Create issue ticket

考えれる6県の原因 心雑音はヴァルサルヴァで減少した

  • 大動脈弁狭窄症

    大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう、英Aortic valve stenosis:AS)は、大動脈弁口の狭窄によって全身に血液が送り出されにくくなる疾患である。 大動脈弁口の面積が減少すると抵抗が増し、心収縮期に血液が全身に送り出されにくくなる。その結果、収縮期血圧が低下し様々な臨床症状を呈するようになる。 正常な大動脈弁口の面積は3cm2程度で、1.5cm2以下になると臨床症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 僧帽弁閉鎖不全症

    僧帽弁閉鎖不全症 概要 僧帽弁閉鎖不全症は、犬の心臓病の中で最も多い病気です。 心臓には4つの部屋と4つの弁があり、弁は血液の逆流を防ぐ働きをしています。僧帽弁閉鎖不全症は、血液が肺から戻ってきた部屋(左心房)と全身に送る部屋(左心室)の間の弁(僧帽弁)がしっかりと閉じなくなることで起きる病気です。[…][axa-direct.co.jp]

  • 大動脈弁閉鎖不全症

    【インタビュー】 公開日 2015 年 07 月 04 日 更新日 2018 年 06 月 27 日 大動脈弁閉鎖不全症 東京ベイ・浦安市川医療センター ハートセンター長 渡辺 弘之 先生 大動脈弁閉鎖不全症 は、私たちの心臓の働きにかかわる重大な病気で、重症化すると命にかかわることもあります。この記事では、大動脈弁閉鎖不全症がどのような病気なのかについて説明します。 大動脈弁閉鎖不全症とは?[…][medicalnote.jp]

  • 三尖弁閉鎖不全症
  • 僧帽弁狭窄症

    僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう,mitral stenosis,MS)は、心疾患の一種であり、僧帽弁口の狭窄によって左心房から左心室へ血液が流れにくくなる疾患である。 心臓の左心房と左心室の間には、僧帽弁 (mitral valve) と呼ばれる、二枚の尖弁(前尖、後尖)が存在する。 この弁は、左心房の収縮時には開いて、左心房からの血液を左心室へ流入させる一方、左心室収縮時には閉じて、左心室から左心房への逆流を防いでいる。 通常僧帽弁口の面積は4 - 6cm2であるが、僧帽弁尖の癒着などにより僧帽弁口の面積が1.5cm2以下になると、様々な症状を呈するようになる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺動脈弁狭窄症

    ホーム 病気を知る こどもの病気 小児の心臓の病気 肺動脈弁狭窄症 はいどうみゃくべんきょうさくしょう 概要 肺動脈の弁に異常があり開きづらくなっている病気です。血液を送り出すために余分に力(圧力)が必要で右心室に負担がかかり心臓の筋肉が厚く肥大します。生まれた直後に全身にチアノーゼ(低酸素血症)がみられる重症な肺動脈弁狭窄症もまれにありますが、多くの場合は無症状で経過し、心雑音で発見されます。弁の狭窄の程度によっては治療が必要となるため、心エコーで狭窄の程度を推定します。中程度以上の狭窄は、バルーンカテーテルを用いて狭窄を拡張します。手術が必要な場合もあります。 文責: 小児科[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

さらなる症状