Create issue ticket

考えれる445県の原因 後天性障害

  • 歯齦炎

    中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、多形滲出性紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、発疹、薬剤性過敏症症候群、リンパ節腫脹、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現、遅発性の重篤な過敏症状、ヒトヘルペスウイルス6再活性化、HHV-6再活性化、ウイルス再活性化、後天血友病[medley.life] 、横紋筋融解症、筋肉痛、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、急性腎障害、重篤な腎障害 上記以外の副作用 痔出血、血痰、痰、穿刺部位出血、処置後出血、ヘモグロビン減少、赤血球減少、ヘマトクリット減少、白血球減少、好中球減少、月経過多、口腔内出血、術中出血、カテーテル留置部位血腫、口唇出血、陰茎出血、尿道出血[medley.life]

  • 性感染症

    * HIV感染者 :感染症法に基づく届出基準に従い「後天免疫不全症候群」と診断されたもののうち、AIDS指標疾患(届出基準参照)を発症していないもの AIDS患者 :初回報告時にAIDS指標疾患が認められAIDSと診断されたもの(既にHIV感染者として報告されている症例がAIDSを発症した場合は含まれない) **両性間性的接触を含む[nih.go.jp] 長期投薬継続が必要となり、薬剤耐性株出現や、抗HIV薬治療下のウイルス複製抑制状態における神経認知障害、骨粗鬆症、心血管障害等の促進や悪性腫瘍の発生が問題となってきている。[nih.go.jp]

  • 内因性うつ病

    など コラム 高次脳機能障害は回復する 高次脳機能障害は、 後天脳損傷 が原因の後遺症です。 交通事故などの外傷性の高次脳機能障害の場合、認知症などのような進行性ではなく、 回復する部分があるのです。 脳損傷は、脳に関係する神経細胞が脱落して失われている状態です。 神経細胞は一度失われるともう生えてこないと言われています。[secure01.red.shared-server.net]

  • ニューロパチー

    シャルコー・マリー・トゥース病の患者は感覚障害の訴えをすることが少なく、感覚障害が目立つことが多い後天のニューロパチーと鑑別になる。感覚障害は無症状であるが診察すると感覚低下が明らかになる。膝から下腿の筋萎縮がしばしば認められシャンペンボトルと表現される。CMT1AがCMT1の中で最も多い亜型で70%を占めている。[ja.wikipedia.org] 2.重症筋無力症 重症筋無力症では、末梢神経と筋肉のつなぎ目である、神経筋接合部が障害されます。この疾患には先天後天性の2つのタイプがあります。先天性は、神経筋接合部のアセチルコリン受容体の欠損や異常により起こります。後天性は、アセチルコリン受容体に対する抗体が産生され、受容体の機能が低下することで起こります。[animalhospital.gifu-u.ac.jp] 遺伝感覚性自律神経性ニューロパチー、アミロイドーシス(家族性、後天性)、糖尿病、特発性汎自律神経異常症(ギラン・バレー症候群の亜型の可能性がある)、ポルフィリン症、HIV関連自律神経ニューロパチー、ビンクリスチンとその他の抗がん剤などが考えられる。 神経生検腓腹神経生検はニューロパチーの評価としては滅多に行われなくなった。[ja.wikipedia.org]

