Create issue ticket

考えれる747県の原因 後天性免疫不全症候群

  • 性感染症

    なお、後天免疫不全症候については、「後天免疫不全症候に関する特定感染症予防指針」が別に定められています。[jfshm.org] 後天免疫不全症候(厚生労働省) (別ウィンドウ) HIV/AIDSについて(山口県感染症情報センター)[pref.yamaguchi.lg.jp] 梅毒 尖圭コンジローマ B型肝炎 淋菌感染症 腟トリコモナス症 C型肝炎 性器クラミジア感染症 ケジラミ症 後天免疫不全症候(エイズ) 性器ヘルペス 性器カンジダ症 メ モ: 性感染症は複数の感染を被ることがある。 またそのような時には、エイズのように免疫が低下する疾患に罹患しているかどうか念のためチェックする必要がある。[jfshm.org]

  • 伝染性単核球症

    普遍的なEBVが、なぜ一部の個体でT細胞・NK細胞に感染するのか、またこれらの細胞がなぜ宿主免疫から回避するのか、未解明である。既知の先天後天免疫不全症候が否定された場合に、本疾患と診断される。本症は、日本、韓国、中国北部などの東アジアの小児・若年成人を中心に発症するが、疾患概念が認知されるに従い成人例の報告も増えている。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 慢性疲労症候群

    CDCの調査によると身体的活動レベルは、多発硬化症(MS)、後天免疫不全症候、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、最終段階の腎不全、慢性閉塞性肺疾患等の病気と匹敵すると報告されている。[ja.wikipedia.org] (調査対象301名、12 18歳) ライム病 過敏症候(IBS) 多発硬化症(MS) 膠原病 甲状腺機能低下症 後天免疫不全症候(AIDS) 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 身体表現性障害 不安障害 セリアック病 神経衰弱 CFSの機序・病原については、国内外とも、生理学・疫学的な研究を含む多くの研究がされているがはっきりしない。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚感染症

    高齢者、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染者やエイズ(後天免疫不全症候)などの免疫疾患をもつ人、肝炎の患者、化学療法や免疫抑制薬による治療を受けている人も、免疫系の機能が低下するためにリスクが高くなります。日焼けやひっかき傷、外傷などによって皮膚に炎症や損傷が生じている場合も、細菌感染が起こりやすくなります。[msdmanuals.com] また、最近特に注目されるウイルス感染として、HIVウイルス感染であるAIDS(後天免疫不全症候)が挙げられます。これは血液製剤による感染が注目されましたが、現在では性行為にて感染する(性行為感染症)ものがほとんどです。その他性行為感染症には陰部ヘルペス、尖圭コンジローマがありますが詳細は後述します。[jomf.or.jp] (エイズ)に伴う播種マイコバクテリア感染症 後天免疫不全症候(エイズ)に伴う播種マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症 進行したHIV感染者における播種マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症の発症抑制及び治療 後天免疫不全症候(エイズ)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC[fpmaj.gr.jp]

  • HIV感染症

    感染症についての情報 HIV感染症・AIDS(後天免疫不全症候) HIV Infection HIVウイルスに感染し発症すると、他の病気に対する抵抗力がなくなって、いろいろな病気にかかります。病気が進行すると死亡することがあります。[forth.go.jp] 感染症法における取り扱い (2018年2月時点) 「後天免疫不全症候」は全数報告対象(5類感染症)であり、診断した医師は7日以内に最 寄りの保健所に届け出なければならない。 届出基準は こちら (国立感染症研究所エイズ研究センター 吉村 和久)[niid.go.jp] 日本 1985年 、初めてAIDS患者が確認され、 1989年 2月17日、「 後天免疫不全症候の予防に関する法律 」が施行。当初は大半が凝固因子製剤による 感染症 例( 薬害エイズ事件 )だった。 新規HIV感染者数は世界でも少ない水準にあるが、年々増加する傾向にある。[ja.wikipedia.org]

