Create issue ticket

考えれる1,484県の原因 心膜炎

  • 関節炎

    診断PMRの15%に巨細胞性動脈を合併する。また巨細胞性動脈の50%にPMRを合併する。重要な鑑別疾患に感染性がある。歯科治療歴や外傷歴を確認し、口腔内や眼瞼の点状出血、爪の線状出血、手の点状出血、雑音を確認する。また高齢発症関節リウマチ、痛風、偽痛風、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、多発性骨髄腫も重要な鑑別になる。[ja.wikipedia.org] 淋菌性関節淋菌性関節は遊走性単関節の他に、多関節の形態もとる。 細菌性 慢性多関節炎の早期慢性多関節炎の早期は急性多関節炎のように見えることもある。このような疾患には関節リウマチ、SLE、血管炎といった結合組織疾患も含まれる。 その他敗血症、リウマチ熱、ライム病、血清病様反応でも認められることがある。[ja.wikipedia.org] 移動性関節の場合は反応性関節、結晶誘発性関節、淋菌性関節、リウマチ熱、感染性などが想起される。左右非対称性の関節炎の場合は脊椎関節炎(乾癬性関節炎、強直性脊椎炎、反応性脊椎炎、炎症性腸疾患に関連する関節炎など血清反応陰性関節炎)を想起する。付着部炎(腱や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節炎が想起される。[ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    その他まれではあるが、溶血性貧血、血小板減少、再生不良性貧血、B細胞リンパ腫、 筋炎、、肺炎、気道閉塞などの報告もある。[niid.go.jp]

  • 関節リウマチ

    そのほかにも関節リウマチは胸膜、そして間質性肺線維症などを呈することがあります。[my-kaigo.com] 手足のしびれや麻痺、皮膚の血管の梗塞や皮膚の潰瘍、手足の指の壊疽(えそ 組織の一部が死んで黒色化した状態)、目の充血、、心筋梗塞、肺炎、腎障害などさまざまな症状を示し、生命にかかわる場合もあります。[asahi-kasei.co.jp] 例えば全身の倦怠感や貧血、ドライアイやドライマウス、や狭心症、間質性肺炎といった全身症状も認められています」 残念ながら決定的な原因はいまだに不明で、異常な自己免疫反応がベースになっているようだ。遺伝因子やリンパ球の活動を活発にするウィルス感染や精神的ストレス、薬物や化学物質による反応、女性ホルモンなども複合的に影響するという。[harpersbazaar.com]

  • 全身性エリテマトーデス

    全身症状: 発熱,全身倦怠感,関節痛 皮膚症状: 顔面の蝶型紅斑,円板状紅斑,指尖部の凍瘡様皮疹,爪床部の出血斑,レイノー現象, 光線過敏症,脱毛 筋骨格系症状: 関節痛,関節,筋炎(筋力低下や筋原性酵素の上昇を伴う) 腎症状: 糸球体腎 (ループス腎) 漿: 胸膜 中枢神経症状 (CNSループス): 頭痛,痙攣発作,脳血管障害[ivd.mbl.co.jp] 肺は胸水を伴う 胸膜、間質性肺炎 、心臓は嚢水貯留、、心筋炎がみられることかあります。移動性で変形を伴わない 関節痛 もたびたび訴えます。筋痛、筋脱力もおこります。 末梢血では白血球の減少 (リンパ球減少)、 血小板減少、溶血性貧血 もおこります。[hmh.or.jp] 全身性という病名のとおり、全身のさまざまな臓器に障害を起こしやすく、特に 「腎」 から 「腎不全」 を起こすことがあります。ほかにも 「胸膜」「」「感染症を起こしやすい」「出血しやすい」 といった症状も起こります。脳の血管炎から 「意識障害」 などの神経症状を起こすこともあります。[nhk.or.jp]

