Create issue ticket

考えれる10県の原因 心濁音界域増加

  • 脊柱側弯症

    第1回のテーマは『脊柱側弯症』です。東京都福生市にある 医療法人社団 大聖病院 整形外科の斉藤正史先生にお話をうかがいました。 脊柱側弯症とは 特発性側弯症について 健康への影響 治療について 装具の効果について 手術療法の適応は? より侵襲の少ない手術 手術後の日常生活について 脊柱側弯症とは 正常な脊柱は、正面あるいは背面から見るとほぼまっすぐに伸びていますが、横から見ると前後にカーブしています( 生理的弯曲(せいりてきわんきょく) といいます)。この弯曲が異常であったり、脊柱が側方(横)に弯曲したりすることを脊柱変形(せきちゅうへんけい)といいます。[…][sekitsui.com]

  • うっ血性心不全

    ホーム 新着文献 ソラフェニブによる急性うっ血性心不全 薬剤 ソラフェニブ 腫瘍用薬 副作用 急性うっ血性心不全 概要[…][imic.or.jp]

  • 心筋疾患

    看護師求人TOP ナースフル疾患別シリーズ 循環器疾患 第2章 主な循環器疾患 心筋疾患 心筋症 病態 心機能障害をきたす心筋疾患の総称である。原因不明の「特発性心筋症」と原因疾患や毒性物質が明らかな「 二次性心筋症 」に分ける。 * 二次性心筋症の除外診断が必要である 治療 特発性心筋症は、以下のとおりである。 肥大型心筋症 […][…]治療目標は、突然死の防止である。致死性不整脈があれば、予防内服薬としてβ遮断薬、CA拮抗薬、抗不整脈薬を用いる。 拡張型心筋症[…][nurseful.jp]

  • 大動脈弁狭窄症

    大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう、英Aortic valve stenosis:AS)は、大動脈弁口の狭窄によって全身に血液が送り出されにくくなる疾患である。 大動脈弁口の面積が減少すると抵抗が増し、心収縮期に血液が全身に送り出されにくくなる。その結果、収縮期血圧が低下し様々な臨床症状を呈するようになる。 正常な大動脈弁口の面積は3cm2程度で、1.5cm2以下になると臨床症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 拡張型心筋症

    EBPTワークシート 第8回 「拡張型心筋症に対する有酸素運動とレジスタンストレーニングの併用効果」 患者氏名 年齢 75歳 性別 男性 診断名 拡張型心筋症(dilated cardiomyopathy: DCM) 現病歴 労作時呼吸困難感を主訴に急性心不全にて入院加療となる。 薬物治療と並行して入院期より心臓リハビリテーション開始。 徐々に全身状態が安定し、15病日後に自宅退院となる。 自宅退院後も監視型回復期心臓リハビリテーション参加となる。 理学療法評価(回復期心臓リハビリテーション開始時) 身体組成 身長 170cm、体重 59kg、BMI 20.4kg/m2 日常生活動作(ADL)[…][jspt.japanpt.or.jp]

  • 心嚢液貯留

    FASTにて心嚢液貯留が確認できなかった外傷性鈍的全層性心損傷の1開胸例(False negative pericardial focused assessment with sonography for trauma examination following cardiac rupture from blunt thoracic trauma: a case report) Corresponding Author E-mail address: [email protected] 徳島県立中央病院外科(Department of Surgery, Tokushima Prefectural Central[…][onlinelibrary.wiley.com]

  • 心タンポナーデ

    心タンポナーデ(しんタンポナーデ、仏: tamponnade péricardique、英: cardiac tamponade、独: Perikardtamponade)とは、心臓と心臓を覆う心外膜の間に液体が大量に貯留することによって心臓の拍動が阻害された状態である。容易に心不全に移行して死に至るため、早期の解除が必須である。 特に外傷や大動脈解離の上行大動脈型等の大血管損傷が原因の場合、急速に死に至る可能性が高く、早期の診断と手術が必須であり、また手術に至った場合も救命率はきわめて低い。 上記以外の原因の場合は、心嚢穿刺にて排液を行えば症状は急速に消失する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 心臓肥大

    心臓肥大(しんぞうひだい)とは心臓の筋肉が普通より厚くなった状態をいう。 通常、心臓は心臓の筋肉(心筋)が収縮することによって全身に血液を送り出している。しかし心臓から血液を送り出すとき心筋に通常より高い負荷がかかるとこの負荷に打ち勝つために心筋が厚くなり、心臓肥大を起こすのである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 心臓病

    2015.06.22 Mon posted at 15:40 JST 7時間の睡眠が望ましいという (CNN) 睡眠不足と心臓疾患や肥満との関係が各種の研究で指摘されていることを踏まえ、米睡眠医学会がこのほど、適正な睡眠時間に関する初のガイドラインをまとめた。成人の場合で1晩に7時間以上の睡眠を取ることが望ましいと勧告している。 先月実施された調査によれば、米国人の睡眠時間は減少傾向にあり、1985年に7.4時間だった平均睡眠時間は1990年には7.29時間に、2004年と12年には7.18時間に減った。[…][cnn.co.jp]

  • 心内膜床欠損症

    心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう、英語: endocardial cushion defect, ECD)は、先天性心疾患の一つ。現在では房室中隔欠損症(英語: atrioventricular septal defect, AVSD)と呼ばれることが多くなっている。 ECDの本態は、心内膜床の発達障害により、左心房・左心室・右心房・右心室の間を隔てる各種の構造組織に欠損が生じるというものである。発生当初、心臓は房室管(原始心管)と呼ばれる管状の形態をとっており、心房・心室はともに左右の区別をもたず共通心房・共通心室となっている。心内膜床(英: endocardial[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状