Create issue ticket

考えれる81県の原因 後腹膜血腫, 脳溢血, 血尿

つまり: 後腹, 血腫, 脳溢血, 血尿

  • 播種性血管内凝固症候群

    要 旨: DICを合併した腹部大動脈瘤の2例を経験した.症例1は68歳男性.瘤径は9 cmで来院時血小板数低下と凝固線溶異常を認め,さらに鼻出血や皮下出血も認めた.DICに対し術前内科的治療を施行するも軽快せず,脳出血をきたした.症例2は83歳男性で瘤径は7.3 cmであり血小板数の低下と凝固系の延長,後腹血腫を認めた.内科的治療を行うも[jsvs.org] DICの症状として皮膚の紫斑、点状出血、血尿や下血などの出血傾向がみられます。また出血の部位や範囲、血尿の程度や下血の量などの観察も行いましょう。 重度の進行性DICの場合、静脈や動脈を穿刺した部位からの持続的な出血や重篤な消化管の出血を起こすことがあります。[kango-oshigoto.jp] これらの細胞膜は組織因子―フォスファチジルセリン・フォスファチジルコリンミセル体(組織トロンボプラスチン)の形態をとっており,第Ⅶa-第Ⅶ因子の受容体として働く組織因子がフォスファチジルセリン・フォスファチジルコリンを伴うことで組織因子依存性凝固カスケードの急速な活性化の開始点となり,結果として消費性凝固障害にいたるもので,少量の胎盤後血腫[minds.jcqhc.or.jp]

  • 血友病

    医療大全 血友病 けつゆうびょう Hemophilia 【初診に適した診療科】 内科 【どんな病気か】 血友病は、先天性出血素因のなかで最も頻度が高く(男子出生1万人に約1人)、生涯にわたり皮下血腫、関節出血、筋肉出血などの出血症状を繰り返す病気です。[yomidr.yomiuri.co.jp] 血尿 軽度の場合は安静にして、多めに水分を取る。改善しない場合は20 40%、痛みを伴う場合や血尿が悪くなる場合は、40 60%を目標する。症状に応じて12 24時間ごとに、1 3日間輸注する。 骨折 症状に応じて100%を目標としてボーラスで12時間ごとに輸注を行う。[clubhaemophilia.jp] 末梢神経 系では末梢神経周囲組織への出血,血腫形成によるコンパートメント症候群が起こり神経障害をきたす.補充療法を行いながら組織の減圧手術などの治療を早期に開始する.また慢性の被包化された血腫による神経の圧迫や,反復する出血は筋関節の可動制限なども起こる.[kotobank.jp]

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    まれに出血がより重度で被膜下や後腹血腫を形成し,ヘマトクリットの低下や血行動態の不安定化を招くことがある.そのような場合には入院,輸血,CTや血管造影による検査が必要となる.非常に重度の出血や持続性の出血の場合には局所的動脈塞栓術が奏功する.もしこうした治療がうまくいかない時には出血をコントロールするために手術が必要となる.[grj.umin.jp] 尿検査は,軽度のタンパク尿および顕微鏡的または肉眼的血尿を検出する。肉眼的血尿は,結石の排出または破裂した嚢胞からの出血に起因する可能性がある。膿尿は細菌感染症がない場合にも一般的であるため,感染の診断は尿検査と合わせて培養の結果および臨床所見(例,排尿困難,発熱,側腹部痛)に基づくべきである。[msdmanuals.com] 腹痛、腰痛 腹部膨満 側腹部痛(脇腹の痛み) 肉眼的血尿(排尿時に尿に血が混じること) など また腎機能が低下すると、慢性腎不全による浮腫(ふしゅ:むくみ)や倦怠感、食欲不振、など全身症状も出現することがあります。 また、常染色体優性多発性嚢胞を起こした方には、肝嚢胞もよくみられます。[medicalnote.jp]