  • 全身性強皮症

    2 胸膜 胸膜摩擦あるいは胸水、胸膜肥厚による胸部痛。 2 少なくとも以下の1つ以上を伴うの疼痛:心膜摩擦、心嚢水、あるいは心電図・心エコーでの証明。 2 低補体血症 CH50、C3、C4の正常下限以下の低下。 2 抗DNA抗体上昇 Farrassayで 25%の結合、あるいは正常上限以上。[osaka-med.ac.jp] 強皮症の心外によって嚢水が増えても、少量の時には心臓の働きに影響しませんので、あまり治療はしません。しかし、たまった水に圧迫されて心臓の拡張が十分にできない恐れがあるときに、ステロイドを使うことは比較的あると思われます。このようなときのステロイドの効果は、私の経験上でも不定です。[utanohosp.jp] 診断基準(厚生労働省2006年) 【主要項目】 主要症候 発熱(38 以上,2週以上)と体重減少(6ヶ月以内に6kg以上) 高血圧 急速に進行する腎不全,腎梗塞 脳出血,脳梗塞 心筋梗塞,虚血性疾患,,心不全 胸膜炎 消化管出血,腸閉塞 多発性単神経炎 皮下結節,皮膚潰瘍,壊疽,紫斑 多関節痛(炎),筋痛(炎),筋力低下 組織所見[osaka-med.ac.jp]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    血液培養の結果、感染性が否定された60歳代前半の女性。好酸球増多に着目し、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)という確定診断に至った。m3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズの第32弾の最終回は、ジュニアレジデント1年目の小池真結美氏とともに、改めてEGPAについて学び直してみる。[m3.com] 臨床的特徴 発熱,体重減少, 気管支喘息,消化器症状 (腰痛,嘔吐,下血), 皮膚症状 (紫斑,皮下出血,有痛性の皮疹), 症状 (心筋,心外炎,心筋梗塞), 呼吸器症状, 腎臓症状, 神経症状 (多発性単神経炎,知覚運動神経障害), 中枢神経症状 (脳硬塞,脳出血) 関連自己抗体 自己抗体 MPO-ANCA MBL関連製品 CLEIA[ivd.mbl.co.jp] 臨床症状 発熱,体重減少,筋痛,関節に加え,紫斑や多発単神経がみられる.多くの症例で,気管支喘息やアレルギー性鼻炎などが先行する.進行すると心外タンポナーデ,脳出血・脳梗塞,消化管出血などを呈して死因となる.[kotobank.jp]

  • 感染性心内膜炎

    感染性の症状は、感染症状と症状、塞栓症状に大別される。[ja.wikipedia.org] [今井 靖] 出典 内科学 第10版 内科学 第10版について 情報 世界大百科事典 内の 感染性 の言及 【】より …後者には免疫機序によって発症したリウマチ性,全身性 エリテマトーデス にみられる非定型的などがある。[kotobank.jp] 表4に感染性の院内死亡率および表5に外科手術の適応を示します 表4. 感染性の院内死亡率(文献6より) 急性期感染性 4 20% 重篤な心不全合併例 内科的治療 55 75% 外科的治療(手術) 0 35% 高齢者例 17 27% 表5.[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 全身型若年性特発性関節炎

    高熱が長く続くと、肺や心臓を覆っているに炎症が発生して(胸膜および)、胸が痛くなる恐れもあります。このような炎症により肺や心臓の周囲に水が貯まる恐れもあります。血の固まり方が悪くなったり、その他様々な臓器に障害が現れるといった合併症を引き起こすケースがあります。[et-support.handicap.jp] そのほかリンパ節腫脹、肝障害、などさまざまな全身症状を来します。 多関節型は成人の関節リウマチに似た経過をたどります。指などの小関節を含めて5カ所以上に炎症がみられ、左右で同じ関節が侵されることが多く、発熱は微熱程度です。[yomidr.yomiuri.co.jp] そのほか、リンパ節腫脹(しゅちょう)、肝障害、 などさまざまな全身の症状を来します。感染症や血液の病気と区別がつきにくく、診断が確定するまでに時間がかかります。 (2)多関節型 成人の 関節リウマチ に似た経過をたどります。指などの小さな関節を含めて、5カ所以上の関節に炎症がみられます。[medical.itp.ne.jp]

  • 急性心膜炎

    結核による急性は慢性化することが多く、また、収縮性と呼ばれる合併症を引き起こすこともあります。収縮性ではが柔軟性を失い、ときに石灰化を起こして硬くなってしまいます。柔軟性を失った心膜は心臓の動きを制限し、その結果、全身の血液の流れが障害を受けます。[medicalnote.jp] Acute Pericarditis 解説:八木 崇 ( 栃木県済生会宇都宮病院 循環器内科主任診療科長) 急性はこんな病気 心臓は、厚さ3mm以下のという組織に包まれています。急性はこのに急性の炎症が発症した疾患です。[saiseikai.or.jp] エコー 心筋梗塞や 心筋 合併の鑑別, タンポナーデ の否定(液貯留,右室の拡張期虚脱),収縮性への移行の有無などの観察目的で行う. ①ときに嚢液貯留(echo-free space)を認める.[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 収縮性心膜炎

    概要 収縮性とは、心臓の周りを覆うと呼ばれるの柔軟性が低下してしまい、心臓の拡張が障害を受ける病気です。収縮性は、感染症(ウイルスや結核など)、 膠原病 ( こうげんびょう ) (全身性エリテマトーデスなど)、がん、放射線治療などを原因として発症します。[medicalnote.jp] 診断 収縮性の診断は、循環器内科の医師の診察によって分かる次のようないくつかの特徴があります。頚静脈という首の血管が張ってきます。また手足の浮腫や肝臓の腫れがみられます。診断を確かなものにするために、以下のようなさらなる検査が必要となります。 胸部レントゲン検査 収縮性の患者さんは、が石灰化して白く写ることがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] どんな病気か 急性 などが治る過程で、の肥厚、癒着、線維化、石灰化が生じ、心臓が十分に拡張できない状態です。 原因は何か 原因不明であることが最も多く、結核性が病因として重要ですが、最近は放射線照射後や開心術後など各種の治療に関連したものも増加してきています。[qlife.jp]

さらなる症状

類似した症状