Create issue ticket

考えれる9県の原因 心音誇張

  • 急性アンフェタミン中毒
  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • ジギタリス中毒
  • 褐色細胞腫

    【MixOnline】パンくずリスト 【MixOnline】記事詳細 小野 褐色細胞腫の症状軽減薬メチロシンを導入 国内開発へ 公開日時 2013/10/23 03:50[…][mixonline.jp]

  • 甲状腺クリーゼ
  • メタラミノール
  • セイヨウハシリドコロ

    ベラドンナ(学名:Atropa bella-donna)は、ナス科オオカミナスビ属の草本。和名は、「オオカミナスビ」、「オオハシリドコロ」、「セイヨウハシリドコロ」。 ベラドンナは西欧で自生する多年草で、最近では北アフリカおよび西アジア、北アメリカの地域で帰化している。自生している場所は山間の日陰などで、湿気が多く、石灰質の肥えた土壌の場所で群生しているのを見ることができる。早春に葉に包まれた新芽を出し、全長は 40cm から 50cm 程度、最高で 5m ほどにもなる。花期は夏ぐらいまでで、くすんだ紫色の花を咲かせる。この花が過ぎた後に緑色の実をつけ、1cm[…][ja.wikipedia.org]

  • ジギタリス属

    ホーム 参考ページへ ジギタリス ( Digitaris purpurea )は強心作用を有する成分 ジギトキシン (Digitoxin)を含み、今日でも不整脈やうっ血性心不全などの心 臓疾患に繁用される。ジギトキシンは心筋に特異的に作用するステロイド配糖体の一種であり、同様の構造及び薬理作用を有する一群の二次代謝物を 強心配糖体 (cardiac glycoside)と称している。強心配糖体は自然界に意外に広く分布し、多くは有毒成分として作用する( 薬用植物図鑑 を参照)。ジギタリスは欧州原産の強心配糖体を含むオオバコ科(旧ゴマノハグサ科)植物の1種(その他、同属植物として ケジギタリス D.[…][www2.odn.ne.jp]

  • ジギタリス属

さらなる症状