Create issue ticket

考えれる20県の原因 形成不全脳下垂体

  • 内分泌機能不全

    先天性副腎過形成などの先天的な副腎機能不全もありますが、頻度はまれです。ACTHは脳下垂体より分泌され血流を介して副腎皮質を刺激しているホルモンです。間脳下垂体に発生する腫瘍、炎症、頭部外傷などで分泌が低下し、続発性副腎機能不全を引き起こします。 治療には、欠乏したホルモンを内服薬や注射で補充する「ホルモン補充療法」を行います。[saiseikai.or.jp]

  • 放射線誘発性白内障

    ・性的発育の早発、性機能低下、骨粗鬆症、脊椎圧迫骨折、甲状腺過形成、プロラクチン(脳下垂体分泌ホルモン)値の異常上昇、子どもの抑うつ障害など 免疫系の疾患 放射能汚染による免疫抑制(「チェルノブイリ・エイズ」)、アレルギー(花粉症、喘息性気管支炎、食物アレルギー、慢性扁桃腺炎・扁桃肥大)、免疫低下を示す急性呼吸器ウィルス感染・気管支炎・肺炎[gowest-comewest.net] )の低下;リクビダートルのカルシウム代謝調節ホルモン(パラトルモン、カルシトニン、カルシトリオールなど)値の低下;糖尿病(1型[膵臓ベータ細胞の破壊による]および2型[生活習慣および遺伝による]);自己免疫性甲状腺炎(橋本病);肥満症(クッシング症候群)、甲状腺機能低下症および甲状腺機能亢進症、子どもの知的能力発達の抑制・子宮と卵巣の発育不全[gowest-comewest.net]

  • 副腎不全

    先天性副腎過形成などの先天的な副腎機能不全もありますが、頻度はまれです。ACTHは脳下垂体より分泌され血流を介して副腎皮質を刺激しているホルモンです。間脳下垂体に発生する腫瘍、炎症、頭部外傷などで分泌が低下し、続発性副腎機能不全を引き起こします。 治療には、欠乏したホルモンを内服薬や注射で補充する「ホルモン補充療法」を行います。[saiseikai.or.jp]

  • アジソン病

    先天性副腎過形成などの先天的な副腎機能不全もありますが、頻度はまれです。ACTHは脳下垂体より分泌され血流を介して副腎皮質を刺激しているホルモンです。間脳下垂体に発生する腫瘍、炎症、頭部外傷などで分泌が低下し、続発性副腎機能不全を引き起こします。 治療には、欠乏したホルモンを内服薬や注射で補充する「ホルモン補充療法」を行います。[saiseikai.or.jp]

  • 副腎転移

    先天性副腎過形成などの先天的な副腎機能不全もありますが、頻度はまれです。ACTHは脳下垂体より分泌され血流を介して副腎皮質を刺激しているホルモンです。間脳下垂体に発生する腫瘍、炎症、頭部外傷などで分泌が低下し、続発性副腎機能不全を引き起こします。 治療には、欠乏したホルモンを内服薬や注射で補充する「ホルモン補充療法」を行います。[saiseikai.or.jp]

  • 副腎出血

    先天性副腎過形成などの先天的な副腎機能不全もありますが、頻度はまれです。ACTHは脳下垂体より分泌され血流を介して副腎皮質を刺激しているホルモンです。間脳下垂体に発生する腫瘍、炎症、頭部外傷などで分泌が低下し、続発性副腎機能不全を引き起こします。 治療には、欠乏したホルモンを内服薬や注射で補充する「ホルモン補充療法」を行います。[saiseikai.or.jp]

  • 精索損傷

    低ゴナドトロピン性男子性腺機能不全 どうして男性不妊症になるのですか? 精巣での精子形成と男性ホルモン分泌の調節を行なうために必要なホルモンが、脳下垂体から分泌されません。精巣の発育不全、造精機能障害を来します。代表的なのは嗅覚異常を伴うKallmann症候群が知られ、男性の1万人に一人の割合で認められます。[tsukuba-urology.com]

  • 自己免疫性副腎不全

    先天性副腎過形成などの先天的な副腎機能不全もありますが、頻度はまれです。ACTHは脳下垂体より分泌され血流を介して副腎皮質を刺激しているホルモンです。間脳下垂体に発生する腫瘍、炎症、頭部外傷などで分泌が低下し、続発性副腎機能不全を引き起こします。 治療には、欠乏したホルモンを内服薬や注射で補充する「ホルモン補充療法」を行います。[saiseikai.or.jp]

  • 無耳症

    成長ホルモン分泌不全、出生後の発育不全脳下垂体形成 SALL4 変異がある23家系中の69人については、その13%がもともとオキヒロ症候群として記載されていたデュアン異常、橈側列形成異常、感音性難聴の三兆候を現していた;45%がデュアン異常と橈側列形成異常をもっていた;21%が橈側列障害のみをもっていた。[grj.umin.jp] 短縮;三角筋の低形成 腎臓 腎無形成、交叉性腎変位、腎臓の位置異常 耳/聴覚 感音性難聴と伝音性難聴のいずれかまたは両方、耳介異常、外耳道のスリット状開口、小耳 心臓 心房中隔欠損、心室中隔欠損、ファロー四徴 消化器系 肛門狭窄、鎖肛 顔 内眼角贅皮、両眼隔離、平坦な鼻梁、片側顔面萎縮 下肢 弯足、内反足、脛骨半肢、合指症 脊椎 融合脊椎 脳下垂体[grj.umin.jp]

  • 副腎皮質刺激ホルモン-分泌下垂体腺腫

    先天性副腎過形成などの先天的な副腎機能不全もありますが、頻度はまれです。ACTHは脳下垂体より分泌され血流を介して副腎皮質を刺激しているホルモンです。間脳下垂体に発生する腫瘍、炎症、頭部外傷などで分泌が低下し、続発性副腎機能不全を引き起こします。 治療には、欠乏したホルモンを内服薬や注射で補充する「ホルモン補充療法」を行います。[saiseikai.or.jp]

さらなる症状

類似した症状