  • 緑膿菌

    球菌感染症 (2002年第46号) 結 核 (2003年第07号) 下痢原大腸菌感染症 (2000年第50号) 後天免疫不全症候 (前編) (2002年第39号) 後天免疫不全症候(後編) (2002年第40号) コクシジオイデス症 (2003年第24号) コレラ (2000年第1号) [さ] 細菌性髄膜炎 (2003年第38号)[idsc.nih.go.jp] 緑膿菌感染症は、健常者にはほとんど見られないが、免疫抑制剤の使用や後天免疫不全症候(エイズ)などにより免疫力の低下した人や、長期間の入院や手術などで体力を消耗している人、寝たきりの状態にある老人など、いわゆる「易感染宿主」に発症する疾患(日和見感染症)である。[ja.wikipedia.org] 緑膿菌感染症 [ 編集 ] 緑膿菌感染症は、健常者にはほとんど見られないが、 免疫抑制剤 の使用や 後天免疫不全症候 (エイズ)などにより免疫力の低下した人や、長期間の入院や手術などで体力を消耗している人、寝たきりの状態にある老人など、いわゆる「易感染宿主」に発症する疾患( 日和見感染 症)である。[ja.wikipedia.org]

  • 起立性低血圧

    遺伝感覚ニューロパチー 神経系感染症 - 後天免疫不全症候、シャガース病、ボツリヌス中毒症、梅毒 代謝性疾患ビタミン - ビタミンB12欠乏症、ポルフィリン症、ファブリー病、タンジール病 脊髄病 何らかの疾病治療薬の副作用として現れる事が多い。[ja.wikipedia.org] 遺伝感覚ニューロパチー 神経系感染症 - 後天免疫不全症候 、 シャガース病 、 ボツリヌス中毒症 、 梅毒 代謝性疾患ビタミン - ビタミンB12欠乏症 、 ポルフィリン症 、 ファブリー病 、 タンジール病 脊髄病 薬剤性 [ 編集 ] 何らかの疾病治療薬の副作用として現れる事が多い [2] 。[ja.wikipedia.org] 、ランバート・イートン症候群、全身性エリテマトーデス 腫瘍性自律神経ニューロパチー Central brain lesions - 多発性硬化症、ウェルニッケ脳症、視床下部や中脳の血管病変、腫瘍 ドーパミンβ-水酸化酵素欠損症 Familial hyperbradykinism 全身性疾患 - 糖尿病、アミロイドーシス、アルコール中毒、腎不全[ja.wikipedia.org]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    また、HIVに感染している患者様が、長期間のB細胞への刺激とT細胞の機能減弱の結果として発症する場合もあり、その際は単なるHIV感染から、AIDS(後天免疫不全症候)に進展したものと定義されます。 症状 ほとんどの場合は、週単位で急激に増大する頸部、腋下、鼠径部などでのリンパ節腫大が最初の症状となります。[medicalnote.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    ただし、ネコ免疫不全ウイルスによるネコのAIDS(後天免疫不全症候)等のために免疫機能が低下し中枢神経系・眼・消化器等の異常や流産・死産がネコのトキソプラズマ症として出現することがあります。[city.yokohama.lg.jp] HIV感染症 妊婦健康診査での公費負担あり HIVに感染している妊婦が母子感染予防の対策を行わないまま出産した場合、赤ちゃんが感染する可能があります。赤ちゃんに感染して進行すると、エイズ(後天免疫不全症候)を発症します。[pref.saitama.lg.jp] 感染した場合、無症状 軽度のインフルエンザ様の症状を呈した後に回復することがほとんどですが、免疫不全状態の人では、症状が再発したり、重症化することがあります。 そのため、後天免疫不全症候(エイズ)や免疫抑制剤投与中の患者における主要な疾病の一つになっています。[cpvma.com]

  • 足白癬

    足白癬(あしはくせん)は、感染症の一種で、白癬菌(はくせんきん)が足の指や足の裏など皮膚の角質やその下の皮下組織を侵食することで、痒みや炎症などが起きる。一般的な通称は水虫(みずむし)。足白癬には2種類あり、足の裏の角質が肥厚して硬くなる角化型白癬(かくかがたはくせん)と、水疱や皮膚剥離(薄く皮が剥ける)が発生し、発赤や痛痒感などを伴う汗疱状白癬(かんぽうじょうはくせん)が存在する。 治療には抗真菌薬が使われ、外用薬の場合1986年には1日1回で済む薬剤が登場した。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状