Create issue ticket

考えれる175県の原因 強度近視

  • 網膜裂孔

    そのため、強度近視の方や50代以上の方は、定期的に網膜の検査を受けることをお勧めします。[tomita-ginza.com] また、強度近視の方や、アトピー性皮膚炎の方は網膜剥離の危険性が高いため、飛蚊症にはより注意が必要です。 網膜裂孔 目に入った光は角膜と水晶体でピントを合わせ、網膜に像を結びます 。網膜に写った像の光や色は視神経を通して脳に伝えられ、ここで初めて「ものが見える」と認識できるのです。[ikeda-ganka.com] 強度近視によるもの 近視が強いと眼球の奥行きが長くなり、網膜に薄く弱い部分が出来てしまうことがあります。この部分が萎縮する時に、丸い裂孔「 網膜円孔 」がおこるものです。 ③ 眼球の打撲 によるもの 激しいスポーツや転倒などで頭部や眼を強くぶつけると、急激に眼球の変化が生じそれによっておこるものです。[ikec.jp]

  • 常染色体優性裂孔原性網膜剥離

    近視、特に強度近視の人に多くみられ、20代と50代の人に多いといわれています。 (2)非裂孔原性網膜剥離 網膜に孔のない網膜剥離で、牽引性網膜剥離と滲出性網膜剥離があります。 牽引性網膜剥離は眼内に形成された増殖膜あるいは硝子体などが網膜を牽引することにより網膜が剥離して起きます。重症の糖尿病網膜症などでみられます。[tanemem.com] 遠視・正視よりも近視、特に強度近視でより多くみられ、どの年齢でも網膜剥離になる可能性がありますが20代と50代の人に多いといわれています。 図2.裂孔原性網膜剥離のイメージ (2)非裂孔原性網膜剥離 牽引性網膜剥離と滲出性網膜剥離があります。[nichigan.or.jp] 本年の日本強度近視眼底研究会では,病的近視診療における基礎と臨床の融合をテーマにし,活発な討論が行われた。一般講演は6題あり,特別講演は1題行われた。 人工角膜は1700年代から使用されていたが,さまざまな合併症により普及しなかった。[webview.isho.jp]

  • 強度近視-聴覚神経消失症候群

    十川 近視の中でもめがねの度が 6D(ディオプター)を超えたり、目の前後の長さが26mmを超える眼のことを強度近視といいます。強度近視のかたは通常よりも様々なトラブルが生じやすくなっています。[tsukazaki-hp.jp] 内分泌疾患 hsa04151 PI3K-Akt シグナル伝達経路 IGF1 [HSA: 3479 ] [KO: K05459 ] H02041 近視 近視は、世界中で最も一般的な目の疾患であり、特に強度近視は失明の原因となる。非症候性の強度近視は遺伝性が高く、今日までに原因遺伝子がいくつか確認されている。[kegg.jp] また、強度近視群において調節に伴う平均角膜屈折力の変化に有意な正の相関が示された。調節に伴う平均角膜屈折力のSteep化を認め、強度近視群においても調節に伴い角膜屈折力のSteep化を認めた。[researchmap.jp]

  • 白内障

    例えば子供の頃から強度近視で分厚い眼鏡が手放せなかった人も、眼内レンズの選び方次第で手術後には裸眼で運転を出来るようになります。強度近視の方にとってはまさに一石二鳥です。特に女性の方はお化粧がしやすくなり、術後にはとっても明るい笑顔を見せてくれます。[konno-eye.com] 眼内レンズ度数の変更 術後の目標度数は、超音波機器とレーザー機器を併用して精密に計測しますが、強度近視がある場合や白内障の混濁が強い場合に、稀に誤差が生じることがあります。ほとんどのケースでは通常眼鏡で矯正可能ですが、大きく誤差が出たときには、1週間以内に眼内レンズの入れ替え手術をおこなう場合があります。[kitabatake-eyeclinic.com] 近視性黄斑症は強度近視により網膜・脈絡膜変性が起こり、脈絡膜新生血管が発生し、後に瘢痕化し、視力が下がる病気です。 これに対し、アヴァスチンが新生血管を退縮させて治すというものです。 瘢痕化したものには、効果がないと言われていますが、瘢痕化したものにも効果がかなり見られる例を多数経験しております。[kumagayachuo-ganka.com]

  • 中心窩網膜分離

    強度近視外来 [ 強度近視外来とは ] 強度近視専門外来は約 30 年前に所 敬名誉教授によって世界で唯一の強度近視専門の外来としてスタートして以来,現在までに登録患者数 1400 名以上になります。[tmd.ac.jp] 十川 近視の中でもめがねの度が 6D(ディオプター)を超えたり、目の前後の長さが26mmを超える眼のことを強度近視といいます。強度近視のかたは通常よりも様々なトラブルが生じやすくなっています。[tsukazaki-hp.jp] 強度近視網膜分離症( 近視性牽引黄斑症) 強度近視のある方に起こる病気です。OCTという網膜の断面像を撮影できる診断機器が登場して発見された病気です。 強度近視網膜分離症 が悪化すると以前から知られていた黄斑円孔網膜剥離にもなりますが、黄斑円孔剥離が起きる前から網膜に強い異常があることがわかったのです。[hangai.org]

