Create issue ticket

考えれる8県の原因 後ろ足に広がる腰痛

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患。 通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もある。 間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠性跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。[…][ja.wikipedia.org]

  • 坐骨神経痛

    坐骨神経痛(ざこつしんけいつう、Sciatica、Sciatic Neuralgia)とは、[…][ja.wikipedia.org]

  • 変形性腰椎症

    Oricon NewS Inc. 提供 赤西仁 歌手の赤西仁が、「変形性腰椎症」の診断を受け、4月6日から予定していた『JIN AKANISHI“THANK YOU”TOUR 2019』全18公演で企画していた構成内容を変更することを4日、公式サイトを通じて発表した。 サイトでは「先日、赤西本人が腰の痛みを訴え、病院で検査を行った結果、『変形性腰椎症』という診断を受けました」と報告。医師の指導を踏まえ「本人・スタッフ・関係各所と協議の結果、本年4月6日から予定しておりました『JIN AKANISHI “THANK YOU” TOUR[…][msn.com]

  • 強直性脊椎炎

    強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきついえん)は、反応性関節炎(Reiter症候群)、乾癬性関節炎、炎症性腸疾患に伴う関節炎、若年性脊椎関節症、分類不能な脊椎関節症などとともに、血清反応陰性関節炎(脊椎関節症)に含まれる疾患の一つである。リウマトイド因子や抗環状シトルリン化ペプチド抗体(抗CCP抗体)が陰性で、主に脊椎(脊椎椎間関節、椎体辺縁)、仙腸関節、末梢関節(特に下肢)、腱や靭帯の骨への付着部が侵される疾患。靭帯付着部などの関節辺縁に限局した骨炎が生じ、軟骨下骨や線維軟骨が肉芽組織に置換され、炎症が収まるのに伴いこの肉芽組織が骨化し、骨強直を来す。関節リウマチが関節腔内の滑膜炎である[…][ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    ギラン・バレー症候群(ギラン・バレーしょうこうぐん、英: Guillain-Barré syndrome、以下GBSと記する)は、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなる病気である。重症の場合、中枢神経障害性の呼吸不全を来し、この場合には一時的に気管切開や人工呼吸器を要するが、予後はそれほど悪くない。日本では厚生労働省の治療研究(難治性疾患克服研究事業)の対象となっているが、医療給付(難病医療費助成制度)の対象ではない。 1859年にフランス人医師ジャン・ランドリー(仏: Jean Baptiste Octave[…][ja.wikipedia.org]

  • ライター症候群

    強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきついえん)と同様に10 30歳代の男性によくみられ、HLA-B27と関連する日本人に少ない病気です。原因は、マイコプラズマ、エルシニア、クラミジアなどの病原体が考えられています。 多発性の関節炎、尿道炎、結膜炎が三大症状です。リウマトイド因子は陰性です。治療は強直性脊椎炎に準じます。 医師を探す 診療科 リウマチ科 整形外科[medical.jiji.com]

  • ガス壊疽

    学会誌へ戻る 前のページへ戻る 第124回学術集会 (平成24年10月28日(日)) 【一般演題】 Clostridium perfringens感染による子宮筋層内ガス壊疽から敗血症を呈した子宮腺筋症の1例 川端 英恵, 印出 佑介, 寺田 佳世子, 浜野 愛理, 山岸 絵美, 桑原 知仁, 橋本 恵理子, 奥田 直貴, 川端 伊久乃, 石川 源, 関口 敦子, 中井 章人 日本医科大学産婦人科 Clostridium[…][jsog-k.jp]

さらなる症状