Create issue ticket

考えれる8県の原因 後頭環椎不安定

  • ムコ多糖症

    全脊椎MRI(中立位)*を年1回、屈曲・伸展位の頸MRIを1-3年ごとに行う。 *関節不安定症の評価で、頸椎MRIの前に頸椎X線で中立位・屈曲位・伸展位の側面像を撮影する。 循環器系 心拍数は毎年評価する。疾患の経過に応じて1 3年ごとに心電図や心エコーを施行する。[grj.umin.jp]

  • 偽性ハーラー・ポリジストロフィー

    合併症として、脊髄の絞扼性神経障害、急性脊髄障害、関節不安定症などを認めることがある。 鎖骨は短く、肥厚していて、不整である。長骨は短く、骨幹の幅は広い。膝は外反や内反しやすい。軟骨内の成長板は肥厚かつ変形している。典型的には、骨盤の形成は不良である。大腿骨頭は小さく外反股であることが多い。[grj.umin.jp] 多発性骨形成不全は関節を含む脊椎の不安定性をもたらしかねない。姿勢には十分な注意を払い、頸部の過伸展を避けることが必要である。 いかなる目的であれ、適切な気道確保が困難であるため麻酔の導入は難しくなりうる。気管が狭く声帯が肥厚していることがあるため、気管内挿管に通常より径の小さな気管チューブが必要になることがある。[grj.umin.jp]

  • ムコ多糖症IV-A型

    全脊椎MRI(中立位)*を年1回、屈曲・伸展位の頸MRIを1-3年ごとに行う。 *関節不安定症の評価で、頸椎MRIの前に頸椎X線で中立位・屈曲位・伸展位の側面像を撮影する。 循環器系 心拍数は毎年評価する。疾患の経過に応じて1 3年ごとに心電図や心エコーを施行する。[grj.umin.jp]

  • ムコ多糖症I型

    合併症として、脊髄の絞扼性神経障害、急性脊髄障害、関節不安定症などを認めることがある。 鎖骨は短く、肥厚していて、不整である。長骨は短く、骨幹の幅は広い。膝は外反や内反しやすい。軟骨内の成長板は肥厚かつ変形している。典型的には、骨盤の形成は不良である。大腿骨頭は小さく外反股であることが多い。[grj.umin.jp] 多発性骨形成不全は関節を含む脊椎の不安定性をもたらしかねない。姿勢には十分な注意を払い、頸部の過伸展を避けることが必要である。 いかなる目的であれ、適切な気道確保が困難であるため麻酔の導入は難しくなりうる。気管が狭く声帯が肥厚していることがあるため、気管内挿管に通常より径の小さな気管チューブが必要になることがある。[grj.umin.jp]

  • ムコ多糖症 4

    全脊椎MRI(中立位)*を年1回、屈曲・伸展位の頸MRIを1-3年ごとに行う。 *関節不安定症の評価で、頸椎MRIの前に頸椎X線で中立位・屈曲位・伸展位の側面像を撮影する。 循環器系 心拍数は毎年評価する。疾患の経過に応じて1 3年ごとに心電図や心エコーを施行する。[grj.umin.jp]

  • 骨幹端四肢杯状異形成

    、大孔の狭窄、不安定症 ムコ多糖症(ムコ多糖の分解酵素の異常が原因で、未分解または部分分解のムコ多糖が種々の組織に異常蓄積し、その機能が障害)IV型;常染色体劣性遺伝 常染色体優性遺伝;第7・第17染色体長腕の異常に起因する1型コラーゲンの形成異常 骨粗しょう症、易骨折性、青色強膜、歯牙形成不全、四肢体幹変形、難聴など 破骨細胞の[studyblue.com] (甲状腺機能亢進症、性腺機能不全、クッシング症候群)、ステロイド、不動化、骨形成不全症、関節リウマチ、糖尿病など 脊椎圧迫骨折、大腿骨頸部骨折、橈骨遠位端骨折、上腕骨外科頸骨折 常染色体優性遺伝により成長軟骨に異常をきたす疾患;長骨骨幹端が強く障害 四肢短縮型の低身長、O脚、鼻梁陥凹、前額部突出、三尖手、腰椎前弯など 腰部脊柱管狭窄症、水[studyblue.com]

  • ラロニダーゼ

    合併症として、脊髄の絞扼性神経障害、急性脊髄障害、関節不安定症などを認めることがある。 鎖骨は短く、肥厚していて、不整である。長骨は短く、骨幹の幅は広い。膝は外反や内反しやすい。軟骨内の成長板は肥厚かつ変形している。典型的には、骨盤の形成は不良である。大腿骨頭は小さく外反股であることが多い。[grj.umin.jp] 多発性骨形成不全は関節を含む脊椎の不安定性をもたらしかねない。姿勢には十分な注意を払い、頸部の過伸展を避けることが必要である。 いかなる目的であれ、適切な気道確保が困難であるため麻酔の導入は難しくなりうる。気管が狭く声帯が肥厚していることがあるため、気管内挿管に通常より径の小さな気管チューブが必要になることがある。[grj.umin.jp]

  • バクロフェン

    筋骨格痛: 圧痛及び筋肉痙攣を引き起こす筋骨格状態は、線維筋痛症、緊張型頭痛、筋筋膜疼痛症候群、咬合局面関節痛、 内部椎間板離開、体性機能不全、脊椎骨折、化膿性脊椎炎、リウマチ性多発筋痛、軸関節の不安定性、関節疼痛、骨粗鬆症の脊椎骨の圧縮破壊、ショイエルマン病、 脊椎分離症、脊椎辷り症、棘突起間関節形成症、仙腸関節疼痛、仙椎の圧力骨折[biosciencedbc.jp]

さらなる症状