Create issue ticket

考えれる127県の原因 微小血管症性貧血

つまり: 微小血管症性貧

  • 便秘

    微小血管溶血性貧血 6. 高窒素血 7.[med.osaka-u.ac.jp] 溶血貧血、血小板減少、軽度の蛋白尿や円柱を伴い、血栓微小血管の症状を呈することがある。全身性強皮症に対するステロイド投与、抗RNAポリメラーゼⅢ抗体陽性は腎クリーゼのリスク因子と考えられており、これらの場合は血圧と腎機能を注意深くモニターする。血圧の自己測定が推奨され、急な血圧上昇の場合には本病態を疑う必要がある。[med.osaka-u.ac.jp] 破砕赤血球を伴う微小血管溶血性貧血(60%)、網状赤血球の増加、血小板減少(50%)がみられることがある。心筋への高血圧負荷、高レニン血、腎障害による乏尿で容量負荷を伴い、うっ血性心不全(呼吸困難、肺水腫)、心室性不整脈、心嚢液貯留などをきたすことがある。血圧が落ち着けばこうした症状は改善する。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 尿毒症性肺炎

    貧血、紫色のあざ、尿量が減る、考えがまとまらない[溶血尿毒症症候群、微小血管溶血性貧血] からだがだるい、からだのむくみ、尿量が減る[急性腎不全などの重篤な腎障害] からだがだるい、あおあざができる、めまい[汎血球減少、白血球減少、好中球減少、血小板減少、出血、貧血などの骨髄機能抑制] 発熱、から咳、息苦しい[間質性肺炎、肺線維症][rad-ar.or.jp] 2015 日腎会誌 2016:58(2)62-75より 血栓微小血管(TMA: therombotic microangiopathy)は微小血管溶血貧血(microangiopathic hemolytic anemia), 消費血小板減少微小血管内血小板血栓を3主徴とする疾患 代表的な疾患として (1)溶血性尿毒症症候群[sk-blood.com] 微小血管溶血性貧血 尿量が減る、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるい 急性腎不全 発熱、頭痛、顔のむくみ、口の渇き、食欲不振、手足のむくみ、尿量が減る 重篤な腎障害 あおあざができやすい、歯ぐきや鼻の粘膜からの出血、発熱、のどの痛み、皮膚や粘膜があおじろくみえる、疲労感、動悸(どうき)、息切れ、気分が[ganjoho.jp]

  • 抗因子H抗体がある非定型溶血性尿毒症症候群

    概要 1.概要 溶血尿毒症症候群(hemolytic uremic syndrome:HUS)は、微小血管溶血性貧血、血小板減少、急性腎障害を3徴候とする、小児に多く見られる疾患である。HUSの約90%は下痢を伴い、O157等の病原性大腸菌に感染することで発症する。[nanbyou.or.jp] 補体制御異常などさまざまな病因により血栓微小血管(TMA)が引き起こされ、溶血貧血、血小板減少、急性腎障害などの症状が現れます。 水分が過剰に存在することで起こる、体の一部の「むくみ」のことです。 遺伝物質の不可逆的な変化を指します。 免疫システムの一つであり、血中に存在します。[ahussource.jp] 溶血尿毒症症候群 (ようけつせいにょうどくしょうしょうこうぐん、hemolytic-uremic syndrome、 HUS )は、微小血管 溶血性貧血 、 急性腎不全 および 血小板 減少を特徴とする病態である。[ja.wikipedia.org]

  • レーノー現象

    病態は弓状動脈や葉間動脈レベルのび慢性の内腔狭小化(Am J Pathol 91:243,1978) 、およびより細い血管のvasculopathyによる、高レニン高血圧/進行腎不全/TTP様の微小血管溶血貧血である。我が国における頻度はSScの数%とされている。[ryumachi.umin.jp] 拡張期血圧110mmHg以上の高血圧の出現 頭痛、痙攣発作、高血圧性眼底所見(K-W分類III以上) 血漿レニン活性の上昇、BUN, Creの上昇 蛋白尿、血尿の出現 抗RNAポリメラーゼIII抗体 さらに、強皮腎クリーゼの45%にみられるとされる微小血管溶血性貧血(Ann Intern Med 133:600,2000)の有無の確認([ryumachi.umin.jp] 強皮腎クリーゼのリスク要因は、広範な皮膚硬化、皮膚病変の急速な進行、発症4年以内、抗RNAポリメラーゼIII抗体陽性、新出の貧血、新出の心嚢水または心不全、先行する高用量ステロイド、である。 腎クリーゼの診断に際して重要な項目は以下の通りである。[ryumachi.umin.jp]

