Create issue ticket

考えれる59県の原因 後頭葉梗塞

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    このヘルニアによって病変側の動眼神経と大脳脚が圧迫されさらにテント切痕部で病変側の大脳動脈が圧迫され、梗塞が生じる。初期には 動眼神経 の圧迫で病変側の散大と対光反射の減弱から始まる。中脳の圧迫が生じると意識障害、病変側の瞳孔散大、反対側の除脳硬直肢位という鉤ヘルニアの3徴が認められる。[ja.wikipedia.org] 眼から入った視覚刺激は、視神経を通って大脳に入り、視覚中枢のまで届きます。 脳梗塞によって大脳のなかの神経線維が途中で切れると、その場所と反対側の視野が、半分だけ欠けてみえなくなります。 7 意識障害 意識障害は、意識が正常でない状態のことです。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 脳血栓症

    眼から入った視覚刺激は、視神経を通って大脳に入り、視覚中枢のまで届きます。 脳梗塞によって大脳のなかの神経線維が途中で切れると、その場所と反対側の視野が、半分だけ欠けてみえなくなります。 7 意識障害 意識障害は、意識が正常でない状態のことです。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 一過性脳虚血発作

    MRI検査では、視覚領野であるにすでに小さな脳梗塞が生じていました。 一過性脳虚血発作を生じた方は、脳卒中の専門病院では、原則として直ちに入院して発作の原因を調べ、重大な脳梗塞に陥ることを予防する治療を始めます。そして、単身赴任や独身の男性に対しては、薬の治療だけでなく、食事や運動などの生活習慣の改善も大切なのです。[toyoko-stroke.com]

  • 動揺性高血圧

    前者には 血栓性 あるいは 塞栓性 の大梗塞や多発性の皮質梗塞、多発性の皮 質出血、 大脳の白質が主に傷害されるビンスワンガー型白質脳症、多発梗塞性 認知症などが含まれます。 後者の局在性病変の部位としては、知的機能に関与する前頭葉、、側頭 葉、海馬、帯状回、脳梁などにおける梗塞や出血が認知症をきたしうるとされます (表 9) 。[health-net.or.jp] を特徴とし、白質病変がビンスワンガ ー型 ほど広範ではない) 前頭葉、、 側頭葉、視床、 海馬 1、血管性認知症の臨床症状の特徴 血管性認知症の臨床症状や経過には、アルツハイマー型認知症に比べていくつかの 特徴があるといわれています。[health-net.or.jp] 病変あるいは多発性病変 B:局在性病変 (梗塞または出血) 1、大梗塞(血栓または塞栓) 2、多発性皮質梗塞(おもに脳塞栓による) 3、多発性皮質出血 (おもにアミロイドアンギオバチーによる) 4、進行性血管性白質脳症:ビンスワンガー型 (大脳半球白質の広範な虚血性病変を特徴とする) 5、多発梗塞性認知症(大脳白質、基底核などの 多発性 小梗塞[health-net.or.jp]

  • 前大脳動脈梗塞

    ではゲルストマン症候群(失書、失算、手指失認、左右弁別障害) 右大脳半球であれば、視覚空間認知障害・構成失行・病態失認 後大脳動脈領域 対側の半盲をきたす 左半球では失書を伴わない失読(alexia without agraphia)・失読失書(alexia with agraphia)・錯読・健忘 右半球では構成失行・地誌的見当障害 両側[medicalnote.jp] では、本人が見えていないことを自覚しないAnton徴候 脳梗塞のタイプによる症状の違い ラクナ梗塞は細い血管が詰まって1.5cm未満の小さい梗塞が起こるタイプです。[medicalnote.jp]

  • 内側性硬化症

    梗塞や脳出血、脳 腫瘍 〈 しゅよう 〉 の影響 視覚を司る神経は眼球から出て頭蓋内の後方、大脳にまで広がっています(これを 視覚路 〈 しかくろ 〉 といいます)。[skk-net.com]

  • 脳血管性認知症

    脳血管性認知症の診断 頭部CTやMRIを行うと、大きな梗塞が見られたり、小さな脳梗塞がたくさん見られることもあります。特に認知機能に重要な役割を持つ部分(前頭葉、側、視床、海馬など)に梗塞があることが多いです。[tyojyu.or.jp] 前者には 血栓性 あるいは 塞栓性 の大梗塞や多発性の皮質梗塞、多発性の皮 質出血、 大脳の白質が主に傷害されるビンスワンガー型白質脳症、多発梗塞性 認知症などが含まれます。 後者の局在性病変の部位としては、知的機能に関与する前頭葉、、側頭 葉、海馬、帯状回、脳梁などにおける梗塞や出血が認知症をきたしうるとされます (表 9) 。[health-net.or.jp] を特徴とし、白質病変がビンスワンガ ー型 ほど広範ではない) 前頭葉、、 側頭葉、視床、 海馬 1、血管性認知症の臨床症状の特徴 血管性認知症の臨床症状や経過には、アルツハイマー型認知症に比べていくつかの 特徴があるといわれています。[health-net.or.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    脳血管性認知症の診断 頭部CTやMRIを行うと、大きな梗塞が見られたり、小さな脳梗塞がたくさん見られることもあります。特に認知機能に重要な役割を持つ部分(前頭葉、側、視床、海馬など)に梗塞があることが多いです。[tyojyu.or.jp] 前者には 血栓性 あるいは 塞栓性 の大梗塞や多発性の皮質梗塞、多発性の皮 質出血、 大脳の白質が主に傷害されるビンスワンガー型白質脳症、多発梗塞性 認知症などが含まれます。 後者の局在性病変の部位としては、知的機能に関与する前頭葉、、側頭 葉、海馬、帯状回、脳梁などにおける梗塞や出血が認知症をきたしうるとされます (表 9) 。[health-net.or.jp] 治療可能な認知症(treatable dementia) 慢性硬膜下血腫-血腫除去 正常圧水頭症-V-Pシャント 甲状腺機能低下症-薬 中でも多くを占める 脳血管性とアルツハイマー病の違い 脳血管性認知症 脳血管障害と関連する認知で再発を繰り返す多発性ラクナ梗塞に高度な白質障害を伴う アルツハイマー病(アルツハイマー型認知) 海馬から側[an-shin.co.jp]

  • 神経因性膀胱

    右側梗塞にて入院となる。ADL動作は介助が必要である。座位保持は自立できる。 入院より頻尿の訴えあり、尿道留置カテーテルは本人が拒否され、尿器で排尿なく、医師の指示により、ポータブルトイレにて要介助で排尿。 1時間おきにトイレコールがあり、本人より、もともとトイレは近いほうであり、回数は気にならないと訴えている。[hainyo-net.org]

  • 脳幹梗塞

    眼から入った視覚刺激は、視神経を通って大脳に入り、視覚中枢のまで届きます。 脳梗塞によって大脳のなかの神経線維が途中で切れると、その場所と反対側の視野が、半分だけ欠けてみえなくなります。 7 意識障害 意識障害は、意識が正常でない状態のことです。[minds.jcqhc.or.jp]

さらなる症状