Create issue ticket

考えれる226県の原因 強迫性障害

  • うつ病

    強迫障害 強迫障害は不安障害の一型で、その病態は、強迫観念と強迫行為に特徴づけられます。強迫観念は無意味ないし不適切、侵入的と判断し無視や抑制しようとしてもこころから離れない思考やイメージなどで、強迫行為はおもに強迫観念に伴って高まる不安を緩和および打ち消すための行為です。[medcare-tora.com] 強迫障害の主要な治療は、SSRIを主とした薬物、および認知行動療法です。さらに病気自体や治療および対処などについて、患者さんや家族などに充分な理解をうながす心理教育は、治療的動機づけを高めかつ周囲からの一貫した支持を得て安定的治療環境を構築するうえで重要です。[medcare-tora.com]

  • 不安障害

    うつ病、躁うつ病(双極感情障害)、統合失調症、重度ストレス反応、適応障害、解離障害、摂食障害、パニック障害強迫障害、身体表現性障害、精神発達遅滞、高機能自閉症、認知症等々。[ohara-clinic.or.jp] なお、それぞれの症状の治療法については、「全般不安障害#治療」・「特定の恐怖症#治療」・「パニック障害#治療」・「広場恐怖症#治療」・「社交不安障害#治療」・「強迫障害#治療」・「心的外傷後ストレス障害#治療」・「分離不安障害#治療」を参照。[ja.wikipedia.org] 強迫障害 強迫障害は大きく分けて2つの症状があらわれます。これらの症状はあらわれ始めた初期段階で治療を開始することが大切です。 強迫観念 「家族の誰かが死ぬのではないか」「自分はとんでもないことをしてしまうのではないか」「特定の文字が気になる」といった特定の考えが自分に意思に反して何度も頭に浮かんでしまう状態。[chihiro-kokoro.com]

  • 神経症性障害

    強迫障害の患者さんの半数以上に、気分障害、不安障害、摂食障害、アルコール依存症などの物質関連障害、チック障害、トウレット障害、人格障害などの他の精神障害が併存しているという報告もあります。 また、てんかん、脳髄膜炎、脳腫瘍や頭部外傷などの脳器質疾患の初期や経過中に症状を認めることもあります。[komagino.jp] 07 もっとくわしい情報を知りたいときの参考サイト&図書 参考サイト 》強迫障害 みんなのメンタルヘルス総合サイト (厚生労働省) 書籍 ・「強迫障害のすべてがわかる本」 原田誠一 講談社 イラスト入り、説明がわかりやすいです ・「強迫障害の治療ガイド」 飯倉康郎 二瓶社 40ページ弱、コンパクトな直接書き込めるワークブックスタイルです[kidsinfost.net] 診療科目/不安神経症・強迫障害 TOP 診療科目 不安神経症・強迫障害 不安神経症・強迫障害とは? 「考えすぎ」や「心配」と思い込まないで 不安障害(不安神経症・強迫障害)というのは、不安や恐怖の感情が、普段の状態とは異なって過剰に付きまとってしまい、日常生活に支障をきたしてしまうことです。[hidamarikokoro.jp]

  • 強迫性障害

    精神医学的障害の一種である。 強迫症状とは強迫障害の症状で、強迫観念と強迫行為からなる。両方が存在しない場合は強迫障害とは診断されない。強迫症状はストレスにより悪化する傾向にある(「ストレス管理」も参照)。[ja.wikipedia.org] これは強迫障害発症後二次的に出現することが一般的であり 33) 、うつ病を伴う強迫障害患者中、64-85%では強迫障害の発症が先行していたというデータがあります 15,16) 。[mhlw.go.jp] 抄録 曝露反応妨害法を用いた認知行動療法は,強迫障害に対して有効な治療法とされている。一方,行動実験(Behavioural Experiments)とは,対象者の不合理な信念の妥当を実験的手法によって検証する技法であり,強迫障害に対して有効であると指摘されている。[doi.org]

  • パーソナリティ障害

    特徴 強迫パーソナリティ障害の基本的特徴は、秩序や完璧主義にとらわれて、柔軟や開放、効率が損なわれることです。「強迫症」と名称が似ていますが別の障害です。強迫症は通常、強迫行為と強迫観念が存在しますが、強迫パーソナリティ障害の診断基準にはそれがありません。[e-heartclinic.com] パーソナリティ障害/[10]強迫パーソナリティ障害 etc.[sociohealth.co.jp] 診察日 月・木曜日 受付時間 初診の方 8:45 11:45 再診の方 13:45 15:30 専門外来(強迫障害)診察【完全予約制】 従来より難治とされてきた強迫障害(OCD)に対して、有効性が証明されている暴露反応妨害法を中心とした認知行動療法にて治療を行います。[daigo-hp.or.jp]