  • 脈絡膜出血

    2015年12月18日 強度近視は眼軸が延長することでマイナス度数が多くなる(8・25D以上)近視です。眼球自体も拡大します。この眼球拡大の一つの形として眼底中心の黄斑部(ものを見る中心)に後部ブドウ腫(眼球の後ろの部分だけが膨れる)が好発し、黄斑部の網膜や脈絡膜にいろいろな障害が起こります。[hayashi-eye-clinic.or.jp] JCOPY(125)1137《第20回日本緑内障学会原著》あたらしい眼科27(8):1137.1140,2010cはじめにトラベクレクトミー(以下,レクトミー)をはじめとする緑内障濾過手術後の重大な合併症に上脈絡膜出血(以下,SCH)があり,その頻度は2 6.2%といわれる1 3).SCH発症の危険因子として,眼局所としては,無水晶体,強度近視[atagan.jp] 十川 近視の中でもめがねの度が 6D(ディオプター)を超えたり、目の前後の長さが26mmを超える眼のことを強度近視といいます。強度近視のかたは通常よりも様々なトラブルが生じやすくなっています。[tsukazaki-hp.jp]

  • 低眼圧緑内障

    の緑内障 (山下高明) 強度近視(病的近視)の緑内障症例 長期点眼治療での注意点/充血 (庄司拓平) 両眼の充血悪化と眼圧上昇傾向がみられた長期点眼治療中の症例 長期点眼治療での注意点/瞼の赤い腫れ (須田謙史,赤木忠道) 緑内障点眼治療中に眼瞼腫脹を訴えた症例 長期点眼治療での注意点/目のゴロゴロ感 (丸山悠子,池田陽子) 緑内障点眼により[rr2.nakayamashoten.co.jp] 、循環障害説(神経に出血を認める症例)、免疫説などがありますが、他の成人病と同様遺伝背景にこれらの環境要因が加わって発症すると考えられています。緑内障については既に遺伝子が発見されていますが、正常眼圧緑内障でも一部に同じ遺伝子が見つかっており緑内障の類縁疾患と考えられています。 症状の進行は非常にゆっくりで予後は緑内障と違って良好ですが、強度近視[home.att.ne.jp] そのほか、強度近視の方も、視神経や視神経周囲が傷みやすい場合があります。低血圧の人、冷え性の人なども、緑内障は血流障害で視神経障害が進む場合があり、注意が必要です。[tsujimoto-ganka.com]

  • Brooks Wisniewski Brown症候群

    原因 主に強度近視の高齢者に見られ、眼球が脱臼してしまうことが原因と考えられています。 症状 中年以降に徐々に眼球が内下転していき、角膜がほとんどみえない位置に固定されていきます。片眼または両眼に強い近視があり視力不良が多くみられます。 診断 MRIで眼球と筋肉の位置関係を確認することで診断します。[jasa-web.jp] 右眼の高度な内斜視、強度近視 29. ① 第2眼位(上下左右) 右眼に 高度な外転障害 30. ② 画像診断 MRI 眼軸延長外直筋の下方偏位で見えない 眼球が伸長して眼球後極部が上耳側の方向に 外直筋と上直筋の間から筋円錐外へ脱臼 ③ 治療法は? 上外直筋縫着法(横山法) 31.[slideshare.net]

  • 弱視

    近見で明視できる状況があることから、強度近視で視力不良がある場合の多くは何らかの器質的弱視(病的弱視)の要素が含まれる事が多い。 (経線弱視も挙げられる場合があるが、これは実験的研究から生まれた概念であり、臨床上ではありえないという意見が多い。)[ja.wikipedia.org]

  • 膨張性白内障

    眼球の中を充たす細い線維でできたゲル状の透明な組織(柔らかなゼラチン状の硝子体)は、眼球の形を保ったり光を通す役目をもちますが、老化や強度近視で液化したり縮んだりした結果、硝子体が網膜から剥がれます(後部硝子体剥離)。[kitashinagawa-ganka.jp] しかし、強度近視が原因の黄斑円孔は硝子体手術でも改善率が低く、さらに網膜剥離を合併することがあります。 田淵 なるほど、強度近視に伴ってできる黄斑円孔はまず第一に難治性なんですね。 同じ病気だと考えるとマズイですね。ツカザキ病院硝子体チームのDrは皆さんこの手術は行ってますね。[tsukazaki-hp.jp] 図4 裂孔原性網膜剥離の予後 初回復位率:95%以上ですが、強度近視の黄斑円孔性の網膜剥離や、発症から時間がたっているもの、糖尿病網膜症などほかの合併症がある方等は再手術の可能性が高くなります。複数回の手術が必要になることもあります(復位とは、網膜が本来の位置に戻っている状態)。[kawagoenishi-ganka.com]

さらなる症状