Create issue ticket

考えれる6県の原因 強直間代性または欠神発作

  • 脱髄疾患

    全般てんかん 特発(原発)全般発作 強直間代発作(大発作) 発作(小発作) ミオクローヌス発作 続発全般発作 West症候群(点頭てんかん) Lennox-Gastaut症候群 部分てんかん 単純部分発作 焦点発作 自律神経発作 複雑部分発作 精神運動発作(側頭葉てんかん) 痙攣 頭痛 片頭痛 緊張型頭痛 群発頭痛 ナルコレプシー[ja.wikipedia.org] 筋ジストロフィー 進行性筋ジストロフィー Duchanne型(重症型)進行性筋ジストロフィー Becker型(軽症型)進行性筋ジストロフィー 福山型進行性筋ジストロフィー LG型進行性筋ジストロフィー 筋強直ジストロフィー ミトコンドリア脳筋症 多発筋炎・皮膚筋炎 重症筋無力症 (MG) Lambert-Eaton症候群 (LES) てんかん[ja.wikipedia.org]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    全般てんかん 特発(原発)全般発作 強直間代発作(大発作) 発作(小発作) ミオクローヌス発作 続発全般発作 West症候群(点頭てんかん) Lennox-Gastaut症候群 部分てんかん 単純部分発作 焦点発作 自律神経発作 複雑部分発作 精神運動発作(側頭葉てんかん) 痙攣 頭痛 片頭痛 緊張型頭痛 群発頭痛 ナルコレプシー[ja.wikipedia.org] 筋ジストロフィー 進行性筋ジストロフィー Duchanne型(重症型)進行性筋ジストロフィー Becker型(軽症型)進行性筋ジストロフィー 福山型進行性筋ジストロフィー LG型進行性筋ジストロフィー 筋強直ジストロフィー ミトコンドリア脳筋症 多発筋炎・皮膚筋炎 重症筋無力症 (MG) Lambert-Eaton症候群 (LES) てんかん[ja.wikipedia.org]

  • ウィーバー症候群
  • レノックス・ガストー症候群

    最も頻繁に起きる発作型は強直間代発作であり、夜間に多い(90%)。 2番目に多いのはミオクローヌス発作であり、これはしばしば過度に疲れた時に起こる。 脱力発作、非定型発作強直間代発作の他、複合部分発作や部分発作もみられる。さらに、約半数の患者でめまい、無関心、無反応を特徴とする非痙攣てんかん重積状態が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 欠神発作

    全般発作抑制効果はバルプロ酸に優位があるとされている。発作にはエトスクシミド、ミオクロニー発作にはクロナゼパム、強直間代発作にはフェノバルビタールも考慮される。クロバザム、フェニトインも候補になる。症候全般てんかんではクロナゼパム、ゾニサミドが考慮される。[ja.wikipedia.org]

  • てんかん

    この分類では、てんかんは 全般起始 と 焦点起始 、 新生児発作 に分けられる。 全般発作(全般起始)はA. 強直もしくは間代症状を有する発作 、B.発作、 C. ミオクロニー発作型 、D. てんかん性スパズム 、E. 脱力発作に分類される。[bsd.neuroinf.jp] 部分発作(焦点性発作)はさらに意識が障害されない単純部分発作と意識障害がある複雑部分発作、さらに部分発作から全般強直間代発作に進展する二次全般化の3種類に分類される。全般発作は最初から両側半球巻き込まれた症状のみられる発作であり、発作、ミオクロニー発作、間代発作、強直性発作、強直間代性発作、脱力発作に分けられる。[ja.wikipedia.org] この分類では発作は 全般発作 と 部分発作 に 分類され、それぞれ、前者は 発作 、 ミオクロニー発作 、 間代発作 、 強直発作 、 強直間代発作 、 脱力発作 に分けられ、後者は 単純部分発作 、 複雑部分発作 と 2次全般化発作 に分けられる。これらの分類に従って治療のための抗てんかん薬が選択される。[bsd.neuroinf.jp]

さらなる症状