  • 結節性多発動脈炎

    腎動脈瘤が破裂すると腎周囲血腫を生じることがある。重症例では,腰痛および肉眼的血尿を伴う多発性腎梗塞が起こることがある。腎虚血および腎梗塞は腎不全につながる可能性がある。 消化管: 肝臓または胆嚢の血管炎により右上腹部痛が生じる。急性腹症を伴う胆嚢の穿孔が起こることがある。[msdmanuals.com] また、腎動脈瘤の破裂による腎周囲血腫や、血管炎の勢いが強い場合に多発性腎梗塞がまれにみられることがあります。 なお、毛細血管には炎症が起きないため、糸球体腎炎は生じず、検尿では蛋白尿や血尿はあっても軽度であり、赤血球円柱はほとんどみられません。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 【症状の現れ方】 cPN・MPAともに高熱(38 以上)、体重の減少、関節痛、紫斑(しはん)、皮膚の潰瘍、貧血、胸痛、腹痛、血痰(けったん)、高血圧、脳出血・脳梗塞、腎機能の低下、血尿・蛋白陽性・潜血(せんけつ)反応陽性などが認められます。重い症状として、MPAでは腎機能の低下、腸出血、肺出血があります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 骨髄異形成関連変化を伴う 急性骨髄性白血病

    紫斑、斑状出血、皮下出血 脱毛症、皮膚乾燥、皮膚小結節、皮膚硬結、好中球浸潤・有痛性紅斑・発熱を伴う皮膚障害(Sweet症候群) 腎臓及び尿路系 尿蛋白陽性、尿潜血陽性、血中クレアチニン増加、BUN増加 尿糖陽性、排尿困難、尿閉 その他 注射部位反応(紅斑、発疹、そう痒感、硬結等)、倦怠感 発熱、四肢痛、背部痛、浮腫 疲労、胸痛、脱力感、血腫[kegg.jp] 出血(頻度不明注1)) 脳出血、頭蓋内出血、消化管出血、眼出血、血尿、処置後出血等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。[kegg.jp]

  • 後天性血友病 A

    血腫除去されたという既往があった.分娩後翌日に会陰切開創部に血腫を形成し血腫除去および再縫合を二度されたが創部癒合不全に創部感染が重なり 分娩後14日目に当院へ搬送となった.当院で抜糸創解放したが,圧迫や縫合での止血が困難なじわじわした継続する出血が起こった.局所への血管収縮剤の使用や3回に渡り外科的な止血術行うも功を奏さず輸血に至り,動脈塞栓術[jsog-k.jp] 皮下出血(点状出血/紫斑)、歯肉出血、鼻出血、下血、血尿、過多月経( 甲状腺機能低下症 の様)、頭蓋内出血がおこります。 自己免疫性甲状腺疾患 橋本病 / バセドウ病 では 特発性血小板減少性紫斑症(ITP) を合併し、 特発性血小板減少性紫斑症(ITP) の10%が 甲状腺機能亢進症/バセドウ病 にいずれ移行する報告もあります。[nagasaki-clinic.com] 血尿が出る。 といった症状から、 手や足が筋肉や関節の出血で広範囲に赤黒く腫れている。 喉の周囲の出血により呼吸がしにくい。 血尿が出る。 などさまざまです。 後天性血友病はどういった検査をするのでしょうか? 出血の症状により、血液検査を行います。[hemophilia-st.jp]

