Create issue ticket

考えれる35県の原因 後頭蓋窩異常

  • 先天性難聴

    眼振の性質 眼振の向き 障害部位 方向固定性 眼振 急性の末梢前庭障害 左右側方注視眼振 小脳や脳幹など頭蓋異常、脳幹や小脳の広範な障害 下眼瞼向き垂直眼振 脊髄小脳変性症、アーノルド・キアリ奇形、小脳正中部(虫部)の病変 上眼瞼向き垂直眼振 中脳障害、小脳虫部前葉や延髄(前位核)の病巣 3)頭位眼振検査 眼振の性質 眼振の向き 障害部位[ueda.ne.jp]

  • 鉤状回発作

    また中頭蓋より頭蓋病変を手術 する場合(middle fossa approach)にはテント切開は必須であるが、その場合に しばしばテント内の静脈洞が異常に発達していて難渋する症例がある、従って 本アプローチの初期の4例ではテント切開を加えて早期に迂回漕のくも膜を切 開し髄液を吸引し、脳をslackにしていたが、その後の症例ではテント[soufusha.co.jp]

  • 前庭神経炎

    外耳道および鼓膜の観察:水泡形成(Ramsey Hunt症候群)、中耳炎の有無 神経学的検査法:局所徴候とくに頭蓋異常所見(脳神経麻痺、小脳失調症)の有無をチェックする 異常があれば中枢神経病変。 眼振の観察:回転性めまいの客観的な指標。 まず裸眼で左右各30 に指標を注視させて眼振の有無をみる。[nakamoto-plan.co.jp]

  • 脳血管造影

    CTのほうが出血病変などに対する感度はよく、MRIでは脳梗塞や脳腫瘍の診断、頭蓋(脳幹付近)の診断に優れます。MRIでは骨が写らないので骨の異常などはCTのほうがよくわかります。 MRIでは磁力線を使うため、体の中に金属がある人は要注意です。ペースメーカーが入っている人はMRIを受けることはできません。[home.hiroshima-u.ac.jp]

  • 肝肺症候群

    網膜障害、眼コロボーマ、眼球運動失行、発語失行、脳底槽の拡大やダンディー・ウォーカー奇形から古典的な大臼歯サインに至るまで非特異的な頭蓋異常を含む中脳・脳の異常、発達遅滞、口腔異常、多指症、肥満、内臓逆位、低身長もしくは骨格形成異常を示唆するその他の異常など。[grj.umin.jp]

  • 閉塞性水頭症

    C)頭蓋の脳形成異常 キアリ奇形を生じます。 頭蓋の狭小化により発生します。I型では、咳やくしゃみをする時の頭痛、嚥下障害、無呼吸等で発症し、幼児期になるに従い、側彎、後頭部痛、四肢体幹の疼痛等、脊髄空洞症の症状を呈するようになります。症状がある時は、大後頭孔の減圧手術が必要となります。[municipal-hospital.toyohashi.aichi.jp]

  • 交通性水頭症

    C)頭蓋の脳形成異常 キアリ奇形を生じます。 頭蓋の狭小化により発生します。I型では、咳やくしゃみをする時の頭痛、嚥下障害、無呼吸等で発症し、幼児期になるに従い、側彎、後頭部痛、四肢体幹の疼痛等、脊髄空洞症の症状を呈するようになります。症状がある時は、大後頭孔の減圧手術が必要となります。[municipal-hospital.toyohashi.aichi.jp]

  • アレキサンダー病

    分子遺伝学的に確定されたアレキサンダー病患者を対象にした最近の研究から以下に示すような非典型的なMRI所見が示されている[van der Knaapら2005,van der Knaapら2006]: 頭蓋構造に優位な,あるいは単独の異常 多巣性腫瘍様の脳幹異常と脳幹萎縮 基底核と視床の両方あるいは一方にみられる軽度のびまん性の信号異常[grj.umin.jp]

  • 硬膜副鼻洞奇形

    C)頭蓋の脳形成異常 キアリ奇形を生じます。 頭蓋の狭小化により発生します。I型では、咳やくしゃみをする時の頭痛、嚥下障害、無呼吸等で発症し、幼児期になるに従い、側彎、後頭部痛、四肢体幹の疼痛等、脊髄空洞症の症状を呈するようになります。症状がある時は、大後頭孔の減圧手術が必要となります。[municipal-hospital.toyohashi.aichi.jp]

  • マッカルウェルズ症候群

    疾患群は「神経・筋疾患群」、疾病の概要でございますが「菱脳の発生異常により生ずる小脳、脳幹およびそれらを容れる頭蓋の特徴的な形態的変化を呈する先天性疾患」でございます。 診断のガイドライン等としましては「診断の手引き」、日本小児神経外科学会様、日本小児神経学会様文責、日本小児科学会様監修のものがございます。[mhlw.go.jp]

さらなる症状