Create issue ticket

考えれる11県の原因 心膜摩擦音

  • 心筋梗塞

    心筋梗塞なのに無症状の事も 心筋梗塞の特徴的な症状として激しい胸痛がありますが、必ずしも胸痛が起こるわけではなりません。吐き気がしたり、なんとなくだるいといった症状しか現れなかったり、人によってはまったく無症状の場合もあり、検診の心電図でたまたま心筋梗塞が発見されるということもあります。 このような心筋梗塞を無痛性心筋梗塞、または無症候性心筋梗塞といい、心筋梗塞患者の2 3割を占めているといわれています。[…][heart-care.sakura.ne.jp]

  • 急性心筋梗塞
  • 心膜炎

    なお、急性炎で聴取された摩擦は、慢性収縮性炎では消失する。 心尖拍動 心尖拍動は微弱で、収縮期に陥凹することがある。 頸静脈波 検査所見 [ 編集 ] 心臓超音波検査 Mモードにおいて、心膜の多層エコー、拡張早期の心室中隔異常運動や、房室弁口および静脈血流速波形の拡張早期波の尖鋭化が認められる。[ja.wikipedia.org] 診断 [ 編集 ] 鑑別診断 [ 編集 ] 胸痛を呈する疾患 陰影拡大をきたす疾患 呼吸困難を呈する疾患 身体所見 [ 編集 ] 摩擦 最も特徴的であり、診断にあたって最重要の身体所見である。ただし病期によっては収縮期/拡張期のいずれか一方でしか聞こえないこともあり、また一過性で消失してしまうことも多いため、しばしば見逃される。[ja.wikipedia.org]

  • 心膜気腫
  • 急性心膜炎
  • 心タンポナーデ

    心タンポナーデ(しんタンポナーデ、仏: tamponnade péricardique、英: cardiac tamponade、独: Perikardtamponade)とは、心臓と心臓を覆う心外膜の間に液体が大量に貯留することによって心臓の拍動が阻害された状態である。容易に心不全に移行して死に至るため、早期の解除が必須である。 特に外傷や大動脈解離の上行大動脈型等の大血管損傷が原因の場合、急速に死に至る可能性が高く、早期の診断と手術が必須であり、また手術に至った場合も救命率はきわめて低い。 上記以外の原因の場合は、心嚢穿刺にて排液を行えば症状は急速に消失する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    漿膜炎 Serositis 一日以上続く典型的な胸膜炎、または胸水、胸膜摩擦。一日以上続く典型的な心外痛(臥位で痛み、前かがみ座位で軽減する)、または嚢液貯留、心外摩擦エコーによる心外炎。ただし感染症、尿毒症、Dressler心外膜炎など他の既知の病因を除く。 7.[med.osaka-u.ac.jp] 漿膜炎(Serositis) 一日以上続く典型的な胸膜炎、または胸水、胸膜摩擦。一日以上続く典型的な心外痛(臥位で痛み、前かがみ座位で軽減する)、または嚢液貯留、心外摩擦エコーによる心外炎。ただし感染症、尿毒症、Dressler心外膜炎など他の既知の病因を除く。 7.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 漿炎 Serositis 次のいずれか:胸膜炎-胸痛・胸膜摩擦・胸水、炎-心電図・摩擦のう水 Pleuritis-pleuritic pain, rub heard by a physician or pleural effusion / Pericarditis- ECG, rub or pericardial effusion[med.osaka-u.ac.jp]

  • 梗塞後心膜炎
  • トレスラー症候群

    ドレスラー症候群(ドレスラーしょうこうぐん、英: Dressler syndrome)は、心筋梗塞後症候群ともいわれ、 心筋梗塞発症後2〜8週間で発熱、胸痛を伴い発症する心膜炎のこと。 心筋梗塞から日数がたった2週間〜8週間でおこる心膜炎である。その発症機序は、心筋梗塞の壊死心筋に対する抗体免疫反応が考えられている。 アスピリンやステロイドが著効する。 心筋梗塞[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性心疾患

さらなる症状