれて流れて行き、脳梗塞を発生することがあるため、少なくともずっと心房粗動が続いているような場合には血栓の予防薬を服用する方が良いです。 2.心房粗動とは[…][new.jhrs.or.jp]

  • 不全対麻痺

    抄録 【目的】第3腰髄(以下;L3)不全対麻痺症状を呈した患者に対して装具療法を実施した。術後7か月を経過した時期からでも歩行に改善がみられて活動性が向上したが、その間には装具の変更と破損に対する修理が何度も必要だった。今回の装具療法の経験について症例報告する。 【方法】下記経過の症例に対して、外来での装具処方検討を実施した。症例:60歳代男性 診断名:腰椎椎間板ヘルニア(L3/4、L4/5)、腰部脊柱管狭窄症後L3不全対麻痺(ASIA motor score 右35点、左35点)、神経因性膀胱、下肢感覚障害[…][jstage.jst.go.jp]

  • 対麻痺

    対麻痺 (ついまひ、 英 : paraplegia )とは、 四肢麻痺 と異なり、両下肢のみの 運動麻痺 (運動中枢から筋線維までのうちのいずれかの障害によって 随意運動 ができない状態)がある状態のこと。特に 胸髄 以下の 脊髄 障害および損傷によるものが多い。 対麻痺の種類 [ 編集 ] 対麻痺に付随する症状によって分類する。 痙性対麻痺 (spastic paraplegia):下肢の 痙縮 (spasticity)を伴う対麻痺をこのように呼ぶ。痙縮は筋緊張の亢進(受動的に動かしたときに正常よりも抵抗が大きい状態)であり、 錐体路障害 によって現れる症状であるので、他の 錐体路徴候[…][ja.wikipedia.org]

  • 本態性血小板血症

    本態性血小板血症 Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 解説 はじめに 末梢血血小板数の正常上限は40万/μl以下であり、40万/μl以上になると血小板増 加症と呼ばれます。一般的には60万/μl以上になると病的であるとされます。その原因 は 本態性血小板増多症を含む骨髄増殖性疾患 、 骨髄異形成症候群 、 家族性血小板増 多症、 そして下記に示す 2次性血小板増加症 に分けることができます。 2次性血小板増加症の原因 (1)運動 (2)分娩 (3)薬剤(エピネフィリン、サイトカインなど)[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • 肝静脈閉塞

    肝部下大静脈閉塞を伴った肝静脈閉塞症(Budd-Chiari症候群)に対し,meso-atrial shuntを施行した一例 兵庫医科大学胸部外科 良本 政章,八百 英樹,向井 資正 山村 光弘,田中 宏衞,中川 隆司 稲井 理仁,吉岡 良晃,鍛治 正範 宮本 巍 【目的】今回我々は肝部下大静脈閉塞を伴った肝静脈閉塞症(Budd-Chiari症候群;BCS)に対する直達手術後の再発例に対してmeso-atrial shuntを施行し,良好な結果を得ることができ,きわめて有用な方法と思われたのでビデオを供覧する.【症例】30歳,女性.平成11年 4[…][jsvs.org]

  • 腎静脈血栓症

さらなる症状