Create issue ticket

考えれる8県の原因 後期発症が起こる場合がある

つまり: 後期発症が起こる場合があ

  • 低カリウム血症

    突然の呼吸停止やチアノーゼによる呼吸不全が起こりうる。小児期後期発症した場合は、筋疲労性の異常を認め、走ったり階段を昇ったりすることが困難である。運動発達は遅延することがある。変動する眼瞼下垂や、変動性あるいは持続性の外眼筋の筋力低下を示す。心筋や平滑筋は侵されない。[grj.umin.jp]

  • 低カリウム血性腎症

    突然の呼吸停止やチアノーゼによる呼吸不全が起こりうる。小児期後期発症した場合は、筋疲労性の異常を認め、走ったり階段を昇ったりすることが困難である。運動発達は遅延することがある。変動する眼瞼下垂や、変動性あるいは持続性の外眼筋の筋力低下を示す。心筋や平滑筋は侵されない。[grj.umin.jp]

  • 四肢麻痺

    突然の呼吸停止やチアノーゼによる呼吸不全が起こりうる。小児期後期発症した場合は、筋疲労性の異常を認め、走ったり階段を昇ったりすることが困難である。運動発達は遅延することがある。変動する眼瞼下垂や、変動性あるいは持続性の外眼筋の筋力低下を示す。心筋や平滑筋は侵されない。[grj.umin.jp]

  • 低カリウム性周期性四肢麻痺

    突然の呼吸停止やチアノーゼによる呼吸不全が起こりうる。小児期後期発症した場合は、筋疲労性の異常を認め、走ったり階段を昇ったりすることが困難である。運動発達は遅延することがある。変動する眼瞼下垂や、変動性あるいは持続性の外眼筋の筋力低下を示す。心筋や平滑筋は侵されない。[grj.umin.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    突然の呼吸停止やチアノーゼによる呼吸不全が起こりうる。小児期後期発症した場合は、筋疲労性の異常を認め、走ったり階段を昇ったりすることが困難である。運動発達は遅延することがある。変動する眼瞼下垂や、変動性あるいは持続性の外眼筋の筋力低下を示す。心筋や平滑筋は侵されない。[grj.umin.jp]

  • 生理周期依存周期熱

    突然の呼吸停止やチアノーゼによる呼吸不全が起こりうる。小児期後期発症した場合は、筋疲労性の異常を認め、走ったり階段を昇ったりすることが困難である。運動発達は遅延することがある。変動する眼瞼下垂や、変動性あるいは持続性の外眼筋の筋力低下を示す。心筋や平滑筋は侵されない。[grj.umin.jp]

  • 出生前バーター症候群

    突然の呼吸停止やチアノーゼによる呼吸不全が起こりうる。小児期後期発症した場合は、筋疲労性の異常を認め、走ったり階段を昇ったりすることが困難である。運動発達は遅延することがある。変動する眼瞼下垂や、変動性あるいは持続性の外眼筋の筋力低下を示す。心筋や平滑筋は侵されない。[grj.umin.jp]

  • 先天性副腎発育不全

    ページ番号1008538 更新日 平成30年4月1日 印刷 難病として定められた疾病を有する方が受けられる手当です。 対象 難病として定められた疾病を有する方。 支給制限 次のいずれかにあてはまる方は受けられません。 心身障害者福祉手当を受給している方 児童育成手当(障害手当)の受給要件となっている障害児 施設に入っている方 65歳以上の方(一部の方を除く) 所得(患者本人が20歳未満の場合は、保護者の所得)が所得制限基準額の限度額を超えている方(詳しくは関連情報「各種手当の所得制限基準額」をご覧ください) 手当額 月額:16,500円 支払方法[…][city.suginami.tokyo.jp]

さらなる症状