Create issue ticket

考えれる21県の原因 強調された A2 音

  • 高血圧症

    抄録 本態性高血圧症における食塩負荷時の血圧上昇に対するカリウム投与の影響を検討する目的で, 23名の本症患者に低塩食(NaCl25mEq/日)を3日間施行したのち, 6日間食塩(250mEq/日)のみを負荷した群(NaCl単独群)12名と,同量の食塩に加えてカリウム96mEq/日を投与した群(NaCl KCl群)11名に分け,比較した.その結果, NaCl KCl群ではNaCl単独群においてみられた食塩負荷時の血圧上昇は認められず,平均血圧の変化率はNaCl単独群に比し有意の低値を示した.尿中ナトリウム排泄はNaCl KCl群で食塩負荷早期(第1および第2日目)に有意の増加を認め, NaCl[…][doi.org]

  • 本態性高血圧症

    トップ 疾患一覧 循環器疾患 本態性高血圧症 疾患メモ 原因不明の高血圧は,本態性高血圧と呼ばれている。その発症には,これまでに多くの遺伝子が候補として挙げられているが,単一の遺伝子のみで発症するものではなく,様々な遺伝子や環境因子が相互作用することで血圧が上昇する。 高血圧と診断された場合は,二次性高血圧のルールアウトを行ったのち,本態性高血圧としてリスクに応じて治療を開始していく。 代表的症状・検査所見 【症状】 高血圧は,通常は無症状であるが,脳・眼・心臓・腎臓・血管などを障害し,これらの臓器合併症により様々な症状を呈する。 【検査所見】[…][jmedj.co.jp]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 子癇前症

    子癇前症 (しかんぜんしょう)は妊娠中に 高血圧 や タンパク尿 を特徴とする疾患である [1] 。通常、 妊娠後期 に発症し時間が経つにつれ悪化する [2] [3] 。重い疾患には 赤血球の破壊、 血小板減少症 、肝機能障害、腎機能障害、 浮腫 、 肺水腫 による息切れ、視覚障害がある [2] [3] 。子癇前症は母親と赤ちゃんの両方の転帰不良のリスクを増加する [3] 。もし治療せず放置した場合、結果として妊娠中に起こる てんかん発作 、 子癇 になる [2] 。 子癇前症のリスク要因は: 肥満 、 高血圧 、高齢年齢、 糖尿病 などである [2] [4][…][ja.wikipedia.org]

  • 肺性心

    抄録 肺性心はその病態から,肺血管の解剖学的閉塞によって起こる肺血管障害型と,低酸素血症およびアシドーシスによって起こる換気障害型とに分けることができ,それぞれ異なった進展様式をとる.また,臨床症状については,肺血栓塞栓による急性肺性心では呼吸困難,胸痛,頻脈,右心系心雑音などがよく見られるのに対し,慢性肺性心ではその上に浮腫,肝うっ血が見られるのが特徴である.[jstage.jst.go.jp]

  • 高血圧性心疾患

    長い間の高血圧によって、左心室に肥大が起こり、心機能に異常が生じた状態を 高血圧性心疾患 といいます。さらに、高血圧は冠動脈硬化の危険因子でもあるため、虚血性心疾患も合併しやすく、併発した場合には心機能が一層低下し、左心不全*が発症しやすくなります。 左心不全[…][cocokarada.jp]

  • 高拍出性心不全

    抄録[…][jstage.jst.go.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • 敗血症

    敗血症(はいけつしょう、英: sepsis)とは、感染症に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のことで、患者数は世界で年間約2700万人。そのうち、約800万人が死亡していると報告されている。 国際的な診断基準では、感染症が疑われSOFAスコアがベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている。細菌感染症の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、多臓器不全などから死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 感染性心内膜炎

    感染性心内膜炎(Infective endocarditis)は、心臓の内側に細菌が感染し、これによる心臓弁の穿孔等の炎症性破壊と菌血症を起こす疾患。「亜急性細菌性心内膜炎:Subacute Bacterial Endocarditis:SBE」などとも呼ばれていたが、細菌以外(真菌などの微生物)も原因となるので、この名となった。 多くの場合、大動脈弁閉鎖不全症(AR)や僧帽弁閉鎖不全症(MR)、あるいは心室中隔欠損症(VSD)や動脈管開存症(PDA)のように、「血流ジェット」([…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状