  • むずむず脚症候群

    先天の場合と後天の場合がある。運動障害とされている人の状況や重度は様々であり、自分自身で大抵のことができる者から他人の介護なしでは生活することが不可能な者まで存在する。 肢体不自由者 - 書籍等により、運動障害がある者を肢体不自由者という場合がある。[ja.wikipedia.org] […] kinesigenic choreoathetosis むずむず脚症候群 痙攣 Stereotypic movement disorder 常同症 (Stereotypy) チック症 振戦 ウィルソン病 発達性協調運動障害 身体障害者福祉法、障害者総合支援法、学校教育法等の法律では、肢体不自由と称する(ただし、肢体不自由者に対する教育を、運動障害教育[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    シャルコー・マリー・トゥース病の患者は感覚障害の訴えをすることが少なく、感覚障害が目立つことが多い後天のニューロパチーと鑑別になる。感覚障害は無症状であるが診察すると感覚低下が明らかになる。膝から下腿の筋萎縮がしばしば認められシャンペンボトルと表現される。CMT1AがCMT1の中で最も多い亜型で70%を占めている。[ja.wikipedia.org] 2.重症筋無力症 重症筋無力症では、末梢神経と筋肉のつなぎ目である、神経筋接合部が障害されます。この疾患には先天後天性の2つのタイプがあります。先天性は、神経筋接合部のアセチルコリン受容体の欠損や異常により起こります。後天性は、アセチルコリン受容体に対する抗体が産生され、受容体の機能が低下することで起こります。[animalhospital.gifu-u.ac.jp] 遺伝感覚性自律神経性ニューロパチー、 アミロイドーシス (家族性、後天性)、 糖尿病 、特発性汎自律神経異常症( ギラン・バレー症候群 の亜型の可能性がある)、 ポルフィリン症 、HIV関連自律神経ニューロパチー、 ビンクリスチン とその他の抗がん剤などが考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • トキソプラズマ感染症

    まれに、生後1年 10年以上経ってから網脈絡膜炎、中枢神経障害が現れることもあります。 後天感染 多くの場合、不顕性感染です。しかし、一度に大量の原虫に感染したり、エイズや免疫抑制剤の投与によって免疫力が低下していた場合、発熱や貧血、発疹、リンパ節腫大、肝腫大、肺炎、脳膜炎などの症状が現れます。[bayer-pet.jp] 先天感染の再活性化で生じることが多く、後天感染で発症することは稀である。症状としては、視力障害、眼痛、羞明などが見られる。 (3) 日和見トキソプラズマ感染症 免疫不全者では、体内に潜伏感染していたトキソプラズマが再活性化し、脳炎や肺炎や脈絡網膜炎などの重篤な症状を引き起こす。[nih.go.jp]

  • 眼瞼炎

    眼瞼下垂によって高血圧や糖尿病などの循環障害や、脳腫瘍や脳動脈瘤などの重大な病気が発見されることもあります。 眼瞼下垂の治療 後天の場合、原因となっている病気そのものを治療することが第一です。 乳幼児で先天性の場合、閉じた方の目は物を見る機能が育たなくなり、弱視になる可能性があるため注意が必要です。[shiwaganka.cc]

  • 翼状片

    全眼球運動障害、深部腱反射の消失が認められる。 上斜筋麻痺 後天のものは外傷性が多い。 Horner症候群 縮瞳状態になる。 adie症候群 急性期には散瞳状態となる。 外傷性散瞳 外傷を起因として不可逆性散瞳を来す。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム血症

    発作ミオグロブリン血症を呈するミオパチー(たとえばMcArdle病、carnitine palmitoyltransferase II transferase欠損症)は腎障害をきたしその結果カリウムの蓄積に至る可能がある。後天性持続性高カリウム血症の治療は、食事中のカリウム摂取の制限と高カリウムを引き起こしている原疾患の治療である。[grj.umin.jp] また/あるいはカリウムの経口摂取による誘発あるいは増悪 発作間欠期の血清カリウム値が正常で筋力も正常 20歳以前の発症である パラミオトニー(寒冷や運動で惹起される筋のこわばり)がない 発作間欠期に不整脈がない 正常の精神運動発達 典型的には、少なくとも1名の罹患した一親等親族 他の遺伝高カリウム血症(鑑別診断参照)および後天高カリウム[grj.umin.jp] 血症(薬物、腎・副腎機能障害) 筋電図(EMG) 筋電図におけるミオトニーの徴候の存在により、診断は強く支持される。[grj.umin.jp]

さらなる症状