Create issue ticket

考えれる19県の原因 心不全に次いで10代で死亡

  • シングルトン・メルテン症候群

    タイトル: 公表特許公報(A)_治療剤としてのペプチドの使用 出願番号: 2010523391 年次: 2010 IPC分類: C07K 7/06,A61K 38/00,A61K 9/08,A61K 9/19,A61P 35/00,A61P 37/00,A61P 11/00,A61P 29/00,A61P 25/00,A61P 31/04,A61P 9/00,A61P 3/00,A61P 31/20,A61P 31/12,A61P 1/16 ベヴェック,ドリアン カヴァリ,ファビオ カヴァリ,ヴェラ バッヒャー,ゲラルド JP 2010539018 公表特許公報(A) 20101216 2010523391 20080909[…][biosciencedbc.jp]

  • 筋ジストロフィー

    20歳 予後 DMD:7 11歳で歩行不能、20歳前後で多くが呼吸不全、心不全、気道感染で死亡[nivr.jeed.or.jp] おおよそ小学校5年生くらいの10で車椅子生活となる人が多い。昔は20歳前後で心不全・呼吸不全のため死亡するといわれていたが、「侵襲的人工呼吸法」(気管切開を用いる)や最近では「非侵襲的人工呼吸法」(気管切開などの方法を用いない)など医療技術の進歩により、5年から10年は生命予後が延びている。[ja.wikipedia.org] 病因 Duchenne型(50%)、Becker型:性染色体劣性遺伝(異常筋蛋白質による筋細胞の壊死)、FSH:常染色体優性遺伝、L-G、FCMD:常染色体劣性遺伝 性差 Duchenne型、Becker型:男性のみ,その他常染色体によるもの男女とも発症 発病年齢 FCMD:生後数ヶ月、DMD:5歳以前、BMD、L-G:5 25歳、FSH:10[nivr.jeed.or.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    おおよそ小学校5年生くらいの10で 車椅子 生活となる人が多い。昔は20歳前後で心不全・呼吸不全のため死亡するといわれていたが、「侵襲的人工呼吸法」(気管切開を用いる)や最近では「非侵襲的人工呼吸法」(気管切開などの方法を用いない)など医療技術の進歩により、5年から10年は生命予後が延びている。[ja.wikipedia.org]

  • ムコ多糖症

    無治療の場合、10後半から20歳代前半に心不全や肺炎などに伴う呼吸不全で死亡することが多い。 緩徐進行型でも手指の運動制限や手根管症候群といった症状が認められるが、青年期以降まで症状が現れずに成人することもある。しかしながら末期には顕著な消耗性の症状をきたすことが多い。寿命は概ね40歳代だが、50歳以降まで生存した例もある。[ja.wikipedia.org] 無治療の場合、10後半から20歳代前半に 心不全 や 肺炎 などに伴う 呼吸不全 で死亡することが多い。 緩徐進行型でも手指の運動制限や 手根管症候群 といった症状が認められるが、青年期以降まで症状が現れずに成人することもある。しかしながら末期には顕著な消耗性の症状をきたすことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1D型

    おおよそ小学校5年生くらいの10で 車椅子 生活となる人が多い。昔は20歳前後で心不全・呼吸不全のため死亡するといわれていたが、「侵襲的人工呼吸法」(気管切開を用いる)や最近では「非侵襲的人工呼吸法」(気管切開などの方法を用いない)など医療技術の進歩により、5年から10年は生命予後が延びている。[ja.wikipedia.org]

  • 大動脈縮窄症

    放置すると、上半身の高血圧のため脳出血、解離性大動脈瘤 (りゅう) 、心不全などで40歳ころまでに死亡する危険が大きく、10に手術するのが望ましい。[kotobank.jp]

  • エメリ・ドレフュス型筋ジストロフィー 1型

    おおよそ小学校5年生くらいの10で 車椅子 生活となる人が多い。昔は20歳前後で心不全・呼吸不全のため死亡するといわれていたが、「侵襲的人工呼吸法」(気管切開を用いる)や最近では「非侵襲的人工呼吸法」(気管切開などの方法を用いない)など医療技術の進歩により、5年から10年は生命予後が延びている。[ja.wikipedia.org]

  • 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー

    おおよそ小学校5年生くらいの10で 車椅子 生活となる人が多い。昔は20歳前後で心不全・呼吸不全のため死亡するといわれていたが、「侵襲的人工呼吸法」(気管切開を用いる)や最近では「非侵襲的人工呼吸法」(気管切開などの方法を用いない)など医療技術の進歩により、5年から10年は生命予後が延びている。[ja.wikipedia.org]

  • ムコ多糖症II型

    無治療の場合、10後半から20歳代前半に 心不全 や 肺炎 などに伴う 呼吸不全 で死亡することが多い。 緩徐進行型でも手指の運動制限や 手根管症候群 といった症状が認められるが、青年期以降まで症状が現れずに成人することもある。しかしながら末期には顕著な消耗性の症状をきたすことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • ウォルマン病

    無治療の場合、10後半から20歳代前半に 心不全 や 肺炎 等に伴う 呼吸不全 で死亡することが多い。 緩徐進行型でも手指の運動制限や 手根管症候群 といった症状が認められるが、青年期以降まで症状が現れずに成人することもある。[ameblo.jp]

さらなる症状