Create issue ticket

考えれる11県の原因 後天性部分型リポジストロフィー

  • インスリン抵抗性

    インスリン抵抗性 (インスリンていこうせい)とは、 インスリン の効力を規定する個人の特性。そもそもは臨床的な概念で、健康な人と比べて 糖尿病 の人では、同じ量のインスリンを注射しても糖尿病の人のほうが血糖値が下がりにくく、また軽症糖尿病と重症糖尿病では重症のほうが血糖値が下がりにくいことから、インスリンが効きづらいことが糖尿病の本態のひとつであるととらえられた。 現在では 肥満 をはじめとして、 糖尿病 、 高血圧 、 高脂血症 などといった現代人を悩ます生活習慣病の根本的な背景メカニズムのひとつととらえられている。最先端の研究により複雑な ホルモン や サイトカイン の ネットワーク[…][ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 後天性部分型リポジストロフィー

    後天部分リポジストロフィーは左右対称の脂肪萎縮を顔面、上肢、体幹上部上部に認める。(皮膚病診療 2003;25:69-72) 低補体血症、膜性増殖性糸球体腎炎、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、シェーグレン症候群などの患者で報告がある。[ncgmkohnodai.org] 27 2 小児における原発性高脂血症;臨床症状,生化学特性,転帰 NGUYEN Khanh Ngoc, VU Dung Chi, NGUYEN Hoan Thi National Hospital of Pediatrics, Hanoi, VNM 日本先天代謝異常学会雑誌 20111028 27 2 LMNB2遺伝子新規変異により生じた後天部分[togodb.dbcls.jp] リポジストロフィー * かぞくせいぶぶんてきりぽじすとろふぃー シソーラス PubMed , Scholar , Google , WikiPedia 【類義語】 家族部分リポジストロフィー familial partial lipodystrophy * (n) 後天リポジストロフィー * こうてんせいりぽじすとろふぃー PubMed[lsd-project.jp]

  • 先天性全身型リポジストロフィー1型

    後天部分リポジストロフィーは左右対称の脂肪萎縮を顔面、上肢、体幹上部上部に認める。(皮膚病診療 2003;25:69-72) 低補体血症、膜性増殖性糸球体腎炎、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、シェーグレン症候群などの患者で報告がある。[ncgmkohnodai.org]

  • 糸球体腎炎

    糸球体腎炎 (しきゅうたいじんえん、 英語 : Glomerulonephritis )は、腎疾患の一つで 腎臓 の 炎症 の一つ。 腎臓の炎症である腎炎は病理組織学的に炎症の首座がどこにあるかによって、糸球体腎炎、 間質性腎炎 、および 腎盂腎炎 に分類される。主に糸球体に炎症反応がみとめられるものを糸球体腎炎と呼ぶ。 種類 [ 編集 ] 急性糸球体腎炎 (Acute glomerulonephritis) 急速進行性腎炎症候群 (Rapidly progressive glomerulonephritis) 慢性糸球体腎炎 (Chronic glomerulonephritis) 急性糸球体腎炎 [ 編集[…][ja.wikipedia.org]

  • モルフェア

    後天部分リポジストロフィーは左右対称の脂肪萎縮を顔面、上肢、体幹上部上部に認める。(皮膚病診療 2003;25:69-72) 低補体血症、膜性増殖性糸球体腎炎、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、シェーグレン症候群などの患者で報告がある。[ncgmkohnodai.org]

  • インスリン増加
  • 皮膚筋炎

    皮膚筋炎(ひふきんえん、Dermatomyositis; DM)は自己免疫疾患の一種である。慢性疾患であり、膠原病の1つとして分類されている。横紋筋が冒される特発性炎症性筋疾患の一つであり、他には多発筋炎(PM)がある。両者は皮膚症状の有無によって区別されるが、そもそも基本的に疾患が異なるとする考えもある。他の膠原病においてもしばしば本症と同様の筋炎の臨床および病理所見が伴うことがある。なお、略称のDMは糖尿病と共通しており、また糖尿病のほうが有名であるため、うかつに略称で話すと勘違いされる可能性がある。 年間発病率は100万人あたり2[…][ja.wikipedia.org]

  • タンパク尿

    タンパク尿(たんぱくにょう、英: proteinuria)は、タンパク質を高濃度に含んだ尿であり、病的なものと生理的なものがある。 本来尿中にはほとんど出ないはずのタンパク質が多く検出されることは病気を示唆する所見と考えられる。しかし起立性タンパク尿・運動性タンパク尿や疾患を伴わないタンパク尿も存在するため、単独では疾病の存在を断定するには至らない。 生理的タンパク尿 生理的タンパク尿は病的でない健常者に見られるタンパク尿。 体位性タンパク尿 体位性タンパク尿は、脊柱の前彎などにより腎静脈が圧迫され腎うっ血が惹起されて生じる、病的でない健常者に見られるタンパク尿。 運動性タンパク尿[…][ja.wikipedia.org]

  • Aagenaes症候群

    後天リポジストロフィー後天部分リポジストロフィー後天遊走脾、ACR、顔面および生殖器の異常を伴う末端部異骨症、Acro Renal、シンツェルAcrocallosal症候群、短頭合指症、短頭合指症I型、短頭合指症I型サブタイプI、短頭多合指症II型、短頭多合指症III型、短頭多合指症IV型、短頭合指症V型(ACS5またはACS[biosciencedbc.jp] 、ACM、聴神経鞘腫、聴神経腫、脚形成不全を伴うACPS、ACPS II、ACPS IV、ACPS III、痙攣性疾患を伴う後天性失語症、後天性ブラウン症候群、後天性てんかん性失語症、後天性第XIII因子欠乏症、後天性型ACC(子宮内での感染により惹起)、後天性高シュウ酸塩尿、後天性低γグロブリン血症、後天性免疫不全症候群(エイズ)、後天鉄過負荷[biosciencedbc.jp]

さらなる症状