Create issue ticket

考えれる9県の原因 形成不全 頬骨

  • パリスターホール症候群

    小さく開いた口、筋障害性顔貌、 下顎後退、突端部が四角く突出した鼻 UNK TCOF1 (補足:Treacher Collins-Franceschetti syndrome 1) TCOF1(Treacle) 5q32-q33.1 154500 トリチャーコリンズ下顎顔面骨異骨症(Treacher Collins) 154500 AD 頬骨形成不全[10et.com]

  • X連鎖下顎顔面形成異常

    頬骨形成不全 はCTによる眼窩内測量で平均値を得ても、頬骨測量で正常値より低い [ Posnick & Ruiz 2000 ]。 顔面弓隆による 下顎骨後退症 の程度は、頭蓋X線撮影で確認する。[grj.umin.jp] 気道異常 は下記を含む 気道婁孔 片側あるいは両側の後鼻孔狭窄/閉鎖 運動や言語発達遅滞 常染色体劣性遺伝形式の 家族歴 (1%) X線所見の鑑別 頬骨弓の低形成あるいは無形成 は後頭オトガイのX線検査で確定される。下顎骨形成不全やほかの異常を確認するために、X線検査には頭蓋骨の後頭オトガイの投影図(ウォーターズ法)と正写図を含む。[grj.umin.jp] 明らかな新規突然変異である発端者の場合、その両親に対する評価は、発端者で認められた変異に対する分子遺伝学的検査、発端者に遺伝子変異を認めなかった場合、X線検査(ウォータース像)は軽度な頬骨形成不全や無形成を検出できるかもしれない [ Marres 2002 ]。[grj.umin.jp]

  • ポーランド症候群

    第1・第2鰓弓症侯群 胎生期における第1鰓弓および第2鰓弓から発生する骨、軟部組織の先天異常症候群で、主要症状としては片側の巨口症、小顎症、耳介形成不全、顔面神経麻痺、側頭骨および頬骨形成不全などですが、すべて完全に合併することはまれです。骨延長術やマイクロサージャリーによる脂肪移植術、耳介形成術など数次的な治療を行っています。[h.kawasaki-m.ac.jp]

  • 先天性皮膚形成不全

    第1・第2鰓弓症侯群 胎生期における第1鰓弓および第2鰓弓から発生する骨、軟部組織の先天異常症候群で、主要症状としては片側の巨口症、小顎症、耳介形成不全、顔面神経麻痺、側頭骨および頬骨形成不全などですが、すべて完全に合併することはまれです。骨延長術やマイクロサージャリーによる脂肪移植術、耳介形成術など数次的な治療を行っています。[h.kawasaki-m.ac.jp]

  • 耳下顎頭骨形成異常

    第1・第2鰓弓症侯群 胎生期における第1鰓弓および第2鰓弓から発生する骨、軟部組織の先天異常症候群で、主要症状としては片側の巨口症、小顎症、耳介形成不全、顔面神経麻痺、側頭骨および頬骨形成不全などですが、すべて完全に合併することはまれです。骨延長術やマイクロサージャリーによる脂肪移植術、耳介形成術など数次的な治療を行っています。[h.kawasaki-m.ac.jp] 頬骨形成不全 はCTによる眼窩内測量で平均値を得ても、頬骨測量で正常値より低い [ Posnick & Ruiz 2000 ]。 顔面弓隆による 下顎骨後退症 の程度は、頭蓋X線撮影で確認する。[grj.umin.jp] 気道異常 は下記を含む 気道婁孔 片側あるいは両側の後鼻孔狭窄/閉鎖 運動や言語発達遅滞 常染色体劣性遺伝形式の 家族歴 (1%) X線所見の鑑別 頬骨弓の低形成あるいは無形成 は後頭オトガイのX線検査で確定される。下顎骨形成不全やほかの異常を確認するために、X線検査には頭蓋骨の後頭オトガイの投影図(ウォーターズ法)と正写図を含む。[grj.umin.jp]

  • 下肢欠損-尿道下裂症候群

    第1・第2鰓弓症侯群 胎生期における第1鰓弓および第2鰓弓から発生する骨、軟部組織の先天異常症候群で、主要症状としては片側の巨口症、小顎症、耳介形成不全、顔面神経麻痺、側頭骨および頬骨形成不全などですが、すべて完全に合併することはまれです。骨延長術やマイクロサージャリーによる脂肪移植術、耳介形成術など数次的な治療を行っています。[h.kawasaki-m.ac.jp]

  • 常染色体優性小頭症

    胎芽期の第1・第2鰓弓の発達障害が原因 【症状】 両側の顔外側の形成不全(瞼裂斜下、頬骨形成、外耳道閉鎖、難聴、強度の下顎低形成etc.)etc. Williams症候群 【症状】 出生前成長障害、知的障害、特異顔貌(広い前額、鞍鼻、上向き鼻孔、厚い口唇、膨らんだ頬etc.)[shutoku.fc2web.com]

  • 視力喪失

    頬骨形成不全 はCTによる眼窩内測量で平均値を得ても、頬骨測量で正常値より低い [ Posnick & Ruiz 2000 ]。 顔面弓隆による 下顎骨後退症 の程度は、頭蓋X線撮影で確認する。[grj.umin.jp] 気道異常 は下記を含む 気道婁孔 片側あるいは両側の後鼻孔狭窄/閉鎖 運動や言語発達遅滞 常染色体劣性遺伝形式の 家族歴 (1%) X線所見の鑑別 頬骨弓の低形成あるいは無形成 は後頭オトガイのX線検査で確定される。下顎骨形成不全やほかの異常を確認するために、X線検査には頭蓋骨の後頭オトガイの投影図(ウォーターズ法)と正写図を含む。[grj.umin.jp] 明らかな新規突然変異である発端者の場合、その両親に対する評価は、発端者で認められた変異に対する分子遺伝学的検査、発端者に遺伝子変異を認めなかった場合、X線検査(ウォータース像)は軽度な頬骨形成不全や無形成を検出できるかもしれない [ Marres 2002 ]。[grj.umin.jp]

  • ラブソン・メンデンホール症候群

    美容を目的とした頬骨骨切り・頬骨形成術は保険適用外で広告不可。[jaam.or.jp] 上顎骨形成術 上顎骨発育不全又は外傷後の上顎骨後位癒着等に対し、Le FortⅠ型切離により上顎骨の移動を図る場合、Le FortⅡ型若しくはLe FortⅢ型切離により移動する場合又は悪性腫瘍手術等による上顎欠損症に対し二次的骨性再建を行う場合は、K443上顎骨形成術として保険収載(但し骨移動を伴う場合については施設基準あり)。[jaam.or.jp]

さらなる症状