  • 胃疾患

    胃疾患 1.胃癌とは 胃癌は日本人に多い癌の一つで、かつては、日本人の癌による死亡原因の第一位にランクされていました。 現在では、肺癌についで第二位になっていますが依然、癌による主な死亡原因の一つであることに変わりはありません。 2.胃癌の症状 症状としては、嘔き気・嘔吐、腹痛、腹部違和感、食欲不振、全身倦怠感、体重減少などがありますが、 無症状で検診で発見される場合も少なくありません。 3.診断内容[…][himeji.jrc.or.jp]

  • 慢性的な不安

    戸締まりや火の元を何度も何度もしつこく確認しても安心できなかったり、特定の数字にこだわるあまり生活が不便になったりしている場合は「強迫障害」かもしれません。 強迫障害は不安障害の一種です。[mhlw.go.jp] なお、それぞれの症状の治療法については、「全般不安障害#治療」・「特定の恐怖症#治療」・「パニック障害#治療」・「広場恐怖症#治療」・「社交不安障害#治療」・「強迫障害#治療」・「心的外傷後ストレス障害#治療」・「分離不安障害#治療」を参照。[ja.wikipedia.org] パニック障害では、50 65%に生涯のいつの時点かにうつ病が併存し、また全般不安障害25%、社交恐怖15 30%、特定の恐怖症10 20%、強迫障害8 10%の併存があるといわれています。 原因・発症の要因 不安障害の原因は、まだ十分には解明されていません。[mhlw.go.jp]

  • 精神疾患

    私自身は強迫障害で治療中なのだが、この症状に触れられていないのは少し残 タイトル通り、「精神疾患」に関する入門書。素人にもとてもわかりやすく、疾患の構造、精神医学の歴史、薬物などについて書かれている。私自身は強迫障害で治療中なのだが、この症状に触れられていないのは少し残念。[kadokawa.co.jp] 自閉症とAD/HD 5.1 自 閉 症 5.2 AD/HD(注意欠陥/多動障害) 6. 不安障害・身体表現障害 6.1 神経症概念の解体 6.2 不安障害とは 6.3 強迫障害 6.4 パニック障害 6.5 PTSD 6.6 転換性障害 6.7 心 気 症 7. [asakura.co.jp] 簡素で分かりやすい分類法であるが、外因・心因・内因といった分け方の妥当に、疑問を投げかける研究成果が蓄積していった。 たとえば、 神経症 として心因とされた パニック障害強迫障害 は、遺伝性や脳の機能や構造の偏移が明らかにされると、もっぱら心因性とは言い難く、内因性との区別もあいまいである。[bsd.neuroinf.jp]

  • トゥレット症候群

    しかし、複雑チックの場合は、ドパミン神経だけではなく、「強迫障害」を合併することがあることから、セロトニン神経の低下が関連し、経過が長くなると考えました。[segawa-clinic.jp] トゥレット症候群 はしばしば、 多動障害(ADHD)、強迫障害 を併発します。神経機構は未だ良くわかっていないですが、一卵性双生児が共に発病する確率が高いことから遺伝性があることが最近の研究で解ってきています。[direct-commu.com] 歯科スプリント治療について 顎関節を含む歯科的・口腔外科的なアプローチによる治療で、チックなどの運動障害及びOCD(強迫障害)やADHD(注意欠如多動性障害)などの随伴症状の軽減または消失することが期待されるものです。[value-press.com]

  • パニック発作

    表1 不安障害に含まれる主な疾患 疾患名 パニック発作 予期しない 主に状況に依存 パニック障害 恐怖障害(恐怖症) 強迫障害 外傷後ストレス障害(PTSD) 全般性不安障害 身体疾患からの不安障害 本来パニック(Panik)という言葉は、大きな危機に際して自己を守るため、人や動物が集団としての秩序を失って逃げ出す乱衆行動を指します。[newsdigest.de] パニック障害では、50 65%に生涯のいつの時点かにうつ病が併存し、また全般不安障害25%、社交恐怖15 30%、特定の恐怖症10 20%、強迫障害8 10%の併存があるといわれています。 不安障害の原因は、まだ十分には解明されていません。[wj-pam.jp] 「不安障害」の種類には、人前に出ると“人に変に思われるのではないか”と不安になり人前に出るのを避けてしまう「社会恐怖」、自分でも理不尽であることがわかっているにもかかわらず、不潔な気がして手を何度も洗ってしまうなどの行動を繰り返し行う「強迫障害」、「PDSD(心的外傷後ストレス障害)」、そして特に今 20 代 30 代の女性に多く見られる[health.ibaraki.ac.jp]

さらなる症状