  • 血友病B

    出血性関節症(特に,軽度の外傷によって生じる場合や,先行する外傷がない場合) 深部筋血腫 大外傷を伴うことなく生じた頭蓋内出血 新生児頭血腫や頭蓋内出血 抜歯,口腔内損傷,環状切除後の,初回止血後の毛細血管性出血の延長や出血の再開* 出血の延長や止血の遅延,手術や外傷後の創傷治癒不良* 原因不明の消化管出血や血尿* (特に初経の)月経過多([grj.umin.jp] また、口腔内出血、鼻出血、血尿、消化管出血もみられ、頭蓋内出血などの重篤な出血も生じる。慢性的に関節内出血を繰り返すと、関節変形と拘縮を生じ 血友病性関節症 となる。 【診断】 血友病では 出血時間 や血小板数、 プロトロンビン時間(PT )は正常であるが、 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT) が延長する。[jsth.org] 血尿は重症型患者で頻度が高い.出血は糸球体あるいは尿細管由来である.一般に,腰部の違和感や疼痛などの前兆を伴うことが多い.しばしば再発する.遷延化することもある. 5)口腔内出血: 軽微な切傷や咬傷によって歯肉,上口唇小帯,舌小帯,口唇および舌に発生する.しばしば血腫を形成する.日常の齲歯および歯周病の予防が必要である. 6)重篤な出血症状[kotobank.jp]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    血小板数のみにとらわれずに、皮膚に 点状出血 が増えていないか、口腔内に血腫ができていないかを、患者さん自身で観察して、病気の状態を把握するように努めてください。また、軽い運動は可能ですが、打撲するようなサッカーや剣道、柔道などのスポーツは避けるべきです。 10.[nanbyou.or.jp] また 血尿、下血(肛門からの出血)、脳出血 が起こることがあります。 【特発性血小板減少性紫斑病の出血症状】 紫斑(点状出血・斑状出血) 歯肉出血 鼻出血 月経過多 血尿 下血 脳出血 粘膜出血である血尿下血と脳出血には要注意 血尿 と 下血 は粘膜出血のため、これらが症状としてあらわれた場合には注意が必要です。[medicalnote.jp] ITPの臨床症状は、皮膚の出血斑(紫斑)・血腫、歯肉出血、止まりにくい鼻出血、月経過多等が主なものです。また、ITPには、6ヵ月以内に治ってしまう急性型と、6ヵ月以上遷延する慢性型があり、小児におこるITPでは、急性型が約80%と多く、慢性化するのは20%程度であるのに対して、成人はこの逆で、多くが慢性化します。[ketsukyo.or.jp]

  • 血小板減少症

    ITPの臨床症状は、皮膚の出血斑(紫斑)・血腫、歯肉出血、止まりにくい鼻出血、月経過多等が主なものです。また、ITPには、6ヵ月以内に治ってしまう急性型と、6ヵ月以上遷延する慢性型があり、小児におこるITPでは、急性型が約80%と多く、慢性化するのは20%程度であるのに対して、成人はこの逆で、多くが慢性化します。[ketsukyo.or.jp] 症状 皮膚や粘膜の内出血、傷からの持続性の出血、血便、血尿、吐血、眼出血、肝臓や脾臓の腫大、粘膜蒼白、呼吸困難・咳、心雑音、発熱など 診断 血小板が減少する、元となる病気を探します。 ・血液検査 ・尿検査 ・X線検査や超音波検査 治療 原因により治療法が異なりますが、ステロイド、抗生物質、抗がん剤、ヘパリンなどを使用します。[irisplaza.co.jp] 血小板数のみにとらわれずに、皮膚に 点状出血 が増えていないか、口腔内に血腫ができていないかを、患者さん自身で観察して、病気の状態を把握するように努めてください。また、軽い運動は可能ですが、打撲するようなサッカーや剣道、柔道などのスポーツは避けるべきです。 10.[nanbyou.or.jp]

  • 脳橋内出血

    この新生血管が消失し、血腫周囲にグリオーシスが起こるとリング状増強領域の出現、消失の時期は、血腫の大きさによってかなりの幅がある。一般に、3 5mm以上の血腫であればほとんど発見されるし、後頭蓋窩血腫とくに小脳出血や端出血も正確に診断できる。[etrt.sakura.ne.jp] 脳出血は、脳溢血と呼ばれることもあります。脳の血管が破れて脳の中に出血し、その血液の塊が脳細胞を圧迫して壊してしまうことで、突然に頭痛、運動麻痺や言葉の障害、意識が悪くなるなどさまざまな症状が起こります。 こう説明すると、とても怖い病気だと心配される方もいらっしゃると思います。「父親が脳溢血で亡くなったので、自分もそうならないだろうか?」[ncvc.go.jp] 患者(心房細動、心筋梗塞、心臓弁膜疾患、感染性心内膜炎、瞬時完成型の神経症状患者、重篤な意識障害を伴う大梗塞) 重篤な副作用 抗浮腫薬 (D-マンニトール)(濃グリセリン) 大量で急性腎不全、代謝性アシドーシス、高K血症、低Na血症、電解質失調乳酸アシドーシス 血栓溶解薬 (ウロキナーゼ) 出血性脳梗塞、出血(脳出血、消化管出血、歯肉出血、血尿[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

類似した症状