  • 非定型溶血性尿毒症症候群

    の血小板減少および微小血管障害溶血性貧血は,推定的診断の所見として十分である。[msdmanuals.com] 微小血管溶血性貧血;ヘモグロビン(Hb) 10g/dl未満。 血中 Hb値のみで判断するのではなく、血清LDHの上昇、血清ハプトグロビンの著減、末梢血塗沫標本での破砕赤血球の存在をもとに微小血管症性溶血の有無を確認する。なお、破砕赤血球を検出しない場合もある。 血小板減少;血小板(platelets、PLT) 15万/μl未満。[todai-jinnai.com] ウェブ検索 溶血尿毒症症候群 (ようけつせいにょうどくしょうしょうこうぐん、hemolytic-uremic syndrome、 HUS )は、微小血管 溶血性 貧血、急性腎不全および血小板減少 を特徴とする病態である。[search.yahoo.co.jp]

  • 十二指腸憩室

    、血栓微小血管障害貧血、運動末梢神経障害、食事摂取低下、骨格筋量低下、せん妄、abscess、ac...[selimic.imic.or.jp] 《続きを見る》 36 gemcitabine 16 下痢、倦怠感、全身性毛細血管漏出症候群、口腔粘膜炎、嘔吐、好中球数減少、好中球減少、急性腎障害、悪心、感覚性末梢神経障害、敗血症、浮腫、発熱性好中球減少症、白血球数低下、白血球減少、白血病、肺ムコール、肺上葉出血壊死、肺炎、腎機能低下、膵液瘻、血小板減少、血小板輸血不応、血栓微小血管[selimic.imic.or.jp]

  • 動揺性高血圧

    微小血管溶血貧血 微小血管溶血性貧血は、赤血球の機械的破壊による貧血で、ヘモグロビンが12g/dL未満(8 10g/dLの症例が多い)で溶血所見が明らかなこと、かつ直接クームス試験陰性で判断する。 溶血所見とは、破砕赤血球の出現、間接ビリルビン、LDH、網状赤血球の上昇、ハプトグロビンの著減などを伴う。[nanbyou.or.jp] 概要 1.概要 血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic purpura:TTP)は、1924年米国のEli Moschcowitzによって初めて報告された疾患で、歴史的には1)消耗血小板減少、2)微小血管溶血性貧血、3)腎機能障害、4)発熱、5)動揺性精神神経障害の古典的5徴候で診断されていた[nanbyou.or.jp]

  • 遺伝性腎細胞癌

    非典型溶血尿毒症症候群の診断 微小血管溶血性貧血、血小板減少、急性腎障害を呈する疾患で、その中でも主に遺伝子異常により発症する患者さんの蛋白質学的診断、遺伝子診断を行っています。[h.u-tokyo.ac.jp]

  • 肺腫瘍塞栓症

    2)血栓微小血管(thrombotic microangiopathy: TMA) 血栓微小血管(TMA)は、微小血管溶血貧血(microangiopathic hemolytic anemia: MAHA)、血小板減少、破砕赤血球、微小血管の塞栓、そして急性腎障害をはじめとする様々な臓器合併症を特徴とする疾患である。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 便秘

    微小血管溶血性貧血 6. 高窒素血 7.[med.osaka-u.ac.jp] 溶血貧血、血小板減少、軽度の蛋白尿や円柱を伴い、血栓微小血管の症状を呈することがある。全身性強皮症に対するステロイド投与、抗RNAポリメラーゼⅢ抗体陽性は腎クリーゼのリスク因子と考えられており、これらの場合は血圧と腎機能を注意深くモニターする。血圧の自己測定が推奨され、急な血圧上昇の場合には本病態を疑う必要がある。[med.osaka-u.ac.jp] 破砕赤血球を伴う微小血管溶血性貧血(60%)、網状赤血球の増加、血小板減少(50%)がみられることがある。心筋への高血圧負荷、高レニン血、腎障害による乏尿で容量負荷を伴い、うっ血性心不全(呼吸困難、肺水腫)、心室性不整脈、心嚢液貯留などをきたすことがある。血圧が落ち着けばこうした症状は改善する。[med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状